スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院中、一番つらかったことーー;

筋トレを最後にしてから半月…

もういい加減ツライです><
そろそろお尻の傷も癒えてきている頃だし、
なんとかならないものか(・◇・;)

とはいっても、未だにウォシュレットが傷口にあたると痛むーー;
ガーゼを当ててもすぐ傷口からでる体液で汚れる。

はあ…orz

TS3V09440001.jpgTS3V09470001.jpg


なんか小さくなってきたというか、
普通の人? うん、それに近づきつつあるようなーー;

太っていた頃より全然マシだけど、
日に日に普通化していく自分のカラダを見ているのはなんか切ないです…
筋トレ再開すればすぐ休養前の状態に戻れるとはわかっているんですけどね^^;

TS3V09490001.jpg

お腹に脂がのってきました。
腹筋に厚みがあるから引き締まった感じでお腹が出てますけど、

TS3V09500001.jpg

わき腹が残念!

シェイプアップしたところでございます(笑)

腕に力を入れても…

TS3V09510001.jpg

迫力ねえええ!orz

ま、仕方ない。
もうちょっとの我慢です。

体重は現在75~76kg。
ここらへんは相変わらずですが、体組成がが大きく変わっていないか心配です。

人間何が起きるかわからないから、
こういうことが原因で挫折しないようにしないとです^^
頑張ります。


さて、

今回は再び入院していたときのお話です。
管理人の恥ずかしかった話を聞かせましょう^^;

何の手術でもそうだと思いますが、手術をするとしばらくは絶対安静にしなければならず、
私も例外ではありませんでした。ご飯も食べられないから、

TS3V08200001.jpgTS3V08230001.jpg

こうして点滴で栄養や抗生物質を体の中にいれている状態。
動けません。

入院前に心配だったことは、

こういう動けない状態のとき便意を感じたらどうすればいいのか?

ということでした^^;

結果的に手術する前に浣腸をしたので、大便をしたくなるということはなかったです。
しかし、浣腸はヤバイですね。
看護士さんに「お浣腸しますね^^」といわれて「5分くらい我慢してからだしてください」と
言われたのですが、5分待たずに限界がきました。時計で時間を見ていたのですが、
2分30秒で限界@@;

勢いよく便が出るイメージを入院前はもっていたのですが、
そんなことはなかったです。普通にでる感じでした。下痢でしたけどね^^;

それを流さず看護士さんに見せるわけです。
恥ずかしかったです(T^T)

手術後は万が一のためにオムツをはかされました。
もう下半身はスッポンポンで看護士さんにいじられ放題。
こうなると恥ずかしいとかそういう感情はわかなくなります。

もう好きにしてorz

と観念の心になりましたわw

で、

大便は心配なかったんですが、小便は普通にしたくなります。
でもベッドから動けない。

それで選択として、

①尿瓶にする
②尿管(カテーテル)を膀胱に入れる

この2つになります。
最初の問診のときに管理人は尿瓶を希望したのですが、
その時はOKもらったものの、手術前になんだかんだで説得されて、
尿管を通すことになりました。

術後、麻酔がきいているうちに入れられたので、それに伴う痛みはありませんでした。
もし、尿瓶を選んでうまく自分でできない場合、強制的に尿管を通すことになります。
この場合、麻酔がきれかかっている頃になるので、入れる時かなり痛みを伴うそうです。
痛みにチキンな管理人はそれを聞いてビビり、尿管に同意したというわけ(笑)

尿管は男性の場合、おち○ちんに入れるので、麻酔がきれてくると違和感というか、
やや痛みが発生します。そこまで気になるものではないんですけど、自分の大事な部分に
そんなものが通っていると思うと気分はブルーになりましたorz

TS3V08240001.jpg

↑は尿管を通って出ている私の尿がたまった袋です。
18時間で600mlくらいたまった次第です。
尿管を通すと直接膀胱から管を通して尿が排泄されるので、尿意を感じることがありません。
ちょろちょろと出ていましたね。


そして、問題は麻酔が切れたあと発生します。

普通、健康な男性ならば何も意識していなくても日に何度か勃起現象が起こります。
これは男性特有の血流をよくする自然現象なので特別変なことではないです。

しかし、勃起は射精のための準備状態でもあるので、血液がたまる結果、
男性固有物自体に力が入ります。
まあ、あれです。皆さん、想像つくでしょ^^;

そこらへんは管理人も年齢以上に元気な部類ですから心配になり、
お医者さんに相談したところ「大丈夫ですよ^^」ということでした。
実際、麻酔がきれてから何度か元気になっちゃいましたが管を通してるから特別痛むという
わけではなかったです。ただ、ちょっとズキズキしたのでいつもよりすぐおさまりました(笑)

で、

手術翌日の朝。
尿管を看護士さんが抜く作業がありました。
尿管つけたままだと立てませんからねーー;

そして、恐れていたことがw

尿管を外すということは管理人の男性固有物に直接触るということです。
男性ならお分かりいただけるかと思いますが、自分の手ならともかく、
他者が自分のものに触れるというのは危険行為です。

案の定、

勃起しちゃいましたorz

ひいいいいいw

とメチャクチャあせった自分がいました@@;
でも、看護士さんは普通に作業していました。

これは私だけではなく、他の皆さんも普通にそういう状態になったりする場合もあるので、
看護士さんにとっては別になんてことのないことなのだと思います^^;

さすがはプロです(笑)

イメクラだとこの後、抜く…(ry)

…コホンッ

エッチな発言はダメですにゃ! ビシッ(^^;)\(--)

でも、

元気な下半身もすぐ萎えました。
だって、

超痛かったから!@@;

入院中、一番痛かった思いをしたのはこの時です。
とにかく痛い><

抜いてからも痛いorz

しばらくして、尿意を感じたのでトイレにいってお○っこしたら、

激痛が^^;

尿道が焼けるように痛いんです。
この状態が2日くらい続きました。
原因は、尿管を通した結果できた尿道内の小さな傷だそうです。

そして尿管を外して初めてした尿には、微妙に

血尿が@@;

うっすら程度でしたけど、初めての経験だったのでビックリしました。
おまけに最後は尿ではなく、泡が「ぶしゅううう」っと出てくるw

これは、膀胱に尿管を通した結果、膀胱内に空気がたまったために起こる現象だそうです。

それで、凄く痛かったので、お○っこを我慢しようかと思ったら、
我慢すると膀胱炎になるから水をたくさん飲んでどんどん出してくれということでした。

鬼か!w

おかげで痛い思いをしながら2~3日お○っこに耐えていました。
術後の大便するときよりも痛かったんだから(T^T)

もう2度と男性固有物にカテーテルは通したくないと思った管理人でした^^;

皆さんも、これから先、入院手術ということもあるでしょう。
その時はある種の覚悟をもって生理現象と戦ってください。

管理人はなんとか生き残りましたぞ!
大丈夫、なんとかなるから^^

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして、初期の頃からいつも拝見しておりました。
色々と数値(年齢・身長・MAX体重)が近い事も有り参考にしております。

尿管の経験あります。抜く時は思わず声を出しちゃいました。
あの激痛は思い出しただけでも・・・T0T

Re: No title

○マサタカさん

コメントありがとうございます^^

おお~、初期の頃から拝見していただいているとは。
ありがたや~(-人ー)

尿管はツライですよね^^;
声を出してしまうのもわかります(--)(__)

まあ、それも過去の思い出となりましたw
あとは傷口の回復を待つのみです。

今現在、マサタカさんがダイエットをなさっているかはわかりませんが、
理想の肉体を手に入れるため頑張っていきましょう!
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。