スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像記録をつけることの勧め

ダイエットや肉体改造を頑張っている方には
是非その体型変化の画像を残していってほしいと思います。

レコーディングをしている方も多数いると思いますが、
自分の体型の変化を小まめに画像で残すことをしている方は
少ないかもしれません。

誰だって、醜い状態と思う自分の姿を画像に納めたいとは
思わないでしょう。
でもね、大体の人が痩せた後に思うことは、

「こうなれると思っていたら、もっと体型変化の画像をとっておけばよかった><」

というもの。
私もそうでしたもんw

劇的に体型を変化させた結果がでると人は誰でもうれしく思い、
それを他者に誇れるものとして口にする機会もあるでしょう。

ですが、

過去の自分の体型を知っている方ならともかく、初見の方に言葉でそう伝えたとしても、
それを証明できるもの、納得させる何かがない限り、相手は疑心を持つことも多いと思います。

そんなときに画像でそれを収めたものがあったとしたら、
相手も納得できるだろうし、体型を頑張って変えたというあなたに関心をよせることと思います。

ダイエットが必要と思われる社会人は圧倒的に多いですから、
自分のダイエット頑張りを自己アピールの中でいかしていきましょう。
上手に活用できればあなたにとって強い武器になるはずです。


しかし、恋愛において、過去に自分が太っていたという事実は
マイナスになるのだろうか(--)

ここは難しいところですよね^^;
私なら本当に好きな相手には自分の負の部分はあまり知られたくないです。
でも、頑張って今の体型までもっていった努力も相手に知ってほしい。

もと○ブって、恋に対して臆病だと自分をみていて感じますーー;

まあ、いいや(笑)

今回は画像の撮り方と、その注意点として私が心がけていることを
紹介します^^
なお、誰かに協力してもらって画像を撮ってもらうのが一番ですが、
管理人のように自分で自分を撮っている方も含めて話を進めます。

自分でカメラ片手に画像をとると、姿勢が崩れることもありますから、
結果として、力が抜けて引き締まった感じが薄くなることもあります。
だから、協力者がいるなら協力してもらったほうがキレイに写ることができるので、
おススメということです。

…理解者がいればの話ですがーー;
管理人には私を変態扱いする家族はいても、協力者はいません(T^T)

画像で収めるべき視点は、

・正面
・背面
・横面
・斜面

TS3V11320001.jpgTS3V11340001.jpg
TS3V11330001.jpgTS3V11360001.jpg

この4点は定期的に画像に収めるようにしています。
それぞれに見え方があるので、4つの視点から見た体型を脳内で合成することにより、
立体的に脳は捉えやすくなります。
こうすることにより自分だけではなく、それを見ている第三者も情報として共有しやすくなるかと^^

私は上半身中心に撮ることが殆どですが、全身を収めた画像をあわせてとれば完璧ですね^^

TS3V02410001.jpg

最近の携帯のカメラ機能はデジカメと比較しても遜色ないレベルなのですが、
これが厄介なんです。
人間の目以上にカメラはするどく被写体を写すので、自分の見えている体型の見え方と
カメラに収まった自分の体型ではズレを感じることもあるかと思います。
また、どこにカメラの焦点がいくかによっても写り方がことなります。

これは撮った画像を見て誰でもそう感じることです^^;

どちらが正しいかといえば、「自分の目」です。
人が体型を見るときは人の目であり、機械ではありません。
だから収めた画像の自分の体型に多少違和感を覚えたとしても、
気にしないことです。
人の目から見たあなたの体型のほうを信じてください。

特にアップしたときなんて、「見え方が違う~><」なんてことも管理人はしょっちゅうですw
人によっては必要以上に太って見えちゃうんですよね@@;

全身を写すようにすると部位ごとの画素数が落ちるので、
人間の目に映る姿に近くなります。
だから、上の管理人の全身画像は上半身のアップよりも筋肉質に映ってるでしょ。
でも実際は、上も下の画像も体重はほぼ一緒の画像なんですよ(笑)


で、

ここからは注意点と収めた画像のどこに注目すべきかということですが、

体型画像をとるときは、姿勢に注意してください。

「そんなの当たり前だろw」

と思う方も多いでしょうけど、ホントに姿勢は大丈夫(??)

お腹が出ている方に「姿勢をよくして下さい」というと大抵の方は
胸を前に突き出して、背中をそらしたような姿勢になってしまいます。

…これじゃダメなんですーー;

大柄な体型の人、特に男性は、お腹が前に張っているので、
バランスを保つために背中が反り返ってしまいがちです。

KC3800510001かい


ね? 背中を反っているような感じになっているでしょ^^;
姿勢が悪いとはこういうことです。
横から見て、こういう状態に写るなら、気持ち、お尻を前に突き出しましょう。
そして、体幹に力をいれてその姿勢をキープする。

これが基本です^^

正しい姿勢とはカラダの中心に1本の木がまっすぐ通っているイメージです。
現在の私の横から撮った画像のように上から下まで真っ直ぐの姿勢。

続いて、撮ったときに注目すべきポイント。




で囲った部分の変化に敏感になりましょう。
胸の大きさの変化、乳首の位置、腹筋の見え具合、アバラの浮き具合、肩、背中の発達具合、
ウエストの様子、血管の見え具合などなど…

前に撮ったものと比較して、変化に敏感になるようになってください。

○で囲った部分の筋肉、骨が見えてくる=体脂肪の減少、筋肉の発達

なので、なんとなく減ったと思うのではなく、どれくらい減ったかというのを
自分目線で脳に刻み込んでいくこと。
それができれば、どれくらい自分がダイエットを頑張っているのかがわかりやすいし、
第三者にも伝えやすいでしょう^^

特に男性は無酸素運動によって体重の減りに関係なく体型は変わりやすいですから、
こういう変化を楽しむのもダイエットを継続させるコツです。

最後に、

体型変化の画像は当たり前ですが、なるべく肌が露出した状態でとりましょう。
服の上からでは骨格により太って見えることもあるし、その逆もあります。
せっかくの頑張りが隠れてしまうのはもったいないです><

女性なら、Tシャツやスポブラ、スパッツ、ハーフパンツでとればいいし、
自信があるなら水着でもどうぞ^^

男性は、問題ないなら上を脱いで、スパッツやハーフパンツもしくは下着のパンツ一丁で^^

「パンツもいらねえ!」というのは公序良俗に反するので、控えましょうネ(・_・)
あと、ムダ毛が多い方は定期的に処理することをお忘れなく。

親しい間柄なら顔の変化だけでも十分だったりしますが、顔まで写るようにとってしまうと
後々その画像を使おうと思った場合ちょっと面倒だったりします^^;

ですから、顔はなるべく写さず、その下だけを撮ることをおススメします。

苦しさの中にも楽しさがあるようなダイエット活動になることを願っております^^
こっそり自分の体型の変化過程を画像で撮り貯めて、目標達成したらそれをフラッシュでまとめてみるのも
面白いかもしれませんね^^b

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。