スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性別と老化

「女性と男性では、どちらが老化が早いんだろう?」

って考えたことありませんか(??)

平均寿命は女性のほうが長いというのはよくある話ですけど、
私がここでいう「老化」とは見た目と肉体年齢で考えた場合の話です。

若いのに老けて見える人は実際います。
そういう方を見ると大体にいえるのが「姿勢が悪い」ということ。

姿勢が悪い人は筋肉が弛緩した状態で、尚且つ、その姿勢であるため、
骨に負担をかけています。
筋肉が弛緩すると体脂肪を内側に引っ張る力も弱くなるので、各部位の
体脂肪は前面に出る形になり、太って見えます。猫背なら尚更でしょう。

そういえば、以前の記事で私を実験台にして、体幹を意識しない姿勢を
画像で紹介したことがありましたね^^;

TS3V05600001.jpg⇒姿勢×TS3V04690001.jpg

当時(12年11月)の体重は76kg程度です。どちらも同時期に撮影したもの。
体重が同じでも、姿勢が悪ければ見た目が全然違って見えます。
BMIで考えると23~24の間くらい、つまりどちらも体重から見れば標準体型内と
判断されますが、右の画像だけみるとただ太っているようにしかみえませんね^^;

しかし、実際は、その下には鍛えた筋肉が発達した状態にあるので、姿勢を正せば、
左の画像のように引き締まった感じに見えるわけです。

体脂肪が多いと、ただでさえ太って見えるのに、姿勢の悪さが拍車をかけて、
更に余計に太って見える。それが殆どの3桁以上の体重の持ち主の実態です。

3桁とはいかなくとも、ダイエットが必要と思われる
殆どの方に当てはまることなんですけどねーー;

少しでも痩せて見られたければ、体脂肪の重さに対抗できるような姿勢、
つまり、骨盤と骨の位置を矯正できるだけの筋肉を発達させることが望ましいということです。

ただし、長年にわたり姿勢が悪い方は筋肉を鍛えたところで、骨盤の矯正は難しいものです。
筋トレを3ヶ月以上続けているのに姿勢が改善しないようなら、
整体(健康保険証が使えるとこ)にいって、骨盤矯正を受けることをおススメします。

1回でも受けると即効性の高い効果を実感できると思います^^
…マッサージじゃないですからね。あくまで骨盤矯正です。

見た目の老化は姿勢にあり。更に言えば、筋肉の使われ方次第ということを
お分かりいただいたところで、もう1つ。

人間の見た目は実年齢±8歳で他者に判断されることが多いそうです。
私も20代半ばから後半くらいの年齢に見られることが殆どなので、
この考え方に当てはまっています。

若く見られるか、老けて見られるかは姿勢もそうですが、
肌の状態で判断されちゃうもんですよね^^;

肌にハリがありシワが目立たないようなら、実年齢よりも低く見られることの
ほうが多いでしょう。逆なら老けてみえちゃうというわけ。

肌状態を左右するのは、生活習慣によるものが大きいのですが、
人によりライフスタイルはことなるので、改善するにしても限界もあるでしょう。

女性ならばスキンケアは日常的に行っている方が殆どです。
クレンジングをして、洗顔して、保湿、乳液…などなど。

昔、付き合ってた女性のその行動に「金のムダじゃね?」と言ったら、叱られたことがあります^^;
化粧品代の話をきくと男性なら「ひいいいいw」って思うくらいの金額を使っている女性も多い。
…男性の皆さんはパートナーのためにしっかり化粧品代を稼いでくださいーー;

しかし、いくら美容のため基礎化粧品を使ったとはいえ、それは肌の衰えで不足したものを
外側から補っている行為に他ならず、根本の改善とはいえません。
肌自体の若さを保てなければ、いくら頑張ったところで、加齢するにつれ、シワができ、ハリも
失われていくのが現実です。

ここで女性の質が試されます。

この人間の老化現象に対して、その流れの中で自然と生き、化粧技術でキレイに見せるか、
それとも老化に対してあらがうか。
つまり、アンチエイジングするかしないかということです^^

多くの女性は前者を選び、メイクでごまかす手法をとります。
それもいいでしょう。それも1つの「美」のための努力ですからね^^

でも、男性の立場から考えると、メイクしないと美しさを感じられない女性というのは
「ちょっと^^;」と感じてしまう方も多いものです。

男性は下半身で恋愛すると以前の記事に書きましたが、そういう関係になると少なからず、
その女性に対して、言葉は悪いですけど「やった責任」を感じるんです。
遊びではなく恋愛感情から行為に及んだ場合なら尚更です。
もし、化粧をなくしたスッピンの状態が化粧後との隔たりが大きければ、
そういう気持ちが萎えますーー;

男って単純というか純情ですからね~^^;
もし、そんなふうに思った彼と結婚しても結婚後に何かとグチグチ言われるんじゃないでしょうか。
結婚しても常に化粧した状態なんて難しいだろうし、家にいるときくらいノンビリさせろやと思うのは
男女関係なく共通です。

だったら、化粧をしなくても「ばっちこーい!」と自信が持てるような肌状態をつくる努力に
力を注いだほうが、男性側としてもうれしいものだと思います^^
自分のためにキレイでいてくれようとする方には言葉に出さずとも感謝するのが男性心理です。
それが当たり前とか言う男性がいたら殴っていいです(笑)

で、肌のアンチエイジングなんですが、

男女共通でいえることは「運動して汗をかく」ことにあります。
運動は筋肉を刺激することなので、一定の疲労が出ると刺激された筋肉からテストステロンが
分泌されます。テストステロンは「若返りホルモン」とも言われますね^^
実際、運動をしている方が若々しいカラダで肌の状態もいいのはこの影響を受けているからと
いえます。
それに加えて、運動により出る汗にはビタミン、ミネラルも含まれているので、
自然の美容液ともいえるものです。

つまり、運動は中からも外からもアンチエイジングしてくれる優れた行為なんです^^

お金をかけず行うことも可能ですし、始める年齢に関係なく効果がでます。

あと、テストステロンの分泌、受容量が多くなるということは、同時に筋肉の発達、
体脂肪燃焼行為にあたります。運動している方はキレイな人が多いのはこういう理由なんです。
男性なら年齢を感じさせないカッコいい体型と外見とかね^^

実際、運動してみるとわかりますけど、体型だけではなく血色がよくなるので、
顔立ちも凛々しく見せられるものなんですよ^^b

顔のパーツがイケてないと嘆く男性もいますが、
そういう方にこそ運動をちょっと頑張ってほしいと思います。
効果は感じる…はずw
私は少なくない効果を感じてますから^^


で、

最初のお題「男女の老化はどっちがはやいか?」の答えですが、
私の答えは「生活習慣による違いが大きいので、なんともいえない」です。

寿命の違いがあるのは人男女関係なく当たり前のこと。
遺伝子的に短命の方もいらっしゃいます。
だからそこから老化の因果関係を考えるのは難しいと思うんですよね(・へ・)

しいて言うならば、テストステロンは筋肉量が多いほうが分泌量も期待できるので、
男性のほうが運動していることを前提とするなら見た目の老化の進行はゆっくりといえるかも
しれません。

しかし、テストステロンが分泌されても、その需要量には個人差が存在しますから、
同じ運動量だからといって、同じくらいのアンチエイジング効果になるとはいえません。
ここにも個体差があるんです。

それに男性は外で働くことが主流です。
他者と多くの接点をもつことは、それだけでストレスの原因となります。
ストレスはテストステロンの分泌を低下させ、男性力も低下させる原因となります。
男性ホルモンであるテストステロンをつくっているのは男性ならば睾丸がメインですから、
男性機能の低下につながる環境にいる方は運動しても老けが早いなんてザラです。

働き盛りの40代の男性は60代の男性よりもテストステロンの分泌量は少ないという
データもあるそうです。だからメタボ体型になっていく。

ストレスってコワいですねーー;

外見の若々しさと美しさ、カッコよさの維持、改善は個人差がありますが、
何も努力しないより、したほうがいいというのが私の考え。

こう考えると、ただ痩せても外見かわらないというのがよくわかるかと思います。
痩せても外見がかわらないのは、筋肉量以外にもいろんなことが原因になっているんだと
ご理解いただければ幸いです^^b

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。