スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット考察 ~その14~ ダイエットと老化

誰でもいつまでも健康的で若々しくいたいものです。

私はダイエットに運動を取り入れるべき立場でいつもブログを書いています。
が、中には運動をすると老化を早めるので、運動すべきではないという意見もあります。

ホントのとこはどうなんでしょう(??)

私は運動をして減量してきましたが、老化したというより若返ったように思えます。
私も現在30代前半になりましたが、初対面の方に私がいくつくらいに見えるかきくと、
大体23~25歳前後と答える方が多いです。

って、思いっきりフレッシュマンと勘違いされるんですけど…ーー;
これはこれで切ないことも多いです(T ^ T)

では、老化とはなんなんでしょう。
今回はそこをダイエットと絡めて考察してみたいと思います。

1.太っていると老化がすすむ

・ダイエット視点で考えると老化の原因は「食べすぎ」です。
恰幅がいい人は実年齢より老けて見えることが殆どです。

食べることは生きるうえで大切なことです。
栄養をとることにより、細胞や血液が日々古いものから新しいものへと入れ替わっていきます。
このときの老廃物の中には体にとって有害なものもあり、それが便や汗として体外に排出されます。
過剰な栄養摂取はこの老廃物を大量生産することになり、結果、それが体の中に蓄積され、
見た目の老化がすすむというわけです。


2.運動すると老化がすすむ

・これは事実でもありますが、アンチエイジング視点での老化の話では真実ではないと感じます。

人間の寿命は一生分の呼吸する回数であらかじめ大体が決められており、運動すると呼吸があがる
ので、結果、その分寿命が短くなる


上記のような話をきかれたことがある方もいらっしゃるかと思います。
なぜ、このようなことが言われているかというと、呼吸をして酸素を体に取り込むと
そのうちの2%程度が活性酸素というもので、これが人間の寿命を縮める原因の
1つだといわれているからです。詳しく説明すると難しくなるので、省きますが、
ようは体にとっての老廃物生産を手助けするイケテナイものということです。

スポーツ選手が平均寿命を下回る年齢でなくなることが多いのはこれが原因だといわれています。

寿命からみた老化現象で考えるとハードな運動はよろしくないということです。


3.まとめ

ではダイエット中の運動はするべきか否か。

結論、どんどんしちゃいましょう!…と私ならおススメします。
もちろん反対という意見もあるでしょうけど、そんなの痩せている人が考えるべき話です。
太っている人はそれ以上に寿命短縮のリスクが高いのです。
それに一般人とアスリートの運動量を同一視点で考えるのはナンセンスです。
活性酸素の話は一般的なダイエット運動(ウォーキング、ジョギング、水泳など)には
殆どあてはまらないでしょう。心拍数が激しくあがるものではないので。

細胞にたまった老廃物はデトックスにより体外に排出されます。
つまり、便通や発汗を促す運動はむしろ老化防止、アンチエイジングにつながります。

ただ、注意したい点が1つ。
それは紫外線です。
日差しの強い中での運動は紫外線の影響をモロに受けます。
紫外線は細胞を傷つけ肌の老化を促します。
日差しが強いときは、屋内で運動するとか、日焼け止めをつけることを忘れないよう
ご注意ください。

そして、アンチエイジングを考えるならなんといっても無酸素運動(筋トレ)をおすすめします。

睡眠中と筋肉を鍛えた直後には成長ホルモンが分泌されます。
これは若返りホルモンなのです

このホルモン分泌にあわせて、十分な栄養を体に摂取できれば若々しさが保てます。
それに筋トレは顔の筋肉も結構使うので、アゴのたるみの改善やシワ対策にもうってつけですよ^^

↓クリックすると100kg超えたダイエッターのブログ紹介サイトへ=3
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村にほんブログ村 体重3桁(100キロ超)のダイエット
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます!

とむさんのコメントとても参考になりました!
筋肉はおとしたくないですね!
リバウンドも怖いです!
でもどうしても今は結果を求めなければならない状態です!
よくないダイエットだと分かってやっています!
トムさんのブログは参考にさせていただきます!
あんなに詳しくコメントしてくれてありがとうございます!

No title

初めまして。いつも参考にさせていただいています。
やはり無酸素運動って大事なんですね。
毎日筋トレ+ウォーキング1時間を心がけているのですが筋トレが苦手で
スロトレなのですが何セットも出来ません・・・。
足上げ、ひねり、スクワット、腹筋、腰そり上げ、膝立て腕立て
のような簡単なものでも10回未満でヒーヒーです。ビリーも以前挫折してしまいました。
もう少し体が軽くなれば出来るようになるのかな、とは思ってはいるのですが。
こんな気持ち程度のスロトレでは筋肉が減る一方かなと心配しています。
とむさんのように頑張れるよう、メニュー内容をもう一度考えてみようと思います!
いつも為になる情報をありがとうございます。

Re: コメントありがとうございます!

○デブチャさん

コメントありがとうございます^^


> でもどうしても今は結果を求めなければならない状態です!


なるほど。
本来ならば長期間かけて大きくなったのなら、
痩せるときも長期間をかけて痩せていくというスタイルが
おススメなのですが、もし短期間で結果を出したいというなら

炭水化物を完全カットする+食事を小分けにして食べる+運動

というダイエット方法が最強の組み合わせだと思います。

食事はタンパク質を1日体重kg×1.5、脂質、糖質、炭水化物はとらない。
プロテインを利用し、カロリーを抑えつつ、鳥のササミ、胸肉を中心に。
野菜も根菜をさけキノコ類と海草類のみ。
運動は週3回1時間程度の体幹の筋トレをハードにする。有酸素運動はなるべくしない。
水分は1日最低3リットルはとる。

これだけでもダイエット始めたばかりなら10kg程度2~3週間で
落とすことが可能です。ただし、おススメはあまりしません。
結果はでますが、相当キツイ内容です。
更に体重を落としたければ後半は水抜きをする。
これで体重だけで考えれば、ひと月で12~13kg程度は落とせます。


上記のようなやり方で痩せた人が私の知人にいます。
アホとしかいいようがありませんw
真似しないほうが無難です。私もこんな内容のダイエット継続できませんw


> トムさんのブログは参考にさせていただきます!
> あんなに詳しくコメントしてくれてありがとうございます!


いえいえ。また何かありましたらお気軽にどうぞ^^

Re: No title

○結佳さん

コメントありがとうございます^^


> やはり無酸素運動って大事なんですね。


はい。
キレイで引き締まった体になりたいのなら有酸素運動ではなく、無酸素運動のほうが
長期的に考えると適しています。


> 毎日筋トレ+ウォーキング1時間を心がけているのですが筋トレが苦手で
> スロトレなのですが何セットも出来ません・・・。
> 足上げ、ひねり、スクワット、腹筋、腰そり上げ、膝立て腕立て
> のような簡単なものでも10回未満でヒーヒーです。ビリーも以前挫折してしまいました。


おお! 素晴らしいですね。
女性でそれだけ筋トレを意識して行うダイエッターは少ないと
感じていたのでグッジョブだと思います。
筋トレはなれるまではキツイものです。少ない回数でも筋肉痛になったりします。
ビリーはエクササイズDVDの中でも未だに記録をぬりかえるものがないハードさなので
挫折するのも無理ないかと^^; 女性も多数でてますけど、あんなに体力ある女性は
世の中そうそういません。経歴みると空手大会の優勝者とかそんな感じの人たちなのです。

有酸素運動+筋トレですが、
両方こなすのがハードに感じるならまずは有酸素運動を優先させて
体重を落とすことをおススメします。体重があるとそれだけで負荷があるので、
筋トレして逆に怪我をする可能性があります。
それに有酸素運動といっても体幹の筋肉も使うので初期なら筋トレしなくても
筋肉を鍛えることになります。
それから少しずつ、スロートレーニングで筋トレしてみると、今とはまた違う
結果がでてくるかもしれません。

はじめから完璧にこなそうとしないことがダイエットのコツです。
いろいろ経験していく中で自分にあったものがダンダンとわかってくると思います。
あせらないで続けてくださいね^^b

No title

まさか褒めてもらえるとは思ってもみなかったので嬉しかったです。
まだ10分も続けられませんが、これからも意識して続けようと思います。
おかげさまでモチベーションがアップしました。
お返事ありがとうございました。
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。