スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・肉体改造と食事の考察

今日はブログ更新後、先日できなかった脚トレをするために
ジムへ行ってきました。

しかし、レッグプレスはすでに先客が^^;
頭を切り替えて、久しぶりにダンベルを使った脚トレをすることにしました。

…きつい!!

何がきついかって関節が痛いのがなんともーー;
私、下半身がかたいので、普通の人がなんとも感じない稼動域でも結構な負担に。

それが悔しくて(T^T)
脚力があったとしても、カラダ硬いとそれを使いこなすことができません。
トレーナーが失笑するくらいですから^^;
今日はフォームをひたすら練習して終わった感じです。
ストレッチを十分取り入れて関節をほぐしていくことが私の脚の課題です。

ちきしょ~!
今にみてろよ!(燃)

絶対スクワットで自分の体重の2倍上げられるようになってやるんだから!><

さて、こんなヘタレな私の話はほどほどに^^;

前記事の続きです。

前回は、

1.自分のライフワークに合わせた食事時間にする
2.食事は回数を多くし、間隔をあけすぎない

ダイエット、肉体改造ではこの2点が大切という内容でした。

1は自分の睡眠時間を機軸にして、生活リズムの安定が崩れないようにするのがポイントです。
不規則な生活は肉体改造ではなるべくしないようにする。これまた基本。

2は食事回数を多くすることで、血糖値の上昇を安定させることで空腹感を和らげる。
筋肉のカタボリック(分解)を予防するという効果が期待できます。

次に食事の内容。

炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質の3大栄養素はみなさんご存知かと思います。
が、その役割を最大限に活かせていますでしょうか。

肉体改造はこれらの栄養素の効果を活かしてこそなんぼです。

カロリーだけにこだわっていると栄養バランスが偏ってしまいます。
特にダイエットをしている方。

外食するときにカロリー表示はしっかり見るのに、それを構成する栄養素、塩分の割合を
見ていないなんてことありませんか?^^;

食事をカロリーだけで考えるなんて、

ナンセンスです。

ようは、それだけじゃ痩せられない、筋肉つかないよということ。

カロリーを気にするのではなく、その構成栄養素を考えてください。
ちょっと例をだして考えてみましょう。

350kcal前後のおかずAとBがあるとします。

A…炭水化物40g、タンパク質8g、脂質15g/327kcal
B…炭水化物30g、タンパク質20g、脂質20g/380kcal

あなたがダイエットをしているなら上記の表記がメニュー表にあったら、
どちらを選んだほうがいいと感じますか?

カウントダウン開始!




































正解は…















好きなほうを選べばいいです^^


「AかBどちらか選ばなきゃ@@;」

と思ってしまった方も多いでしょう。
私、そういうマジメな方好きです(笑)

それくらい真剣なんですよね、ダイエットをしている方は^^;
意地悪な聞き方してごめんねーー;

でもね、食事はカロリー、栄養素も大切なんですけど、
単一食品だけで必要な栄養素を補うことは難しいんです。

いいですか?

食事は、

トータルコーディネイトなんです。

1皿で足りない栄養素があるなら、足りない栄養素を補えそうなおかずをあわせて食べる。

これが大切です。

痩せるからときいて、その食品ばかりを積極的にとっても、
カラダはキレイに仕上がりません。
筋肉をつけたいからといって、タンパク質が多い食品ばかりをとっても
筋肉は思うようについていきません。

痩せたいなら、炭水化物の摂取量を減らして、脂質を控えめ、食物繊維とタンパク質を多くとる。
筋肉をつけたいなら、タンパク質と炭水化物、を多くとり、脂質を適度、食物繊維はしっかりとる。

3大栄養素の摂取割合を目的にあわせたものにすることがカロリーよりも優先すべきことです。

外食したときにダイエットしているからとカロリー控えめのものをチョイスしても、
うちわけが炭水化物や脂質が多く、タンパク質が少ないようでは引き締まったカラダはつくれません。

単一食品に頼るダイエットで痩せるとすれば、それは栄養失調です。
続けたら健康を崩してダイエットどころではなくなりますーー;

筋肉を大きくしたいからといってプロテインに依存する生活を続ければ、
内臓機能を低下させます。

続けたら健康を崩して肉体改造どころではなくなりますーー;

命を削るようなことをして、体型を変える努力をして…

そこに何が残るの?

人はカラダの健康があってこそ元気に生きていけるものです。
健康であること。
それがダイエット、肉体改造の根幹にあることを忘れないようにしてください。




次に食事のとり方の工夫について。

まず最初に述べたライフワークとあわせる…

って、

もうすでに長いですなw

ということで、次回へ続く^^

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村にほんブログ村 体重3桁(100キロ超)のダイエット
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【続・肉体改造と食事の】

今日はブログ更新後、先日できなかった脚トレをするためにジムへ行ってきました。しかし、レッグプレスは

コメントの投稿

非公開コメント

ガラケーからiPhoneに変え、初投稿です(^。^)お久しぶりです☆

おかずAかBか…めっちゃ真剣に悩んじゃいました(笑)
ダイエットと筋肉、栄養素のこと、改めて反省しました…
毎回毎回、栄養素を重視に食生活を見直そうとしてるのに、食品を見れば、かならず頭の隅にいる「食べることの不安」……いい加減、割り切れるようになりたいです…。
どうして不安になってしまうんだろう( ; ; )

Re: タイトルなし

○セミの抜け殻さん

コメントありがとうございます^^
って、ガラケーって何?^^;
私アナログなんで携帯は通話とメール、写メ程度しか使ってませんw
色々機能あるのに宝の持ち腐れというやつです(笑)


> おかずAかBか…めっちゃ真剣に悩んじゃいました(笑)


そうですか^^
それはあなたが素直な方だからです。
なんでもそうですけど、そういう気持ちでいることが個人の成長を促します。
いいことなのです^^b


> 毎回毎回、栄養素を重視に食生活を見直そうとしてるのに、食品を見れば、かならず頭の隅にいる「食べることの不安」……いい加減、割り切れるようになりたいです…。
> どうして不安になってしまうんだろう( ; ; )


それは誰にでもあることです。
私もあります。太ることへの抵抗がw
その気持ちを軽減するために体重を量る頻度を減らしたし、
筋肉つけたいならお腹がでることは当たり前と自分に言いきかせる日々です(・◇・;)

何食べても不安に感じない人は太っていたとしても気にしないでしょう。
言葉では「痩せたい」といっていてもね^^
そういう気持ちを大切に、でも、その気持ちに負けないよう食べることに向き合って
いってください。

応援してますぞ^^
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。