スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超肥満がカッコよくなることは可能か(??)

ダイエットして痩せたと話すと必ずといっていいほど聞かれることに、

「どうやってそんなに体重落としたの?@@;」

というものがあります。
会社の面接でも聞かれたな^^;

「運動と食事管理を1年ちょっと徹底しました。」

と答えます。
それで終わるといいのですが、ダイエットに興味関心が強い方になると
更にいろいろと質問ぜめになりますーー;

ちょっと面倒くさいと感じることもありますが、
真剣な方にはキチンと説明することにしてます^^

あとは男性から聞かれる質問で、

「どうやって筋肉つくったの?」

ってのもあるんですけど、

「ビリーズブートキャンプです^^」

というと大体の方が納得します(笑)
皆さん、効果はよくご存知のようです。

あとは、同じく男性からの質問で、大柄な体型の方に言われることに

「皮とか余ってないの?」
「痩せてカッコよくなりたいんだけど、俺でもできそうなの教えて!><」

っていうのもあります^^;
前者は大幅ダイエットは皮余りが発生するというマスメディアの刷り込みからくるものでしょう。
後者はその質問に対して携帯におさめている私の画像を見せるとでる質問です。

「痩せたいけどだらしない体型になるような痩せ方はしたくない。」

結局、これなんですよね^^;

今回は痩せて皮膚がタルむ人とタルまない人の違いをおさらいしてみましょう。

まず、前提として、

「皮膚のタルみは体型関係なく痩せると起こりうるものである」

これは男女共通です。
痩せることは細胞が縮小するということであり、その分カラダからハリがなくなり、
皮膚が縮んでシワができます。小さな範囲だとほっとけば皮膚の代謝が進むにつれて
それが解消します。

皮膚のタルみをなくしたい、出したくないというなら、

①皮膚の恒常性で収まる範囲の痩せ方をする
②細胞を再び大きくし、皮膚を伸ばす作業をする

これを実践する必要があります。

「そんなのわかってるよ^^;」

と思う方も多いかもしれません。
が、本当にわかっているの(??)

それがわかっている方は体重数値の変動にやっきになったりしません。
体重の減りを追いかけるということは、代謝の促進どころか、代謝の低下になるからです。

代謝が落ちる原因は細胞の縮小にあります。
つまり、体重が減れば減るほど基礎代謝が落ち、太りやすい体になるんです。

「そんなこといってたら痩せられないじゃんw」

と思った方もいるでしょうけど、
それは「痩せる」の捉え方が私とは異なりますーー;

私の「痩せる」とは「体脂肪を落とす」ことです。
つまり体重数値の変動はあまり気にせず、体脂肪を減らすことを考える。

これが私のダイエット。
これが実践できると皮にタルみが出にくいのです。

数値を追いかけるとどうしても食事量を減らしすぎたり、運動しすぎたりをしてしまう。
食事量を減らして、運動も頑張ることが、ダイエットの王道という方もいますが、
それだけじゃカッコよく痩せられません@@;

①必要な栄養素が不足しないようにする
②運動をしすぎない

これが大事。
大きく太っている人はこれを無視して痩せようと頑張る人が多い。
だから、タルむんです。

運動して傷ついた細胞には十分な栄養が必要となります。
栄養を与えれば、筋肉は育ちます。
結果、体脂肪が減っていけば、メリハリのあるカラダのラインが見えてくる。

頑張って運動しても栄養が足りなければ、筋肉は縮小するばかり。
これじゃ体重は減っても体脂肪に負けない筋肉のシルエットは見えてこないです。

それで、更に食事管理を徹底して、運動をハードにするなど、
まさに負のスパイラル。王道のはき違いとなります。

超肥満からカッコよくなりたいと思うなら、
筋肉を育てることに集中すること。
結果として体脂肪は落ちていきますから、その範囲で頑張っていく。
これには期間も多くかかるため皮膚の恒常性の範囲内の減り方になります。
その減り幅は月で1~3kg内。これ以上の減量幅は筋肉が大きく減ります。

ムリして体重数値を減らさなくていいのです。
体重にこだわりを持ちすぎないようにしてください。

たとえ体重がBMI25程度あったとしても、
体脂肪が少なければ問題ない話なのです。

痩せすぎないこと

これが超肥満からカッコいいカラダになるコツです。
体重が少なくなればカッコよくなるなんて

幻想です。

そんな幻想捨ててください。
男は厚みのある筋肉質なカラダが一番カッコよく他者から思われます。
筋肉量が少なく、体脂肪も少ないから筋肉のラインが見えるというのは、
もともと太りにくい体質の人だからなせる業。

太った経験の持ち主がもともと痩せ体質の人に対抗するようにダイエットするなんて、
現実的ではありません。

あなたにはあなたにあったカッコいい体型がある。
それは痩せ体質の人が実現しようとしても難しい体型です。

それが、

細マッチョorマッチョ体型^^

太りやすいことは筋肉質になるにはプラスの要素なのです。

肥大した筋肉、適度な体脂肪。
厚みのある姿勢がいいメリハリのある体型。

これが現実的な超肥満から目指すカッコいい体型です。
身長180cm前後の方なら150kg弱体重があるところからダイエットを始めても
私くらいの体型にはなれるはず。もちろん、皮膚のタルみも目立たない範囲です。
その時の体重は80kgの方もいれば、90kgの方もいるでしょう。
これは骨格の問題でもあるので、一概にどこらへんまで体脂肪が落ちたときに
そうなるとはいえないんですよね^^;
そこは個人差アリです。

結論として、


超肥満からでもカッコよくなれる!


あきらめないことです(--)(__)


TS3V15890001.jpgTS3V15960001.jpg

筋肉もあるけど、体脂肪も普通にある。
カラダの厚みもしっかりしている。
これで身長180cmに対して体重が75kg。
マッチョ体型の並くらいでしょうか(・へ・)

見た目もそんな悪いものじゃないでしょ^^

太りすぎている、痩せすぎているよりは健康的です。
皮もたるんでないので、みっともないカラダではない。

100kg超えている男性はここらへんの体型を基本として、
あとは体脂肪、筋肉の量を増やすなり、減らすなりして自分がカッコいいと思える
体型を実現していってもらえるといいんじゃないかなと^^

この体型、体重をを1年くらいキープしてますが、それくらいの期間維持できれば、
皮膚の伸縮は痩せようが太ろうが起こりにくいので増減はしやすいと思います。

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。