スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレイにカッコよく痩せるためのコツ

ダイエットを始める方が増える春。

このブログの訪問者数もその影響か若干いつもより
増えております^^

どうしたらキレイに、カッコよく痩せられるのか。
これを知りたくてブログをチェックしたり、書籍で調べている人も多いでしょう。

しかし、残念ながら自分の現在のスペックと近しい位置から
理想とする体型へ変わったという方は案外見つからないものです。

痩せた後の体型を全身ブログで載せている3桁ダイエッターさんは
私を含め極めて少数です。

察しのいい方ならお分かりいただけるかと思いますが、
痩せることはできても、脱いだときの見た目がよろしくない結果になっている方が
多いからだと私は感じます。

テレビでもダイエッターの劇的ビフォアアフターが特集されたりしますが、
痩せた後のカラダを見ると大概が二の腕に皮が垂れていたり、お腹にセルライトが
残った状態でブヨブヨした感じになっています。

それを「壮絶な戦いの証」といって、賞賛しているのがマスメディアで、
それが当たり前のようにいっています。

が、

私はそうは思わないんですよね^^;

痩せる過程において、キレイに痩せるという認識の下で努力していれば、
結果はもっと違っていると思います。
娯楽番組という特性上、痩せたという結果が重要であり、
その方のダイエット方法を紹介する場合も面白おかしく紹介していて、
本当に大切な部分を映像で流すのはごく短時間。

これでは、どうしてそういう体型になったのか、どういう方法で痩せたら皮余りになったのかが
本当に痩せたいと願うダイエッターさんには伝わりません。

だからテレビで特集されているダイエット特番は、
私からするとエンターテイメントであり、参考になることは殆どないという認識です。

そういう理由で、少しでもお役に立てればとガイドラインになるように、
私の体験を通したもの中心にブログを日々更新しているわけです。

日本人て先進国の中でも痩せている人が多いイメージですが、
実際は2人に1人の割合で軽度肥満以上の体型です。
男性でいうと体脂肪率が20%以上の方が肥満のカテゴリーに入ります。
国の基準では30歳以上なら体脂肪率23%以内が標準体型と定めていますが、
この基準の根拠が私には理解できません^^;
20代までは体脂肪率15~19%が標準としているのに、
30歳を超えるといきなり基準が甘くなります。

はっきりいって、20%を超える体脂肪率の男性は、運動習慣がなければ
太って見えるだけ。いや、「太っている」というほうが正解です。

化粧をしたり、服を着て見た目を誤魔化すことができても、
その鎧を脱いだときのカラダは誤魔化しようがないですから、
多くの人は人前で肌を露出することに抵抗感を覚えます。

それはカラダに自信がないからです。

だからね、

大きく太っていようが、小太りであろうが、
そういう心持である限り、人間の器としては大して差がないと私は思います。

「あの人よりマシ」

って思う方もいますが、それはその人より痩せている人から見ると同じように
感じることです。

同じカテゴリーにいる限り、差なんてないんですよーー;
他者と比較するだけ無駄ってことです。
太っていると事実がそれで解決できるわけじゃありませんからね^^;

うちの家族もダイエット特番を見て、モデルさんを「うわ~、すごいね~」とか
いってますけど、

「あんたも人のこといえない体型だから!w」

とツッコミを入れております(笑)
その切り替えしが「あの人よりマシ」なわけです。
つまり「あの人よりマシ」というのは、○ブ思考を口にしていることに他なりません。
そういう風に思ったり、言ったりする限り体型を変えることは難しいかもしれません。

自分に矢印を向けて考えられる人を目指してください。
体型を変えることは自分のため。誰かのためではない。
だから、そこに他者を引き合いにだすのはやめましょう^^


私が推奨するダイエットはシンプルです。

1.摂取カロリー<消費カロリー
2.運動
3.基礎代謝向上

この3つ。

この3つが根幹にあるならば、どんなダイエット方法でもキレイにカッコよく
痩せることができると思います。

TS3V13370001.jpgTS3V13400001.jpg

今朝の上半身。

お腹は出てますけど、
これは腹筋の厚みが増したからだと前向きに考えてます(笑)
ウエストも前回ダイエットの同体重数値よりも高めなんです。

しかし、光の加減で筋肉のラインが見難いですーー;
実際はもうちょっとムキムキした感じに見えるボディーになっておりますw
光源が弱い自室で撮影するとわかりやすいんですけどね^^
TS3V13250001.jpg

画像表現にも素人撮影では限界があるってことです(--)

5kg痩せようが、20kg痩せようが、40kg痩せようが男性なら比較的皮余りによる
影響を受けない痩せ方が可能です。これは筋肉が発達しやすい特徴だからなせる業。

ということは筋肉を消耗してしまう方法でのダイエットは
カッコよく痩せたい男性には不向き
ということです。

体脂肪とともに筋肉も激しく落ちていく場合、考えられることは

1.たんぱく質、糖質の過剰節制
2.運動の質

この2つ。

ダイエットにおいて、摂取カロリーより消費カロリーを多くするのは当たり前。
消費カロリーが摂取のそれより下回れば、永遠に痩せません。
だからといってカロリーだけを気にすればいいかというとそうではなく、
栄養の質を踏まえたカロリー摂取を心がける必要があります。

筋肉はたんぱく質で作られているからといって、たんぱく質だけを意識して、
プロテインをガバガバ飲んでも意味ないです。
糖質が太る原因だからといって、おかずだけで炭水化物はまったくとらない食生活でも
太りやすいカラダになっていくだけ。

このブログでも何度も触れてますが、ダイエットの最重要課題は

筋肉です。

性別関係なくこれはいえることで、筋肉を刺激しないダイエットは失敗に終わることが
ほぼ確定します。

見た目、基礎代謝といったダイエットにかかわる部分は全て筋肉がかかわっています。

筋肉を発達、維持したいならば、運動後はたんぱく質とあわせて、必ず糖質を摂取すること。
プロテインを30g摂取するならば、オレンジジュースで割って飲むとか、アンパンでも食パンでも
チョコレートでもラーメンでもご飯でもいいから一緒に食べるとか。

運動後はプロテインだけという方が非常に多いからもったいない話です。
運動ではたくさん糖質が消費されるから運動後にプロテインだけ摂取しても、
それを細胞に同化するための力が不足します。
血糖値が低いままでは筋肉は破壊された状態からリカバリーが遅くなり、
結果として、破壊されたままそれが消耗され消失します。
そして、筋肉量が減ってしまう。

筋トレ後にはたんぱく質と糖質はあわせて両方とるように心がけてください。
普段の3食の中で糖質は節制するものという認識でいましょう。


運動後はたんぱく質「1」にたいして、「2~3」になるくらいとるのが理想です。
プロテインで20gのたんぱく質を補給するならば、おにぎり1~2個食べることにするとか、
コーラをガブガブ飲むとか(笑)

こうすることにより筋力トレーニングで傷ついた細胞の修復をうながし、
基礎代謝の向上、見た目の改善につながるわけです。

筋トレはその時の運動消費カロリーで痩せるものではない。
その後の筋肉の修復作業に必要とされるエネルギーと基礎代謝向上によって
痩せていくためのものという認識でいましょう。


これが筋肉を残し、キレイに、かっこよく痩せるためコツです。
難しいことではありません。誰でもできることです。

ダイエット中、お菓子を食べてもいいポイントは筋トレ直後です。
だから「筋トレしたらご褒美でお菓子OK^^」なんて理想的かと思います(笑)

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。