スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲労と逃げと子育てと。

雨…
雨…雨…

朝ブログ更新して「さあ、でかけよう^^」と思ったら


「ザ~…」

そりゃないぜよ><
雨の日を否定するわけではありません。
けど、私は雨の日、雪の日は好きではないです。

傘もつのが面倒くさい。

ただそれだけ(笑)

初日はノンビリすごそうと決めたので、
外出ておにぎり1個食べて、チャーハン食べて、餃子食べて
カルピス飲んでオレンジジュース飲んで…

…やる気なしw

食べた責任をとって、
しっかり運動します^^;
アホでごめんなさい((+_+))

しかし、チャーハンが思いのほか量が多かった。
大盛りにしていないのに大盛りレベルの量。
もともとなんでも大盛りの店なんだけど、
ちょっとなめていたなーー;

チャーハンて見た目が普通の量でも、
丸い形で持って出てくるでしょ?

スプーンで崩してみるとご飯ぎゅうぎゅうに詰めてあんの(笑)
これ、大盛りとかにしたらどれくらの量になるんだろう^^;

何だろうね、油断すると普通に食べちゃうんだよなあ。
豆腐とヨーグルトでも苦痛感じないし、構わないのに(´・ω・`)

無意識に食欲の調整しているんでしょうか。
よーわからんです。

そして今、歩き疲れてちょっと眠い(-_-)zzz
そんな歩いているわけじゃないんですけど、
連休初日。まだ日頃の疲れが残っています。
普段の睡眠時間が6時間前後。
こういう時くらいゆっくり眠るのもいいかもしれない。

ところで、

「疲れる」という表現ですが、
3種類あると思うんです。

1.肉体的疲労
2.精神的疲労
3.両方ともなう疲労

私の疲労はどれだろうと考えれば、
「3」でしょうか。
一応、体力は同年代と比較すればあるほうだと思うので、
そこに優位があるとするならば精神的なものでしょうねーー;

肉体的疲労は筋肉の疲労。
つまり運動をした後にでる筋肉痛の状態。
この状態で再び運動というのは得策ではありません。
ケガの可能性もありますし、トレ効果も薄いので私なら休みます^^

問題は精神的疲労です。

カラダは動かせる。
だけどやる気が出ない。
そんな状態。

これは悩みますね^^;
気持ちを奮い立たせて行ってみれば、体は元気ですから
運動できてしまうんです。
でも、私の場合、集中力が続きません。
いつもよりインターバルが長くなってしまい、結果として
ダラダラとトレを行うことになります。
こうなると苦痛でしかない。

人それぞれだと思います。
だけど、私は精神的負荷を感じるときは運動しません。
自分のことがよくわかっているので。
しても、軽い全身運動にして30分程度で終わらせます。

社会人は常にストレスにさらされる環境にあります。
そんな中、運動を続けるのは正直つらい時もありますよね。
だからね、そういう時は思い切ってサボっていいと思うんです。

こういう時、私は気持ちはそう思っても、
運動しないこと、予定通りに進まないことに
焦りを感じたり、自己嫌悪になることもあります。

でも、

それが普通なの。
普通の大人なの。

そう言い聞かせ逃げの姿勢を肯定します(笑)

ただし、私は常に逃げの姿勢ってわけじゃないので、
サボった分はどこかでカバーするように努めています。

言い訳多いのみっともないからね。
大人だから自分で決めたことには責任もたないと。

休み休みでもいいから、
前へ前へ進む。
リタイアはしない。

それもまた大人。

大人はいろんな顔を持たないといけないから大変です。
お子さんをお持ちの方なら尚更ですよね。
父として母として模範となるように発言、行動考えないと
いけません。

そうでないと、子どもが大きくなるにつれて
クーデターを起こします(笑)

「うっせーよ!」とか愛する娘に言われたら私が父してたら泣いちゃいます(笑)

子どもはね、親の背中を見て育つんです。
大人になるとそれを忘れてしまう方も多い。
だけど、少なからずの影響を親に受けて子どもは自我を形成していきます。
そして面白いことに両親ができないことで自分ができないことを肯定しようとします。

簡単なんですよ、そっちのほうが(笑)

親に勉強しろって言われて反抗する子どもはわかっているんです。
親もまた勉強嫌いと(笑) 
そんな両親に言われても説得力なんてないから、遊んじゃう。

自分ができないこと、できていないことを子どもに求めても
反動がきて自我が強まるにつれてしようとしなくなります。
もともと好きじゃないことを親に言われてきたからというなら尚更。

世の親御さん。
子どもに何か求めるなら、自分がそれを言えるだけの行動をしているのか
考えてみるといいです。

忙しいなんて言っていたら全部それで終わってしまう。
例えそれが事実でも子どもがいるならそれを言い訳にし続けちゃダメっす。

「あとでやる~」

っていう子どもの発言と変わらんですよーー;

そういう両親とお子さんを沢山みてきました。
これは塾に通わせたところで改善は難しいです。
子どもがいう事をきかないじゃなくて、
いう事きかない隙を作っていないか親御さん自身を顧みてほしいーー;

言い訳しない。
ごめんなさいを素直な気持ちで。

子育ては真剣勝負。
楽なほうへ行こうとする我が子がいるなら、
同じく楽なほうへ行こうとする自分がいないか考えてみる。

勉強ができないから塾に通わせる。

これもちょっと無責任のような気がします^^;
そんな状態のお子さんを預かっても学術上のわからないところは
解の導き方を教えられますが、勉強する習慣を身に着けさせるのは
普段長く接しているご両親にお願いしたいところです。
学習計画を立てることはできても、それを実践させることができるかは
親御さんの指導力次第。

私はそういうふうに親御さんに働きかけていました^^

偉そうなこと言ってますが、
自分が親になったらどうなるんでしょうね(笑)

「お父さん、あっちいって!」と言われるような立場にだけは
なりたくないもんですーー;


↓他の体重3桁ブログを見たい方、クリックどうぞ。
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。