スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗しない食事管理の心構え

本気で痩せたいといいつつも行動がそれに伴わない人は多くいます。
その一番の原因は長年の食習慣から抜けられないことにあると感じます。

食事管理を徹底できていますか(??)

食事管理こそ減量ダイエット、肉体改造の基本であります。
運動はあくまで補助的なもの。理想体型への設計図といったところでしょう。

痩せたいなら炭水化物、脂質の摂取を減らし、タンパク質と食物繊維、
ビタミン、ミネラルが豊富な食事になるよう心がける。

筋肉質に太りたいなら、炭水化物の摂取量を上げ、脂質が少なく高タンパクで、
各種栄養素を2~3倍摂取できるような食事をする。

言葉にすると簡単ですけど、実際はなかなか難しいものです^^;

痩せるにせよ、太るにせよ、それまでの食習慣を変えていく必要があるからです。
痩せるためには食事のカロリーを自然と抑えるかたちにしなければならないし、
太るためには食事のカロリーを底上げしてタンパク質を無駄なく吸収できるように
していかないと筋肉は大きくなりません。

減量ダイエットの場合、

それまで食べてきたものをいきなりセーブして食べなれないローカロリーフードを
食べる。

これって普通に考えて難しくありませんか^^;

普段食べていなかったもので食欲を満たそうとするのは精神的な負担が伴います。
痩せるからといって、こんにゃくや寒天、海藻類とかそういうもので腹を満たそうとしても、
続ければ下痢になりますし、反動でドカ食いなんてこともありますーー;

これを抑えるために私が減量中に心がけたことは、

普段食べなれているもので食べて体脂肪を落とすことです。

私はダイエット中、食事に関して苦に感じたことはありません。
食べたいものを我慢していたわけではないからです。

それはどういうことかというと、

普通の食事をミニマムにしていたということ

具体的に言うと、

ご飯の量を減らして、油物の量を抑える感じでしたが、
家族と同じ食事を夕飯では食べていました。

ここがポイント。

普通の家庭では、夕食が高い食事になることが多いです。
これは避けようと思ってもムリがあります。
特に家族と暮らしている方は自分だけ別の食事にすると、作る方の負担になりますし、
美味しそうな食事を前にして自分だけ指をくわえてローカロリーを心がけるなんてこと
精神衛生上よろしくありません。

自分がダイエットをしているのだから、家族も自分と同じ食事をと強要するような
アホがいるそうですが、そんなの傲慢です。

ダイエットは自己満足の世界でもあるので、
それをしているからといって、他者にもそれを求めるのはいただけない。
たとえその人が減量が必要な体型であってもです。
そこに本人の意思がなければ、不満がつのるだけ。ギクシャクします。

家族で食卓を囲むご飯は家族と同じものを食べるようにする。
ようは食べたいものが目の前にあるのに我慢をしないことです。

ケーキがあるならケーキを食べればいい。
唐揚げがあるなら唐揚げを食べる。

「そんなんでホントにダイエットになるの?」と思うかもしれませんが、
私はそういう感じでダイエット生活を送っていました。

ただし、量はミニマムを心がけています。
家族が唐揚げ10個食べるなら(うちの家族は食いすぎですw)自分は5個にするとか、
ご飯はどんなときでも基本1膳でおかわりはしないとか…

そういうこと。

朝と昼の食事は自己管理の部分として自分で用意して、
夕飯のカロリーを調整していました。

朝も昼も1人前の量を食べる。
スパゲティーなら100gの麺を茹でるだけにするとか。
それ以上にもそれ以下にもしない。

これだけでしたけど^^;

たまに食べたい衝動に駆られたときは、2人前食べたりもしましたが、
普段の食事管理が徹底できているとたまの大盛りなんてどうってことありません。
むしろ停滞期を乗り切るにはたまに食事量を増やすほうがベストです。

筋トレでもダイエットの停滞期でもそうですが、
たまに普段と違うことをして体に揺さぶりをかけ、マンネリを防ぐ。
これが大切。

食生活を変えるとは食事の中身を変えるより、
食事の量を抑えることなのです。


つらいのは空腹ではありません。
食べたものを食べられないという欲求のほうなのです。

私、ダイエット前はご飯を好きなだけ食べてました。その量1回で600g~1kg。
ダイエット中はそれを茶碗一杯150g程度にしていました。

これが食事管理をするということ。
大きく食べるものをかえる必要性はありません。
ムリして不味いと感じるものを食べてもいいことなんてなんにもありませんよーー;

食べ慣れた食事をすることでストレスなく痩せることを目指しましょう。
もちろん、野菜はそれでも食べてくださいね(笑)
○ブほど野菜を食べる習慣がない。これは事実です。

野菜だけは意識してたくさん摂りましょう^^b

ミニマムな食事管理にするとストレスはたまりませんが、
欠点もあります。

それは

便の量が少なくなること。

多分、多くのダイエッターがそうだと思いますけど、

排便すればその分、
痩せるなんて思ってない(??)


だからトイレにいる時間が長くなり、もっと出そうと踏ん張る。



になりますよーー;

食べる量が少なければ、便の量が減るのは当たり前。
もっと出そうと思ったところで、出ないものは出ないのです。

便通に気をかけること自体はいいことですが、
ムリしてトイレに長くいる必要はなし。

野菜を食べていれば出るときはでますから^^;
力んじゃダメなのです><

食事管理の基本、わかっているようでわかっていない方が多いと感じ、
今回はこういうお話にしました。

結論、

食事でストレスためたらダメ!

他者と一緒の食事の時はカロリーのことは、二の次にして
栄養素を優先しましょう。
相手が目の前で美味しそうな食事をしているなら、自分も負けない美味しいものを選択する。

ただし、高カロリーを高カロリーで対抗する必要はないです。
それに量はミニマムということを忘れずに。ご飯を半分の量にするとか、ちょっと残すとか。
そこらへんだけ実践しましょう。
おかずはしっかり食べましょうね^^
おかずをたくさん食べても炭水化物の量が少なければ、そうそう太るものではありません。

酵素とか置き換えダイエット食に頼る前に、
そういう基本的なことからはじめたほうがいいと私はおもいます。

ダイエットは特別なことではなく、日常的に健康管理の面で
気を使っていくべきものです。
普通の食事で太るというのなら、ダイエット後もまた太ることになります。

目指すべきは、普通の食事で太らないカラダ作り。
そのための方法を身につけること。

置き換えが日常的になると、ず~っと、それに頼らないといけないカラダになっちゃうんだよ^^;
だから普通の食事をして、太らない量を見つけることが大切なのです。

もちろん、普段の食事が太りやすいメニューになっている方は、
食べる順番や野菜をとるなどして、なるべく体脂肪が蓄積されない食べ方を
心がけてくださいませ。

食べて痩せるとはこういう考え方なのです。

私が実践してきて結果が出たのですから、皆さんにもできるはずです。
とりあえず、飯の量だけ減らしてください^^b

ビルダーさんの減量期はもっとシビアですが、基本、私と同じ方法、考え方で
あのマッチョな筋肉質体型を作っています。
筋肉をなるべく減らさず、体脂肪を徹底して落とすことは食事の心構えできまる
要素が強いことをご理解ください。

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。