スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体幹の意義

「足腰がなってない」

なんてこと聞いたりします。
これはその動作に安定感がないとき、例えばグラついたり、
よろめいたりするときに言われたりします。
ようはバランスがとれてないってことですね^^

足腰がなってない=動きがなってない

競技スポーツでは特定の動作を行うことが多く、
その動作パフォーマンスを十分発揮するためにもカラダがその動作を
安定して行う力が必要です。

筋トレするときでも「フォーム(姿勢)を意識して」って言われます。
正しい姿勢の中でトレーニングを行わなければそのパフォーマンスは十分にいかされず、
効果が半減してしまいます。

正しい姿勢で動作を行うためには、その部位の筋肉を適切に動かすことが大切。
それを実現するためには筋肉の神経系を発達させることとあわせて、
体がその動作を行ったとき固定できる力が必要です。

これが体幹の意義、考え方です。
体幹の筋肉は「コアマッスル」なんていわれたりしますね^^

では人の動作を安定させる体幹はどこを指す言葉か。

解剖学的定義では「腕、脚、頭部を除いた胴体部分」とされています。
つまり姿勢を司る背骨に付随する筋肉。
トレーニングにおいては腹筋と背筋群を主に指す言葉です。

運動習慣がなく歳を重ねると、これらの筋肉は次第に萎縮していきますから、
姿勢も悪くなるのが普通です。「腰が曲がる」なんて表現もありますけど。

見た目がどんなにマッチョな体型の人でも姿勢が悪ければ、筋肉量に対して運動能力は低いといえます。
逆に見た目が普通の人でも姿勢がよいほうが運動パフォーマンスはその筋肉量にみあった
動きで最善のものとなります。

せっかく筋トレを頑張っているのなら、姿勢を意識してほしいものです。

もっとも、筋肉が発達しているカラダになる過程で、当然体幹の筋肉も刺激されているはずですから、
マッチョな体型の人が姿勢が悪いというのは殆どないでしょうけどね^^
逆三角形、割れた腹筋になりたければ、姿勢を普段から意識してください。
姿勢が悪いと体脂肪が引き伸ばされず、腹が弛んで見えてしまいます^^;

TS3V12990001.jpg⇒コア×⇒TS3V12660001.jpg

イメージとしてはこんな感じです(笑)
上画像は同時期に撮影したものです。
体幹に力がなければ、腹の脂肪が前にでます。
これは誰でも同じ。
体脂肪がすくなければここまで出ませんけど、中年以降の男性は標準体型といえど、
私と同量程度の体脂肪はあるでしょう。
「ああ、納得w」と思われた方も多いかもしれませんね^^

30歳すぎて社会人しながら少ない時間で筋トレしているような方は姿勢をよくして、
腹を出っ張らせない技術が必要となってきます(笑)
筋トレや運動頑張っていても、飲み会とか食事が遅くなるなんてことが日常茶飯事です。
それが普通。筋トレ優先なんてしてたら飯くっていけませんw
「太ってきたな@@;」と感じたらお腹が大きくなりすぎる前に
適度な運動、食事管理を頑張りましょ^^
それが社会人に求められる体型管理です。

せっかく頑張って痩せてきたのに豚に戻りたくないでしょ。
私はそう感じる1人です。

「リバウンドしちゃった><」

というのは女性ならまだかわいげがありますが、
男はダメだw 言った時点で「情けないヤツ」と思われて終了。

男性は自己の体型を女性ほど意識できません。体型に甘いのが普通の男性。
開き直りが多くみられるのも男性。
そんな男性が多い社会で生きていれば、周囲に感化されるのが普通です。

「周りも太っているし。あいつよりマシだし。ま、いいか^^」

そういう風に思ってしまう。
目の前に美味しそうな唐揚げ定食があったら食ってしまう。
それ食べたらた気が緩んで、次はラーメンに餃子半ライスのセットとかーー;
頑張ろうと思っても次第に意識が薄れてしまう。

大きくリバウンドしたら再び痩せるのは難しいのが男性なんです。
女性のように周囲に体型を意識する人が多ければ違うんでしょうけどorz

リバウンド=再起不能

大げさに思われるかもしれませんが、男性の皆さんは、
これくらいの意識のもと痩せたあとの体型維持頑張ってください。


話を戻して、

体幹が固定できたとしてもそれだけで、運動パフォーマンスが向上するわけではありません。
どんなスポーツでも腕と脚の筋肉の力でパワーやエネルギーを発揮します。
体幹は腕と脚のつなぎ目。土台なんです。

素晴らしく美しい景色があってそれをカメラにおさめようとしても、カメラをとる技術が下手なら
それを上手に表現した撮影にはなりませんよね^^

体幹ってそういうものなんです。
腕、脚の筋肉が発達していても、それをいかすためにはコアとなる胴体の筋肉の発達が必要ってこと。

この場合の発達とは単純にサイズの問題ではなく、

しっかり動かせること

です。ボールを投げる場合、腕の筋肉の力だけで投げているわけではありません。
体幹である胴体をひねる動作も加わってます。
つまり、腕+胴体の力なんです。

筋トレは安定感(動作の固定)が求められることが多いですけど、
鍛えた筋肉を日常でよりよく活用するためにも
体幹を固定する動作+動かすトレーニングもあわせて行えるといいですね^^

この考え方にのっとたトレーニングが体幹トレーニングです。

って、すでに長文ですな@@;

体幹トレについてはまたの機会に触れることにします^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。