スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロートレーニング

カッコいいカラダを目指すならば、フォームを優先し
負荷を気にしないことが大切だと思う管理人です。

トレをしているとどうしても最初のうちは重量にこだわりをもってしまうのが普通です。
だから筋トレ初心者は指導者がいないとフォームがボロボロだったりします。
それで重たい重量を扱えたとしてもケガにつながるだけです。

ヘルニアになりたくないでしょ(??)
関節痛めて日常生活で苦しみたくないでしょ(??)

ビルダー体型を目指しているわけではないなら、
軽めの負荷で十分です。

筋肉の肥大を扱うウエイトの負荷で考えない。
これが大切です。

細マッチョ体型ならば自重で十分!!

今回は自重でそれを目指す方が知っておくと便利なスロートレーニングの紹介です^^


・スロートレーニング
簡単にいうと、ゆっくりとした動作で行うトレーニングです。
そのまんまですね(笑)
例えばベンチプレスを行うとなら「2秒であげて、4秒使っておろす」ってイメージです。
スロートレーニングにはいろいろと方法がありますが、基本はどれも共通していて、
「じっくりと軽めの強度で筋肉に効かせる」ってものです。
このとき、あえて動作には反動は使いません。軽めの負荷で行うからそれができます。
反動を使わなければ、集中してピンポイントに鍛える部位に効かせることができます。

ゆっきりの動作⇒筋肉への疲労物質の蓄積⇒筋肉を肥大させるホルモンが大量分泌
反動なし⇒鍛える部位の筋繊維を効果的に損傷


メリット

①安全性

通常のトレーニングで肥大を目指すなら全力の80%程度の強度のウエイトで
反復を繰り返すことが主流です。
が、スロトレは全力の40%~60%程度の負荷で、全力の80%の運動強度と
同等の筋肥大効果が狙えます。
「自重では負荷が足りないかな^^;」ってレベルになったなら、
動作をスローにしてみることです。
スロトレは扱うウエイトが軽めなので、怪我につながりにくいです。
それに加えて、筋トレを始めたばかりの方にも負荷が軽いので導入しやすいと思われます。

3桁いってしまった超肥満でお悩みの方。
自分が重いって理由で筋トレを躊躇している方。
スロートレーニングをちょっと試してみましょう^^

管理人はビリーで筋肉つけて痩せましたけど、あの動作ひとつひとつの負荷は軽いです。
そのまま行えばテンポがいいので、スロトレとはいえませんが、
あんな動き、セット数に最初からついていける3桁超肥満がいるわきゃないw
という感じで、自然と動作がスロー状態になってビリーがスロトレとなってました(笑)

今もウエイトをあげてビリーするとスロトレになってしまいます。
でも、それでいいの^^ 安全で効果的ですから。


②ケガをしているときのトレとして

人によっては肘を痛めているとか、なんらかの理由でその部位の筋トレが難しいことも
あります。
たしかに負荷がきついものなら難しいと思いますが、スロトレなら負荷が軽いので、
行うことが比較的容易と思われます。
もちろん、自身の判断とお医者さんからのOKが必要ですけどね^^;


③器具が少なくとも負荷がかけられる

自重で行うトレの場合、一定以上のレベルに達すると負荷が物足りなくなるのが普通です。
かといって、部屋がせまいとベンチやダンベル、チンニングスタンドとか置くのも躊躇しちゃいます。
道具があったほうがバリエーションも増えていいのでしょうけど、諸事情により
それらを購入できない方も多いかと。私もそうですし^^;
そんなときこそスロトレです。
トレ環境に恵まれていなくたって、工夫次第でいくらでもカバーできるもんだと感じます。


④刺激の変化として

スロトレを行うと肥大効果も狙えますが、持久的筋力も鍛えられます。
一般的筋トレは瞬間的な力のやりとりの中行われますけど、それをずっと続けていくうちに
筋力の伸びが停滞するときがきます。同じ性質の刺激を続ければ筋肉がそれになれてしまうのです。
そういう場合の突破口としても、スロトレを導入してみるといいかもしれませんね^^
ことなる刺激には筋肉は敏感に反応するので、トレーニングの質を変えるのも、
筋肉質な体型を目指すなら工夫の余地アリだと思います。


デメリット


①競技技術の向上にはつながらない

ゆっくりな動きで行うスポーツって何があるのかなと考えると…
管理人がすぐ思いついたのは太極拳くらいでしょうか^^;
あとはボディービルもポージングは静的動きですね。

こういう競技ならばスロトレで技術面が鍛えられるかもですが、
多くのスポーツでは静的動きよりも動的動きのほうが多いわけです。
つまり、スローな動作は日常的には不自然な動きなけで、運動技術の向上には
結びつく要素が考えにくい。
スロトレでは柔道やレスリングの競技技術があがるイメージがもてませんもんねーー;
激しい動きの中で相手を押さえ込む瞬間的力はスロトレよりも通常の筋トレのほうが
活かせる部分が多いように考えられます。


②癖がつく

動作がゆっくりなスロトレになれてしまうと普段の動作にもそれが見られる可能性が
高くなります。
スロトレは反動を使わない筋トレですが、日常では反動を使う動作のほうが多いのです。
だから動きが緩慢になってしまう。
それが競技スポーツなら尚更まずいですね@@;
サッカーでボールを受け止めようとして、動作が遅くてボールに追いつけなかったなんて
シャレにならんです。




総合


スロトレはあくまでトレーニングの1つの方法です。
普通のトレと同じくその動作をずっと行っていれば、筋肉への刺激も鈍化します。
自重で負荷がほしいからといってスロトレばかりを考えるのはやめといたほうがいいでしょうね^^;

私の場合、

ウエイトをあげてのビリー(スロトレ)⇒ウエイト軽めのビリー(通常トレ)⇒
ウエイトなしのビリー(持久トレ)⇒ウエイトあげての…

という感じで期間的にいろいろとバリエーションを組んだ行い方をしています。
これに加えて、普通の筋トレや有酸素運動なども組み合わせています。
つまり、同じ刺激の繰り返しにならないように工夫しているわけです。

トレ方法にもそれぞれにメリットデメリットがあるので、デメリットの部分を補うためにも
筋肉への刺激に新鮮さがでるようにしております。

スロトレは運動初心者さんや刺激の変化、肥大を求める方に効果的ですけど、
食事と同じく運動はバランスよく行ったほうが筋肉質体型には近道かと管理人は結論付けます^^

TS3V15230001.jpgTS3V15210001.jpg

筋トレは方法、種目、部位バランスを考えて
全身を総合的に鍛えることが重要!


「弛んだ腹から抜け出したい」「3桁から脱出して尚且つカッコよくなりたい」と思うなら、
自重運動で十分ですから、最後まで全力で運動を行いきるを頑張ってみてください。
応援してます><b

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。