スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとアダルトな過去と現代の肉体意識の比較考察

今日はお昼すぎにブログを更新したあと、
トレーニング着を洗濯物から取り出し、
リュックへ!

いざ、出撃~!!

って、思っていたら急に眠気が…
ちょっと横になってからでもいいかと思ったらzzz

はっ(・◇・;)

気がついたら「カラスも一緒にかえりましょ~♪」が聞こえる時間に@@;

なんとか到着。
だがまだ頭がさえない状態(==)

それでも着替える時にシャワー室前の洗面台でボディーチェックをして、
マッチョ度を確認。

…腹は出てもマッスルに大きな進展ナシorz

「よし!鍛えるぞ~!」

と気合を注入!
トレーニンググローブをはめて本気モード。

こういうとき道具って便利です。
つけると気持ちがひきしまります。

予定では今日は背中と腕の内側、そして脚のトレを行う日。
さっそく動的ストレッチと10kgダンベルで肩慣らしをして背中のトレスタート。

私の背中トレのでこなす種目数は5つ。

ラットマシンを使って3種目。
ダンベルを使って2種目。


この5つを限界までこなして背中に悲鳴をあげさせているのですが、
そこにいたるまでに40分~50分かかります。

で、そのあと、上腕2頭筋を追い込むためダンベルを使ったカールを2種目。

ここまでで約1時間。

集中力限界突破><

脚トレはあきらめました…

う~ん…
私の場合、胸と肩、腹のトレは共存できるんですけど、背中と脚のトレを同じ日に行うことは
難しいようです。別の日に独立して行うほうがベストでしょう。

ということは週最低でも3日トレーニングか…
現状ちょっときついけど、やむ得ないか(==)

集中力がもっと続けばいいのに><

鍛錬が足りないということです。
多くのトレーニーはそれをこなしているわけですから^^;
単純に効率が悪いというのも時間がかかる原因かもしれませんけど。

もっと心もたくましくなりたい(T^T)

ところで、

相変わらず「皮あまり」ネタは皆さん気になるようですね^^;
前回扱ったときもそうでしたが、訪問者数が急上昇しましたーー;
前記事が参考になれたのなら幸いです^^


さて、

今回は昔と現代日本の体型基準の違いについて古代ギリシアを例に考えてみます。
かなり下の部分の話が入りますが、カラダは各パーツでなりたっているので、
科学的視点で読んでください。ムリならエッチな視点でもかまいません(笑)

エッチなことはいけませんにゃ~!>< ←ぼうゲームのかわいいネコキャラの口調

という方は違う記事を見てね♪



















私は古代ギリシア人をモチーフとした彫刻は美しいと感じます。
男女問わずハダカのものが多いですが、どんなにカッコいい、おしゃれな服をきても
着る人間がイケてないならさえないまま終わるということがよくわかる美術品かとw

古代ギリシアでは彫刻のような体型、ようは「マッチョ」体型がもてはやされていた
ようです。
逆に女性はポッチャリした感じの体型がいいとされていたそうな(・へ・)
女神像を見ればなんとなくわかりますよね^^
お腹がふくよかな感じで表現されています。
現代日本の女性があこがれるようなモデル体型は当時のギリシアでは

みっともないとされる体型のようです。

理由は簡単。

子どもを無事に埋めそうにないから。

当時の市民権は男性優位のものであり、女性は表現がちょっと悪いですけど、
子どもを生むことがその大きな存在意義だったからということ。

ちなみに、彫刻のような体型が本来の「細マッチョ」体型です。
現代日本のファッション誌でいわれるものとは一線を画しています^^
ファッション雑誌に登場するモデルさんの体型はただ細いだけで、マッチョではありません。
あしからず。

で、

そんな当時の男性の体型を言葉に表すと

「引き締まった腹、小さなお尻…」

ここらへんはいいのですが、

「小さな男性固有物…」

ん?

小さな…だと?

えええええええw@@;

文献を見ると確かにそう書かれているそうな^^;

現代日本だと男性は自身の大きさやカタチなどを少なからず気にする傾向にあります。
表立って同性のものと比較することはないですけど、影ではこっそり雑誌とかでそういう記事があると
見てしまうというのが男という生き物です(笑)

だからそういう外科手術を行う病院が大人の読む雑誌にデカデカと広告されているわけです。

それくらいデリケートでナイーブな問題なんですよ、この部分は。
いつの時代も^^;

スキンシップが問題なく行えるならそんこと気にする必要なんてないとは思いますけどね^^

では、なんで小さいほうがいいなんて書かれているのか?

これ、はっきりとした答えがあるわけではないんです。
単純にその時代の美意識の問題という研究者もいますけど、それじゃつまらないw

なぜそういうことになったのかを考えるほうが面白いと思うのは私だけでしょうか^^

それで、いろいろ考えたわけです。

肉体改造の立場にたつ私から言わせていただくと、

結論、

「小さい」という表現は正確ではないんじゃないかなと。

そもそもこのパーツは個性的ものであり人によりけりな部分が多いのです。
当時もそうだったでしょう。が、そんなに極端に小さい人なんてそうそういるわきゃない。

ギリシア彫刻みればわかりますけど、気になる部位はムケてます^^;
ムケているということは大きさは人並み以上ということ。
でも、彫刻をみると、人物像に対して大きさは確かに小さいのです。

当時の市民間では体を鍛えることが日常的に行われ、筋肉も肥大していた方が多くいたので、
バルクアップが自然と出来ていたと思うんです。

しかし、鍛えてもバルクアップができない部分があります。

そう、

アレですーー;

だから体が大きくなっていくに従い、アレは相対的に小さくなって見えるようになる。
そういうたくましい体型を目指せよということで「小さな…」って表現を使ったのかなと思います^^

私の勝手な予測ですけどね。
当時は生きるか死ぬかは己の鍛錬次第だった部分が大きいので、
男性は必死にトレーニング(といっていいのか?w)に励んでいたことでしょう。

彫刻のあの部分のパーツが小さいのは、
作成者のそういうイメージが強いからであり、
現実のモデルさんのアレはもっと大きいものだったはず。

上記のように考えると肉体改造大好きな管理人は納得できるのですが、
みなさんはどうでしょうか^^

過去も現代もカラダを鍛える、肉体的美しさを追求するというのは共通するもの
ということです。
筋肉で均整のとれた体は時代、人種とわず美しいものとして捉えられてきたことは間違いないでしょう。

あ、最後に…

男性自身の大きさはトレーニングをしてもかわらないと書きましたが、
それは普段の状態のときの話です。
運動することは血流をよくし、男性ホルモンの分泌が活発になることにつながるので、
元気になったときの大きさや硬さが向上する可能性は十分考えられます。

そういう悩みがある方はサプリメントに頼るのではなく、まず運動から頑張ってみましょう^^b

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村にほんブログ村 体重3桁(100キロ超)のダイエット
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです!

うれしくて経過報告に来ました

8/4   →116KG
11/15  →99.5KG


先月はいまいちでしたが
また体重が減り始めて

初めての2桁!!
何度もビリーを逃げ出しそうになったけど
またがんばれそうです!!


これからも励みにブログを拝見させていただきます!
トムさんもトレーニングがんばってくださいね!

No title

こんにちは^^前記事の皮あまりネタ!ありがとうございます。
やはり、トレーニングあるのみですね。

実は、ここ1週間ばかり朝に、ジリアンをするようになりました所、
腹まわりに変化が・・・とはいえ、標準以上なんでまだまだなんですが、自分自身としては、うれしい収穫。
朝晩(カービィ&ジリアン)より朝(ジリアンのみ)の方が、感覚的に
効いている気がします。なんでだろう?量より質?なのでしょうか。

今まではひたすら汗だくなトレーニングでしたが、この1週間は
「あ~ここが動いている!ここが鍛えられている!」
と、分厚い脂肪に埋もれた筋肉らしきものが反応してるのが実感
できます。

8/25(99.8kg/体脂肪42.5%)⇒本日(93.0Kg/40%)でした。
体脂肪があまり減ってないのが気になりますが、あせらず
続けてみようと思います。

不思議と動いて、体を意識していると、食事面も、無理なく
コントロールできているので、飢餓感とか感じないです。
やはり、ダイエットは動いて、上手に食べてないといけませんね。
それを教えてくれたのは、とむさん!ほんと感謝です!

Re: No title

○超肥満さん

コメントありがとうございます^^
そして、久しぶり~♪
元気そうで何よりです。


> 8/4   →116KG
> 11/15  →99.5KG
>
>
> 先月はいまいちでしたが
> また体重が減り始めて
>
> 初めての2桁!!
> 何度もビリーを逃げ出しそうになったけど
> またがんばれそうです!!


お見事!^^(拍手)

長らく3桁だった体重が2桁になると喜びも一層ですよね^^
体重は日々増減を繰り返すので、コンディションによっては頑張ったはずなのに
増えているってこともあります。私、そうでしたもんーー;

でも、続けてるとジワジワと減っていくので、
月のグラフで見ると確実に落ちていることが励みになりました。

ここで注意点があります。
ビリーで体重が順調に減っていくことは運動神経が向上することと同義です。
運動神経が向上すると、カラダが思ったとおりに動いてくれるようになるので、
必要以上にビリーをしてしまうなんてことが今後でてくるかもしれません。
例えば、1回のプログラム終了した後、もう1回違うプログラムを連続でこなすとか^^;
いっぱいカラダを動かせばそれだけ早く痩せる気分になりますからね~ーー;

結論、

運動を頑張りすぎると痔になりますので、適度におさえること。

ダイエット中、痔になるとクリティカルヒット級のダメージになります。
ダイエットをやめない限り、日々悪化していきます。

カロリー管理は食事を基本として、運動はサブのポジションであるように
してください。

私の二の舞にならないためにも、そこらへんは注意を払ってね^^

それでも、痔になってしまったら…

一緒に痔仲間として語り合いましょうか(笑)

Re: No title

○どろあんさん

コメントありがとうございます^^


> 実は、ここ1週間ばかり朝に、ジリアンをするようになりました所、
> 腹まわりに変化が・・・とはいえ、標準以上なんでまだまだなんですが、自分自身としては、うれしい収穫。
> 朝晩(カービィ&ジリアン)より朝(ジリアンのみ)の方が、感覚的に
> 効いている気がします。なんでだろう?量より質?なのでしょうか。


はい。
運動は量より質のほうが私は大切だと思います。
回数をこなすより、1つ1つの動きを意識できるような運動のほうが、
筋肉にはいい刺激になります。ようはフォームが大切ということ。
効いていると感じるのは量が減った分ジリアンに集中できた結果なのではないでしょうか。


> 今まではひたすら汗だくなトレーニングでしたが、この1週間は
> 「あ~ここが動いている!ここが鍛えられている!」
> と、分厚い脂肪に埋もれた筋肉らしきものが反応してるのが実感
> できます。


それがわかってくるということは筋肉と神経のつながりが強くなってきた証拠です。
順調そうで何よりです^^


> 8/25(99.8kg/体脂肪42.5%)⇒本日(93.0Kg/40%)でした。
> 体脂肪があまり減ってないのが気になりますが、あせらず
> 続けてみようと思います。

いやいや。
2%の数値の減りはすごいと思いますよ。
まあ、数値自体は毎日の変動が大きいので、
オマケ程度に考えて体型で進捗を判断しましょう。


> やはり、ダイエットは動いて、上手に食べてないといけませんね。


運動と食事の両立がうまくできているようですね^^
空腹はダイエットの天敵というより、カラダ作りの天敵です。
ここを上手に管理できれば体型はいい方向に確実に向かいます。
間食も利用してこまめに食べるようにして、
血糖値の上昇をなるべく安定させるのがポイントです。

安定状態が長ければ長いほど空腹を感じずにすみます。
ちょっと食べ過ぎたかなと思ったときは、すぐにカラダを軽く動かすことでも、
血糖値の上昇を抑えられるので、よく食べたときは買い物にいくなど、
30分くらい外にでて歩くといいです^^

引き続き経過報告を楽しみにしております。
頑張ってください。そして、うれしい言葉をありがとう^^b
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。