スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人のお勧め筋トレ補助器具

今日は筋トレしました。
前回と同じく片手に4kgのアンクルリスト。

気合で乗り切ろうと思って始めたものの、
開始10分でもう「ぜーぜー、はーはー…ーー;」となり
ちょっと息を整えようと横になったら急に眠気が@@;

そう、これは

酸欠です^^;

うとうとしてたら30分たってた@@;

こうなったら集中力が切れたも同然。
かなり休憩をとりながら終了したのが開始して2時間30分後。

やっぱりまだこのウエイトでサーキットトレーニングは難しいようです。
でも、筋肉には格段にきいています。
だからキツイけど、もう少し頑張ってみます^^

TS3V14370001.jpg

トレに集中力が出なくて、いろんなポーズで撮影して遊んでました^^
イナバウアーのポーズとかしてみたり。 ←もちろん出来ないw
…腰痛くてすぐやめましたーー;

男はいくつになっても遊びが好きな生き物だと思います(笑)


さて、

自宅で筋トレをする場合、皆さんはどんなメニュー、方法を試していますか(??)
筋トレを紹介するサイトさんはたくさんありますけど、それを真似するにしても
自分で構成や負荷を考えないといけないので、結構大変ですよね^^;

そこらへんは人それぞれだと思うので特にコメントはしません。
ただし、どんな構成にするしろ「効かせる」ことができなければ、
効果はカラダに反映されないことをお忘れなく。

「効かせる」ことが出来る筋トレが出来るようになると、
少なからずの成果を実感します。
たとえば、腕立て伏せが腹ばいだったのが、普通にできるようになったとか、
カラダに柔軟性が出てきたとか^^

そうなるともっと効果を期待して、筋トレにも工夫を考えるようになるのが普通です。

しかし、大柄な体型ならともかく、痩せるにつれて負荷は軽くなってしまいます。
体重が減少すると負荷が軽くなるのは誰でも想像できることですよね^^

だから、そうなっていくと回数がこなせるようになる、以前のような筋肉への刺激が
感じにくくなる。この状態でもスロートレーニングや反復回数を増やすことにより、
刺激は筋肉に伝わって発達、肥大は望めます。
が、時間もかかるし、忙しい人には向いてません。

そこで誰しも考えるのが「補助器具」の使用について。

筋トレサイトさんでも「ダンベル、ベンチ、チンニングスタンド…」などなど
いろいろ紹介していることと思います。
確かにあると便利というか、モチベーションもあがるでしょうけど、
部屋のスペース考えるとそんな大がかりな補助器具は設置できない。

そういう方も多いのでは(??)

私はそう感じる1人です。

ホームジムってたまにききますけど、
自宅に筋トレ器具を設置したとして手入れが大変です^^;
管理が不十分だとケガをする可能性もあり結構危険なんですよーー;
セーフティーバーがないフリーウエイトなんて特に素人には危ない。
ダンベルもってトレーニングしていてふとした弾みで顔面に直撃なんてシャレになりません@@;
それを防ぐためにもストラップつけないとね^^;

なんてことをいっても、このブログ読者様は普通のダイエッターさんが殆どでしょうから、
意味がわからないという方もいるでしょう。

だから、大掛かりではないけど、自重トレから発展を目指すなら
これがあると便利というものを紹介します^^

自宅でのトレーニングは私からすれば自重+αで十分です。
それでも十分イケテるカラダになれます。

筋肉質な体型を目指すなら重さではなく、効かせるフォームのほうが大切なんです。

ダンベル? いらないよ^^
ベンチ台? 邪魔ーー;
チンニングスタンド? 洗濯物を部屋干しする台になるだけw

そう考える管理人のお勧め筋トレグッズです^^

TS3V14450001.jpg

まずはトレーニングDVD。
これがあると筋トレ構成を自分で考える手間が省けて、効かせるトレーニングが可能。
いろいろありますが、もってない人は何でもいいから1つくらい用意してください^^;
価格はピンきりですが、1000円~1万円くらいですな。
型落ちしたものはセールになるのが当たり前なので、ちょっと前に流行ったエクササイズDVD
なんてお勧めです。
自宅でのトレーニングのメリットは天候と時間に左右されにくいことがウリです。
しっかりエクササイズしちゃいましょう^^b

TS3V14420001.jpg

続いてプッシュアップバー。
腕立て伏せの補助器具です。
普通に腕立て伏せができるようになったら是非用意してもらいたいものです。
1000円程度です。
これがあると、胸に効かせる感じが増します。
胸板が丸く厚くなっていきますぞ^^

TS3V14440001.jpg

そして、チューブ。
これ、使ってない自宅トレーニーも多いけど、
これが自宅トレーニーにとって重要アイテムだったりします。

背中と肩の筋肉はチューブ運動が適しています。
自重のトレだと鍛えにくい部分ですから、
見た目にバランスのとれた筋肉質体型やシェイプアップを目指しているなら必須。
私の肩と背中の筋肉はチューブでつくられたものです^^

チューブは強度がいろいろとあり、
へたなダンベルよりも負荷はキツイものもあります。
ダンベルは重たいし、使用上注意しないといけませんが、
チューブ自体はゴムですからケガのリスクが少ないです。

私は足に引っ掛けるタイプを使用していますが、
一本の長いものを調整するタイプもあるので、そこらへんは好みですね^^
価格は1000円~3000円程度。
強度が高いものほど高価となります。

ベテラントレーニーでも背中や肩はチューブ運動を選ぶ方もいるくらいですから、
ダンベル、ベンチ台、チンニング台の代わりになる運動器具として
あったほうが私はいいと思います^^
部屋のスペースも確保できるし、持ち運びもできるのが最大のメリットです。

TS3V14470001.jpg

そして、あともう1つ是非ほしいというのが姿見です。
正しいフォームを確認するためにも姿見で自分のフォームはチェックしたほうが
いいでしょう。
管理人は毎回目の前にこれを置いてトレーニングしています。
どこの部位に力が入っているか、フォームが崩れていないかを確認しつつ、
自分の体型の現状を見れますから便利^^
脱衣所でトレーニングするわけにはいきませんからねーー;

以上、

TS3V14450001.jpgTS3V14420001.jpgTS3V14440001.jpgTS3V14470001.jpg

この4つは是非購入して、トレーニングの幅をきかせてみてください。
私のカラダはこの4点で作り上げたといっても過言ではありません^^

自宅でもちょっとした工夫で十分「すげえええ@@;」と思われる体型がつくれます^^
シンプルイズベスト。たった4つ用意するだけ^^


あとは、別に必須じゃないけど、あったら便利だよというもの。

TS3V14430001.jpg

アンクルリスト。
体重が軽くなると負荷が軽くなるし、筋力がついても同様の現象になります。
プッシュアップバーやチューブを利用すれば十分対応できますが、
運動種目によっては、もうちょっと負荷を増やしたいという場合もあるでしょう。
そんなときにあると便利なアイテムです。
1つあたり500g~3kg程度のものがあります。
価格は2個で1セット1000円~4000円程度。
重たいウエイトになるほど高くなります。

エアロビ要素のあるエクササイズDVDと組み合わせて使うと
腕や足に固定できる分邪魔にならなくて効果的です。
また、腹筋運動をする際にも負荷を上げることになるので、
効率よくなります。

ただし、3kg以上を腕に巻くと相当の重さを感じます。
ケガにつながるおそれがありますので、その点は注意してください。
100kg級のベンチプレスを挙げられる管理人でもビリーで4kgのリストを
腕にまいた状態では赤子同然です(笑)
シェイプアップ程度、細マッチョ体型を目指すなら男性でも500g~1kgで十分です^^
足なら2kgあってもいいかもしれませんね^^

TS3V14410001.jpg

あとは腹巻。
もとい、トレーニングベルト。

これも自宅トレで必ず用意しなきゃいけないものではありませんが、
腰痛もちの方はあったほうがいいでしょうね^^;

ベルトはマジックテープ式のものと、いわゆる普通のベルトタイプがあります。
価格もピンきりです。1000円~5000円くらいかな(・へ・)
管理人の持っているものは、正式には加圧ベルトなので、腰を完全ガードできるものでは
ありません。でも、自宅トレの負荷ならこれで十分です^^

ベルトをするとお腹に圧がかかるので、体脂肪燃焼効果が高くなるといわれています。
またお腹に圧がかかるので腹筋に効果的とか。
が、実際使ってみての感想ですが、言われているほど効果は感じないかな^^;

ベルトの目的は腰のサポーターです。
それがかなうならベルトでなくともいいでしょう^^


あと「これはいらないんじゃね?」というもの。

TS3V14460001.jpg

腹筋ローラーです。
管理人も持っていますが、使っていません。
理由は腰を痛めやすいからーー;

日本人は胴長短足体型が殆どです。
胴長だと稼動域が大きくなる分、腰にも少なからず負担がいくのです。
腕と胸の筋力で使用できる方ならいいでしょうけど、普通のダイエッターさんには
少々きついんじゃないかな^^;

腕、胸、腹と部位ごとのトレーニングをお勧めします^^


最後に、1つ言わせてもらえれば、

道具は道具です。

筋肉がつくかどうかは、それを使用する人次第です。

道具があっても、正しく使用できなければ効果は期待できないし、
運動だけではなく栄養管理のほうが筋肉を育てるには重要です。

何より、道具がなくったて、工夫次第で十分いけてるカラダつきになれます。
道具がないことを言い訳にしない。道具があってもそれだけでカッコよくなれると思わない。

これが大切^^

努力と継続のほうが大事なのです。

以上、管理人の筋トレ補助器具の紹介でした。

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。