スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・皮あまりについての考察

昨日は午前中、病院にいきました。
久しぶりの肛門科ですーー;

薬がなくなった上に最近痛みと出血がまた出てきたので、
こりゃまずいと感じてトレの予定をつぶしていってまいりました。

私は切れ痔ですが、すでに慢性化しているので、
手術をしてもいいレベルです。もちろん、今の状態でも耐えられるなら
このまま注入薬を使ってごまかして生きていくことも可能です。

どちらを選んでもいいよとお医者さんからはいわれています。

私も今悩んでいるところなんですが、一番ネックなのは1週間の入院になることです。
つまり1週間仕事を休まなきゃいけないということ。
これがまた難しい^^;
人手不足に加えて、私が休むとおそらく店が結構ショックなことになっているかとーー;
そうなるとお客様に失礼だし、私の仕事のフォローも増えるとw

クレームにつながるようなことが増えるのはマジ勘弁><

お店が心配で入院もままならいこの状況。
正社員ではないし、あと数ヶ月ほどで離れる予定なので、そこまで責任感じる立場ではない
のですが、いる間はできることはしてあげたいなと思っています。
オープニングからいるお店でもありますからね^^;

もうちょっと薬で頑張ってみて様子をみたいと思います。


さて、

ダイエッターにとって究極の悩みは、

皮あまりするかしないか

これに限ると思います。

しかし、私のカラダを参考にしていただけるなら超肥満からでも
皮あまりしないダイエットができるということが実証されています。

BMI35からのダイエットでしたからねえ^^;

ダイエット終了直後のブログ記事に四つんばいになるとおへその周りに脂肪細胞が集中して
たるんだような感じになってる記事をのせたことがあります。
これって皮あまりなのかなと不安になったことを覚えていますーー;

      これねーー;↓
TS3V01500001.jpg


しかしダイエットに縁のない標準体型の人でも同じような姿勢をしたら、
多かれ少なかれ同じような感じになることがわかったので、

「あ~、これ普通なのね^^;」

と理解した次第です^^

長く○ブやってると普通がわからんから困ったものです(笑)

直立姿勢でそれ以上脂肪細胞が小さくならず減らすことも期待できないことが原因で
皮がぶら下がるような状態が本当の皮あまり
ということです。

上と同時期に撮った私の直立姿勢でのお腹↓
TS3V02350001.jpg

このようにたっている状態でこれなら上画像のような感じでも皮あまりとはいわないというわけ。
上と下の画像の被写体である私がいうから間違いなし!w

腹筋の凸凹がわかる人でもリラックスしている状態ならボテッと腹がでてます。
体脂肪と筋肉で均整のとれた一般的に筋肉質体型といわれる人なら多少の違いはあるにせよ
みんな私と同じでしょう^^


そういうことです^^

こう書くと安心してくれる方が多いかと思いますが、より正確にいうと

ダイエットが進捗すると個人差はあるものの皮あまりはでます。
それが目に見えるまでのものなのか気にならない程度なのかということです。

ダイエットは脂肪細胞を小さくする行為なので、それまで張っていた皮はそれに合わせて
縮みます。これは誰でも絶対です。
縮んだばかりの皮膚は縮む前の状態を記憶しているので、伸縮の余裕のある状態なのです。
こう考えると伸ばすこともできますから、その点で「皮あまり」といえなくもないということです^^

が、しばらくすると小さくなった脂肪細胞に皮は合わせてくれるので、伸ばすことがしづらくなります。
この現象を「皮膚の恒常性が追いつく」と世間では表現されていますね^^
最初の私の四つんばい姿勢のお腹もダイエット終了してからの恒常性がまだ追いついていないことも
あそこまで皮が垂れたような感じになった原因なのでしょう^^;

今なら四つんばいになってももっとマシな感じになっていると思います。
現在バルクアップ中ですので比較がしにくいと思うのでアップしませんが@@;


以上、皮あまりの本来の意味を私をモデルにして説明しました。
ここまで自分を犠牲にして解説している方はそうそういないでしょうーー;
だからこの記事を読んでいるブログ読者様はある意味幸運かもしれません(笑)

ホントはこういう自分の画像だしたりするの超恥ずかしいんですからw
その分、結果を出してくださいね^^


しかしですね…

ちょ~っと厄介なのは、幼児期から太っていた方の場合。
私もそうですけどね^^

こういう方は脂肪細胞が大きく、数が多いことが殆どです。
脂肪細胞の数は増えることはあっても痩せたとしても減りはせずかわりません。

つまり、しぼむ脂肪細胞の数が多いほど、すっきりキレイに痩せにくいのです。
成長期が終わる前から太っていた人は、筋トレを取り入れないダイエットをすると
皮あまりが十中八九発生します。

痩せたとしても縮んだ脂肪細胞が皮にたくさんついているのでブヨブヨと皮がシワクチャに
なり見た目がよろしくない結果に終わる可能性が高いのです。

選択肢は4つあります。

1.痩せたことだけに納得し、そういうお腹で一生をすごす
2.あまった皮と脂肪細胞の除去手術
3.脂肪吸引により脂肪細胞自体を減らしてカバーする
4.筋肉を肥大させて脂肪細胞を引き伸ばし平らなお腹に近づける

さあ、どれがいいでしょうか^^

1を選んでも健康上の問題は改善されているので、自分がそれでいいのなら問題なし。
2,3を選択するならキレイに痩せた体型がつくれるかもしれません。
が、経済的デメリットと生命管理のリスクを負います。

ということは…

ベストな選択は4しかないでしょう!!

まことに残念ながら成長期から太っていたという方は痩せると同時に筋肉質になるしか、
健康且つ見た目グッドな体型になる方法がないということです^^

特に女性の場合、筋肉量が少ないので、痩せてからもトレーニングに励んでいかないと
皮あまりで困る方が多くでるかと。


ですから、女性は必ず標準体重になったら筋トレに励むこと。
これが鉄則です。マッチョになる必要はありません。
というか普通レベルのトレーニングでは女性はマッチョ体型になんてなれませんw
ご安心くださいませ^^

男性は女性と違い普通レベルのトレーニングでも筋肉が発達しやすいので、
続ければマッチョ化していきます。
男なら問題ないですよね(笑)

つまり私と同じように筋肉質な体型を多少なりとも目指してもらいたいということ^^b

厚い胸板、たくましい腕、割れて凸凹した腹筋、逆三角形の体型カッコいいじゃないですか~^^

痩せることだけに満足せず納得できる体型まで自分を鍛錬していきましょう!!
…まあ、趣味の世界でもあるので、そこらへんは個人差もアリってことで(笑)


と、こんな話をしていると、社会人になってから太った人は安心しているかもしれませんが、

その考えはあまい!

脂肪細胞はですね~、

成長期がすぎて身長や体重が安定してからも

増えます!!@@;

脂肪細胞はたくわえの限界を超えると分裂するんです。
程度を超えた肥満になると成長期から太っていた方と脂肪細胞の数は変わらないことにーー;
そうなると、皮あまりリスクは高まります。

このブログの読者様でダイエットが必要という方は軽度肥満を超えたスタートラインにいる方が多いと
思います。
もし自分がそうだというなら太った時期関係なく、脂肪細胞は既に非常に多いと思ってください。

3桁を超える体型で美しいカラダを手に入れるには、普通の人のダイエットレベル感覚では
まずムリです。
普通のダイエッターの2倍、3倍の努力を持って、自覚をして取り組んでいかないと挫折しか残らないかと^^;

が、そんな自分の境遇に悲観しないでください。

結果をだしている人間もいるわけです。
誰かが成功していると思えば、自分だってと思えるでしょ^^

特別な人なんていない。
違いがあるとすれば、目標意識の高さと努力の違いしかないのです。


あなたの力はそんなものではないはずです。
まだやれる。まだできる。


しんどいことも多いけど、頑張れ! 


んじゃ、皆さんの頑張りに負けないようトレーニングに行ってまいります!!=3
負けてたまるか~>< ←何にだw

肛門イタいけどorz

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村にほんブログ村 体重3桁(100キロ超)のダイエット
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。