スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院6日目

肺が痛みます^^;
ものすごく。

乳首まわりがピリピリと熱いし痛い。
痛み止めはきかないし。

「ロキソニン? 気休めでしょ?^_^」

そう感じます。

入院して6日たちました。
あんまり進展ない現実。

筋トレもタバコもジョーク行為も楽しめない入院生活。
禁煙5日目だよ。このままタバコやめられるかな(笑)

しかし、ケガも痛みが続くうちは、
喫煙や自慰したいと思わんもんですね^^;

私の入院先は男性の看護師さんが多く、
オナラをしても気にしないし、暴れん坊状態を
看護しているとき見たりしても「元気だね^_^」程度の反応。
前回の入院時よりも気楽です。
この環境ならオス行動もできるかも(笑)
当分できないけど( ̄▽ ̄)

しかし飯が残念。
顎が骨折しているので流動食から卒業できておりません。
あまりのグチャグチャな見た目に食欲ダウン。
栄養士さんに相談して見た目よろしいメニューを
お願いしました。
そしたら温泉たまごや玉子豆腐、豆腐やトロロが^^;
グチャグチャよりマシですが、私のカラダは通常量では
維持できないので、合間にプレーンヨーグルトやプリンやカステラなど
バクバク食べてます。
ちゃんと許可もらってます(笑)

前回救急で運ばれた時もそうでしたが、
今回も言われました。

「筋肉ムキムキですね(^_^;)」

筋肉質なカラダは医者泣かせです。
硬いし、重いし、触診し辛い。

結果、自分も苦しみます。
肺に管を通すために麻酔をしてカラダに穴を
開けたんですが、痛くて叫びました。
筋肉硬いから管の針がなかなか体の中に進まんのです。

おもいっきりグリグリやられましたよ(~_~;)
肋骨折れていて痛いのに二重の苦しみに悶絶。

筋肉に憧れ、鍛えることは素晴らしいと思います。
が、病気やケガの際はお覚悟を。

カラダが他者から見て、筋肉で厚みが出るくらいまでのレベルになったら、
事故には気をつけてくださいませ。

TS3V02760001.jpg

マッチョは万能体型ではないorz
スポンサーサイト

ことの始まり

8月24日土曜日の9時30分前。
チャリ通勤のいつもの道中。

人通りも殆どなく、蜘蛛の巣もはるような
田んぼ道。

突然斜め横の民家の入口のようなとこから
バイクが飛び出してきた。

管理人はただ一言

「うわあああ!」

としか言いようがなかった(^_^;)

自分がどういう状態なのかはわかる。
鼻から大量に血が流れている。
血だまりができていた。

バイクにのっていた若い兄ちゃん。
まさに尾崎ゆ◯かの歌のごとく

「盗んだバイクで走りだす〜♩」

でした。
そして盗んだバイクをそのままに逃走。
警察が行方を追っています。

というのも、事故直後に巡回中のお巡りさんが
たまたま近くを通っていて駆けつけてくれていたのですが、
救急を呼んでいる最中に犯人逃がしちゃったという(;^_^A


近所の人が救急を呼んで、病院へ。
この時点で骨折、肺に穴なんですが、
見た目にそれがでてなくて、救急隊員の人が打撲と擦過症
とか。その流れで質問責め。
なまじ意識をハッキリさせる精神力があったから、
血は出ているものの軽傷と思われた模様。

救急隊員さんの予測は、
レントゲンが見事に否定。
重傷と診断されました^^;

救急隊員さんの予測が当たっていたらよかったのにorz

こうして今年二度目の入院生活の始まりとなりました。
どうなることやら^^;

見えないチカラってやっぱりある。うん、多分(^_^;)

なんというか、

image.jpg

また入院でござる^^;

バイクに接触されて、
肋骨3本骨折。
眼底、頬、下顎の骨折。
肺に穴があきましたorz

入院4日目。
退院目処未定。

顔の形成手術することに(;^_^A
わき腹には管いれてます。

顔がパンパンに膨れて、別人みたい(笑)

不幸な人間はどこまでも不幸体質なんだろうか。
体型変えられても運命は変わらないのか。

人生33年。5回目の交通事故。
看護師さんからは厄払いすすめられました。

ということで、
しばらく運動はお休み。

スマホから記事書いてます。

ベッドから動けないし、退屈しなくて
ちょうどいいです。
ブログ趣味にしててよかったよ(笑)

リバウンドの背景

太ったり痩せたりって人間ならその範囲はそれぞれですが、
誰しもあるものです。

私も±10kgの範囲で変動しております^^
現在は76~78kgで安定。BMIでいうと23程度。
男性理想体重BMIが22です。
私の身長から求める理想体重は72kgですから若干重いですね^^
しかし、特別太っているという体型でもありません。

体型は体重で決まるものではなく、
その構成によって見た目が左右されます。
体重だけきくとちょっと太っていると思う方もいるかもしれませんが、
実際の私は服を着ると細身に思われることが殆どです。

薄着の現在は細身とは思われているかは…^^;
今の体型、腹はそれなりの貫禄ありますからな(笑)

私の場合、望んで今の体型があり、それに納得しているので、
これをリバウンドと定義するのはちょっと違います。

マッチョにあこがれ、筋肉の肥大を目指す人は
必然的に体脂肪がある体型になります。
それは細胞の合成を促進する、筋肉を育てる環境に
身をおく結果です。

筋肉の肥大は太ること。

絞らない限り、普段はある程度体脂肪がある体型になる場合が殆どです。

ジムに通われている方なら、そこらへん理解できるような
体型の人を見かけることも多いでしょう^^
体脂肪少なく普段からムキムキのマッチョ体型の人なんてそうそういませんよね(笑)
マッチョに見える人はそこそこ腹が出ています。そのほうがパワーも出ますし^^

痩せたいと思う時に絞り込む。

これは筋トレ雑誌の表紙を飾るようなカッコいいモデルさんも同じ。
撮影に備えて減量しますけど、普段はもっと太っています。

マッチョ道をいく者は、太ることを受け入れ、
腹の出た自分の姿を認め、その体型を「普通」と思える
ちょっと変わった人たちといえるかもしれません^^;
ある程度で絞ることが当たり前なので、普段腹が出ていても
そんな気にならなくなるんですよね@@;

誰に見られるってわけでもないし(笑)


というように、

環境や習慣によって人は体重の変動があるものです。
世間一般に言われる「リバウンド」現象も同じことがいえます。

大きく痩せた人が前回のMAX体重よりも太ってしまうようなことを
リバウンドっていいますが、その原因は、

環境、習慣を結局変えられなかったから

といえましょう。

たとえばですね、

糖質制限ダイエットで痩せた人間がいたとします。
ご存知の通り、人間が太る原因の殆どは糖質の過剰摂取の積み重ねです。
痩せるためには糖質をカットするのが手っ取り早いといえます。

それで結果を出した人がいたとして、
それを習慣化できれば痩せた体型をキープできるわけですが、
それを続けること自体が生命活動には不自然なことです。
糖質をずっととらない生活を続けるとエネルギー枯渇で死にます。

だからね、

極度に糖質制限をするダイエットっていうのは「終わり」があるダイエット、
習慣化できないダイエット方法なのです。

環境が変われば人はその環境に順応しようとします。
制限やめて糖質摂取が始まるとそれにカラダが敏感に反応するようになり、
大きく太る原因になってしまう可能性を秘めています。

実際、それの提唱者は死ぬ前極度の肥満状態だったとききます。
だからアメリカでは極端な糖質制限でダイエットをする人はダイエット人口の2%程度。
ほとんどの方がそれをしていないのが現実です。

習慣化できないダイエットっていうのは結局はリバウンドの原因にしかなりません。
頑張って実践した人ほどわかるでしょうーー;

動物にとって自然なことは食事をバランスよくとること。
適度に運動すること。

これです。
「ムリのない」ことっていうのは、生きていく上で自然と行っている範囲をさします。

ここから激しく逸脱する環境は、
どんなに頑張っても習慣化できずに終わるものなのです。

トレーニングだってそうでしょ。
毎日数時間激しく頑張ったところで長続きしません。

リバウンドとは人間が生きる上で不自然なことをしていたことの証明であり、
その結果だと感じる管理人です。

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

運動と皮あまり

カラダのことに関心がある人に私が大幅なダイエット経験があるとわかると、
興味本位からでしょうか。たずねられることがあります。

「皮余ってないの?」

チェックされるのは二の腕やお腹っす^^;
で、弛んでいないとわかると大体が「すごいですね@@;」っていう反応。
これはジムのトレーナーさんも同じ反応でした^^;
ちなみに皮膚に割れ目の線も目視した限り出ていません。

お腹はご立派なんですけど、年齢を加味で他者からすると許容範囲みたいです^^

多くの人が大幅な減量をすると皮膚が弛むという心象をもっているようです。
実際、そういう方も多くいるからそれが間違っているとはいえません。
けど、大きく痩せたのにそうならない人間も私を含め一部にはいるってことも事実。

ブログをしているとダイエットを目指す方にコメントでそこらへんの秘訣というか、
経験談などを求められることもたまにあります。

秘訣ってほどでもないんですけど、
しいていうなら筋肉を意識してのダイエットであったことでしょうか。

体重はダイエットを開始してそれなりに減っていきました。
平均で月で2~3kg。半年経過時点で27kg。そのあとは2kg程度づつ。

このペースの体重減は運動ダイエットでなくとも
みられる範囲の減少幅です。

だけれども、ダイエット方法で減る内訳が違うのよねーー;

糖質を極端に制限するダイエットや偏った食事によるダイエットでもこれくらいのペースで
減らせる人はたくさんいます。実際それで喜ぶ人もいますけど、それがぬか喜びに終わると
ダイエット後すぐ気がつくでしょう。通常の食事でもリバウンドの嵐になるでしょうからな@@;

ちょっとした例ですけど、

学生時代に相撲部に所属していたAさんがいたとします。
当時の体重は120kg。見た目はもう完全な○ブです。

その方が就職活動を考え痩せようと思ったとします。
この方はキレイに痩せられると思いますか?^^

結論、

痩せられます。

なんでかっていうと、

限界を乗り越えることを知っているから

です。

上記の例は実話で、社会人になりトレーナーをされているそうです。
加えてボディービルのコンテストに出場して入賞も果たしております。
とあるトレ雑誌の表紙を飾るほどの美しい筋肉美でした^^

この方のダイエットはざっくりとした食事管理でしたが、
筋トレをしっかり行い、食事内容に気をつけることで筋肉を残しつつ痩せたそうです。

私もこの方と同様の考え、実践だったといえますが、
限界を知らずして運動ダイエットは成り立たないのです。

筋トレして、食事管理に気をつけて、体重を減らしているのに、
皮あまりが出てきてしまっている@@;

とお嘆きの方。

運動の面でもう少し気合いれてみることをお勧めします。
本当に限界まで全身をイジメていますか(??)

スクワット、プッシュアップ、クランチの3種目だけを自重トレで
採用している方が多く見受けられます。

が、

正直、全身の筋肉を刺激するという意味ではこの3つだけでは少々厳しいと感じます。
大きな筋肉は刺激できますけど、普段使わない筋肉の刺激に対しては不十分です。

大幅なダイエットで、皮あまりを最小限にとどめるコツは全身の筋肉を満遍なく刺激して、
皮膚代謝を促進することにあります。


くわえて食事管理においても脂質、糖質、たんぱく質のバランスが大切。
炭水化物を極端に抑えた食事管理なんて、管理人の実践したダイエットでは
考えてませんでした。

糖質の極端な制限は筋肉量を減らす行為でしかありません。

以上のことからわかるとおり、

同じ20kg減でも筋肉量を維持しようとするダイエットの労力は
何も意識しないダイエットと比較すると2倍、3倍の労力、エネルギーが必要と
いっても過言ではありません。

頭とカラダを使わないとキレイには痩せられないってこと。

「そんなこと言われても運動何していいかわからないよ~><」

という方。
何度もブログで言っています。
ビリーをしてください。

ビリーをして運動の大変さ、筋肉への刺激を実感してください。

キツイと思います。
逃げたくもなるでしょう。

でもね、

それが、

筋トレなんです。

本当にキレイに痩せたいと願うなら、これくらいでヘタレるような根性では
困ってしまいます^^;

ビリーというと殆どの方は尻込みしてしまい、継続できません。
だから痩せられんのです。
そんな気持ちでどうするんですか。

ビリーを継続できることができれば、大体の運動にも耐えうる体力と力が身につきます。
土台ができるイメージ。

自信をもって、新しいことにもチャレンジできるでしょう。

自分に優しい筋トレなんてしているうちは、
管理人程度の体型でさえ遠い存在になります。

甘ったれないことです。
自分に厳しくあってください。

生ぬるいダイエットをズルズルと行ってマイペースという人もいますが、
それで結果がでているかというと疑問ですーー;
痩せては戻っての繰り返しじゃ、途中でやる気もダウンしちゃうでしょうに。

確実に体脂肪を減らし続ける意識をもってダイエット、筋トレにぶつかってください。
前月と比較したとき体重が増えているなんて管理人があなたのトレーナーなら許しません(笑)

とにかく、

運動ダイエットを頑張っているのに皮あまりなんてもったいない話です。
あと少しの情熱と努力をそこに加えてみてください。

足りていないのはまず気持ち。
気持ちがあれば、よりちょっとぐらい苦しいことでも耐えていける。

管理人はそう思いますよ^^

まあ、あれこれ深く考えずビリーしてくださいってことです(笑)

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

老いはどこで感じるか

人間ながく生きていれば「歳とったかなあ^^;」と
実感を感じることもあるかもしれません。

たとえば関節が硬くなって、稼動域が狭まるとか。
ありません(??)

背中で肩を通して腕を組めるかと試してみたら、
できないとか。

お腹のお肉が邪魔をして体育座りがうまくできないっていうのはナシですよ(笑)

何も対策をたてなければ、人間の体はガタがでます。
鉄を放っておくとさびていくイメージ。

わかりやすいカラダの部位でいくと、
女性なら乳房。男性なら大事な部分。

女性の乳房は殆どが脂肪で構成されています。
それを形づくっているのはその下にある胸の筋肉ですから、
老化が進行すると垂れていきます。
垂れたくなければ胸の筋肉を衰えさせない運動が必要です。

女性は胸が垂れていくと皮膚と皮膚の接触部位に汗疹ができたりします。
夏場なんて顕著ですよね^^;
更に汗にともなう雑菌の繁殖でにおいの原因となったり@@;
これじゃあ、太っていた頃と変わらない状況になるわけです。
女性に「におうーー;」なんて口がさけてもいうべきではありませんが、
夏場は正直たまにいます…。

一方、男性は筋肉とは離れるますけど、男性自身の勃起時の傾斜角度が
下がってサイズもダウン、硬さも次第になくなっていきます。
「いつまでも硬いと思うなよ」って感じでしょうか(笑)
勃起はしても硬度がなければ肝心のときに役に立ちませんよねーー;
下品で申し訳ありませんが、入れにくいし、入れても外れやすい。

そうならないためにも血流をよくする運動が大切です。
実際、40歳すぎるとそういう男性は多いものだとうかがっています。

なんにせよ、

晩婚化がすすむ日本でお互いのカラダに納得できる状態であり続けるためにも
老化は可能な限り進行は緩めたいものです。

パーツの老化は置いといて、
男女共通で気をつけたいものは脚の老化です。

歩いていて「疲れる~@@;」なんていう20代もいますけど、
完全に運動不足といえます。
私の友人が遊びにきたときに、私のダイエット散歩コースを強制的に歩かせましたが、
開始して30分くらいで「つかれた」とか言いました。
半分も歩いていないのに喫茶店で休憩して戻るという情けない大人の日常になりましたね^^;

脚の筋肉はとても大きいので、加齢による筋肉の縮小が顕著に表れるといえます。
トレーニーで脚のトレが好きな人なんて滅多にいないと思いますが、
老化の進行はそれによりだいぶ防げますから健康を加味しても外せないトレといえましょう。

トレをしなくともよく歩いていれば老化の進行は緩くなると思う人がいるかもしれませんが、
歩くこと自体は低負荷なものであり、血流はよくなることができても肥大は望めない。
つまり、維持以下にしかならない。
ましてや歩くことは有酸素要素が強い運動です。
ということは、長く歩けば歩くほど筋肉は維持というより繰り返しの疲労により、
退化する可能性もあるわけです。

脚が弱まれば、腰にも影響します。
姿勢が悪くなりますから、腰痛も次第に出てくるでしょう。

カラダというのはパーツで構成されていますが、全ては1つの胴体につながっています。
どこかに不自然が表れれば、それが他の部位にも影響するのです。
それが大きな筋肉群ならなおのこと。

大人は背負うものが多いので、
そこらへんを含めて健康意識をもったほうがいいでしょう。

自分が動けなくなったら、困るのは自分だけではなく、
それを支えることになる家族です。

お金があってもね、そういうの負担になることにかわりはないんです。
お金がなくとも家族関係の維持は健康であったもの勝ちなのです(--)(__)

まあ、こういう話はこのブログ読者様にはあまり関係ないかもです^^

運動しているはず、筋トレしているはずでしょうから^^
…たまにサボるのは仕方ないけど、長期的には運動しましょうね^^;

老化はまず脚に出ますから、
そこで歳を感じるなら今からでもしっかり脚トレしていきましょう。
筋肉は年齢関係なく発達するもの。
弱った筋肉も刺激をあらたにすれば、若い頃に近づくものなのです。

人によって老化を感じるときは違うと思いますけど、
意識して若づくりをすることが人生を楽しむコツだと感じる管理人でした^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

継続のコツ~その2~

前回記事で継続のためには、

はやる気持ちを抑えて、地道にコツコツ日々の諸活動を
積み上げていくこと

という内容でまとめました。

これは、筋肉の肥大に伴う見た目のかっこよさは
長期にわたる運動の習慣化によるもので、
付け焼刃に短期間にハードにトレーニングをしたところで、
そう簡単に見た目に効果を実感できるものではないから。

という感じでしたね^^;

ちょっと間を空けると内容がうろ覚えになる管理人です(笑)

でも人間のやる気というのは、
効果を実感できるから出てくるものであって、
それを感じられないならば、継続は難しく
あきらめてしまう方も多いでしょう。

だから、見た目の変化は後の楽しみにして、
まずはカラダの中身をかえることが継続のコツだと感じます。

カラダの中身というのは、
ずばり

代謝です。

代謝とはいわば細胞の呼吸と同義。
呼吸はカロリー消費によって行われます。

見た目の変化はすぐには難しくとも、
運動、特に筋トレを行うことでその細胞の呼吸の量を増やすイメージ。

考えてみれば、肺活量の多い人って太りにくいともいえるんですよね^^

ここは皆さんに筋トレを頑張ってもらい強制的にでも
その量を増やしていただきましょうか(笑)

そんな難しく考えなくていいです。
筋トレすれば自然と細胞の活性化がすすみ、その量が増えます。
これが基礎代謝をあげるということ。

言い換えれば、太りにくいカラダをつくり、
それを実感できるレベルまでもっていくということです。

「そんなこと言われても、太りにくいか太りやすいかなんて
 カラダの変化わからないよ~><」

と感じる人もいるかもしれません。
そんな方はこう考えればいい。

以前と比べて動きやすくなったか、疲れにくくなったか。

ね、簡単でしょ^^

カラダのパーツが動きやすいということは、
それは筋トレ効果の表れであり、代謝があがっていると考えて問題ありません。
疲れやすい、疲れにくいかは、筋トレ頑張っていると毎日が疲労状態なので
休養をちょっと多めにとった後でないと気がつきにくいかもしれませんけど^^;

よく筋トレをサボる私は幸いそこらへんを感じられたりします(笑)

見た目の変化のための土台づくりをしましょう。

では、代謝をあげるための筋トレですけど、
忙しいとそうそう自分の思ったとおりにいかないもです。

そんなときは、
ストレッチで短時間のストレッチでも効果があがるので、
朝起きたとき意識をはっきりさせることとあわせて行ってみてください。

コツは、褐色脂肪細胞が集まっている部位のストレッチを念入りに。

「褐色脂肪細胞ってなんぞや(??)」

という方もいるかと思いますが、
簡単にいうと代謝を促進する細胞です。
脂肪細胞の冠かぶってますけど、こいつはちょいと性質が違います。
この部位を刺激することで代謝の促進になるのです。

どこに集まっているかというと、わきの下。



おいおいw

「わきの下のストレッチなんてできんだろ」

って思う方。

正解です(笑)

そうなんですよね、わきの下を刺激するなんて動作なかなかありません。
わき毛引っ張ってもしょうがないですし@@;
ただし、刺激はカラダを動かすことがすべてではありません。

人間は体温を常に一定に保とうとする性質があります。
寒いときは体温をあげるために細胞が頑張ってくれて、
暖かい季節よりも代謝があがるもの。

これを応用して考えて、褐色脂肪細胞の集中している部位を
冷やすことで刺激してみる。

簡単にいえば、シャワーを浴びるときにわきの下を水で刺激する。
それとか保冷剤をワキに挟んでみるとか。

運動の苦しさすくなく代謝の促進につながるとは便利なものです。
が、行うなら加減は調節してくださいませ。

他、集まっている部位といえば背中、肩甲骨の間あたりに多い。
ここは筋トレで刺激できますね^^

ということは、背中の筋肉が発達している人は太りにくいカラダといえます。

ストレッチで背中を刺激するとするなら、
肩甲骨を寄せるイメージをもつといいと思います。

誰でもできますね、これくらいなら^^

ポイントは朝に行うこと。
太りにくいカラダを目指すなら代謝がこれから徐々にあがっていく朝にストレットを
もってくるといいです。
5分くらいで終わるでしょ。


褐色脂肪細胞の話をちょっとだしましたけど、
そんなの関係なく、運動を継続できればそう簡単には太りません。
これは誰だってわかりきっていること。

継続のコツとは、自分のカラダが変わったという実感をなんでもいいから
持てることにあります。

運動に前向きになれないダイエットは結局はうまくいかんのです。
運動なしで痩せてもリバウンドしやすいカラダをつくるだけ。

二度と太りたくない、他者からバカにされたくない体型になりたいというのなら、
自分の心に負けず、なりたい自分に正直に向き合ってくださいませ。

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

継続のコツ

ご存知の通り、筋肉は短期間で大きく肥大はしません。

一般レベルの男性トレーニーが1年かけて一生懸命トレーニングをして
期待できる筋肉量増加はよくて2kg程度といったところです。

人間の体積は広く、表面積も広い。

全身を満遍なく鍛えて2kg筋肉量が増えた程度では、
そう見た目にマッチョに変わるなんてことないわけです^^;

カラダの厚みに紙が1枚増えた程度のイメージ。

筋トレを一生懸命頑張っているのにカラダの変化を感じないという話よくききますが、
こういう背景があるので、1年やそこらじゃ「マッチョになったぜ!^^」なんて
確たる実感をもてるはずもない。つまり、変化を感じにくくて当たり前なんです。

紙を2枚、3枚重ねていけば厚みも2ミリ3ミリと増えていく。
つまり他者にマッチョと認めてもらうには数年は継続の努力が必要ってことです。

あ、

細マッチョ程度ならば紙1枚くらいの筋肉の厚みが増えれば、
実感できるかもしれません。
私、そうでしたし^^

でも、そこで頑張ってきた方ほど「全然ダメーー;」って思えるんですよね~。
トレーニングが習慣化すれば筋肉への憧れも相当なものになっているもので、
細マッチョの厚みじゃ納得できない自分になっていることに気がつくでしょう。

多くの人は、頑張れば頑張るほど短期間で結果を求めようとします。
ダイエットもそうだし、筋トレも同じようなことがいえます。

そういうのストレスになる原因です。
だから継続できない。
頑張っても効果が薄いと実感できてしまうから。

短気は損気です。

鏡で自分の姿をチェックする機会が増えるというのは、
日々の進捗を確認するにはいいことです。
が、それだけで終わらせてしまうと変化の実感がなかなか持てず、
熱意も冷めていくかもしれません。
あわせて、メジャーを使って体型の変化も記録してくださいね^^

という感じで、

肉体改造の継続のコツはせっかちになる自分の気持ちを抑えられるかがポイントの1つ。
大丈夫です。変わっていないようで日々からだの中身は変化してます。

筋トレダイエットで劇的に見た目が変わるのは、BMI22の体重+10~15kgくらいからです。
そこからの変化は実感しやすいでしょう。経験済みです^^

肉体改造は日進月歩の世界と理解して
地道にこつこついきましょう。

続いて…

って、

長くなるか(・へ・)

いいや、続きは次の記事で。

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

be the man!

いつも思うことなんですけど、

なんでこれだけダイエットや筋トレの情報があるのに
間違った方法を選んでしまう人が絶えないのかーー;

簡単にいえば、楽して痩せようと思う気持ちが強いからなんでしょうけど、
それって言い換えれば「本気じゃない」ってことの表れだと思うんです。

本当に痩せたい、かっこよくなりたいと思う人なら
安直な方法は選択しないでしょう。
甘い言葉にも聞く耳をもたないことでしょう。

運動して、筋トレ頑張って、食事管理に魂を注ぐ。
それで「痩せましたよ~^^」って成功者といえるような人は必ず語っているのに、
そういう部分はスルーして自分ができそうな楽な部分をチョイス。
それで自分に合う合わないを判断する。

おいおい^^;

スタート地点にもたっていないでしょうに@@;

とりあえず「ダイエットなんて簡単です」という言葉は
疑ったほうが懸命だと思います。

努力と根性。

他者から見てそう見えるものこそ真実。
それを苦と思うか思わないかは本人の意識次第でございます^^


さて、

私もダイエット開始から考えると2年以上たっていますが、
体重はすっかり安定状態。70~80kgの間を年間で行き来しております^^

幅が10kg程度ありますが、
これを普通と思えるくらいになれれば、
あなたは立派な筋肉愛好家といえるでしょう(笑)

以前の記事でも触れましたが、
ダイエットとは細胞を小さくする行為です。
おもに脂肪細胞の縮小を狙ったものですが、
それと同時に筋肉細胞も縮小となります。

多くの男性が憧れを抱くようなかっこいい筋肉質なカラダは、
細胞の縮小だけにスポットを当てるダイエットではつくれないのです。
いくら筋トレを頑張ってもそう。
適切な栄養を摂取して太ることをしないと細胞は育たない。
つまりバルクアップ(増量)が必要となります。


巨漢⇒(ダイエット)⇒標準⇒(バルクアップ)⇒ゴリ⇒(ダイエット)⇒マッチョ


という流れでが王道ですね^^
管理人が太ったり痩せたりをダイエット後も繰り返すのは、
こういう背景があるからです。

バルクアップは細胞を大きくすることであり、おもに筋肉細胞の肥大を狙う行為ですが、
同時に体脂肪もついてしまいます。
むしろ、体脂肪のほうが多くつく場合が殆どです。
筋肉はいくら激しくトレーニングをしたとしても、増える量は日進月歩。
仕事をしながら、学校に通いながらのトレーニングでは尚更難しいことといえます。

また、短期間にバルクアップをしたとしても、
そういう背景から殆どが体脂肪ということが予測できます。

理想は1ヶ月で500g~1kg。
半年~1年で3kg~多くても10kg程度の範囲で体重を増やすこと。
かりに1年で10kg増えたとして、その半分以上は体脂肪である可能性が極めて高い。
だから、脂肪細胞が硬くなってセルライト化しないうちに、
ある程度で絞る。

これが大切。

10kgの範囲の増え幅ならば、一度でもダイエットを正しく成功させた人間なら
意識した生活を送れば比較的苦労少なく絞れる範囲といえます。

また、筋トレをしていれば例え10kg増えたとしても、
そう大きく外見は変わらないものです。
脱げば違いはハッキリわかりますけどね(笑)

かっこいいカラダになりたいと願うならダイエットだけで終了にしないことです。
もう一度思い切って太りましょう!^^

大丈夫。

筋トレをしていればそこまで腹は出っ張りません!(笑)
ウエストもダイエット終了直後とひかくすると初期はかなりの勢いで
膨らんでいきますけど、ある程度で落ち着きます。
管理人もダイエット終了直後のウエストは74cmまで絞りましたけど、
現在は82~84cmくらいはあるかと思われます^^;
メタボが85cm以上といわれてますから、ちょっと手前の腹の出方なのかな^^;
でも、腹筋しっかり鍛えているとウエストそんなにあるように見えません。

筋肉が発達したカラダだったら太ってもそれなりに魅力的に他者の目にうつります^^
鍛えていることがはっきりわかりますからね。
ただ太っているだけとは全然違うのですよ。

こうなってくると問題は皮膚の伸縮です。
実際、マッチョ体型の皮膚伸縮は太った経験のない人のそれと比較しても
よく伸びます。
つまり、マッチョには皮余りはつきものということです。
あからさまに弛んでいるわけではないですけど、減量で絞れば、
腹まわりの皮膚がちょっとブヨって弛んでます。
ボディービル選手の大会時のアップ写真を見るとなんとなくわかります。
鍛え上げられた筋肉に目がいってしまいがちですけど、よく見るとその激しい体型変化が
うかがえるのです。

であるからして、

皮余りとはマッチョにとって、しいては男にとって、
鍛えたカラダにつきものの勲章といえるようなものだと管理人は感じます。
勲章と呼ばれるには、筋肉もそれに見合った量が必要ですけどね^^

いいですか。

男性ならば皮余りを恐れないことです。
そもそも女性よりも表面積が大きい分、皮余り自体が目立ちにくいんです。
途中でその傾向が見られたからといって、ウダウダ悩まないこと。
それを感じさせないくらいにマッチョになればすむ話です。
自分が納得できような仕上がりになるまで3年かかるかもしれないし、
5年かかるかもしれないし、10年かかるかもしれない。

でもトレーニングを継続していけば、年齢関係なく筋肉は発達するので、
到達はいつかは可能なんです。

歳を重ねても若い女の子から声かけられたいでしょ(笑)
あわよくば、ちょっとした火遊びも男なら経験したいと感じたり、感じなかったり^^;

マッチョはモテます。
特に30歳を超えた大人の女性はマッチョ支持率高めです(笑)
若いうちは○ブやマッチョはイヤと標準的体型の男性との付き合いを理想とした女性も、
歳を重ねるうちに標準的体型では物足りなくなるらしいです。

たとえがちょっと不適切ですけど、
20代で結婚をして歳を重ねて30代。
この時期の既婚男性って浮気しないまでも自慰が多くなるそうですーー;
気持ちはわからなくもない…かな^^;
いろいろありますもんね、男性側も。

そういう背景もあり、別の男性との遊びを求める女性も増えるとか。
その場合、遊び相手として理想とされる体型は筋肉質なマッチョ体型。

全部、過去の週刊誌のネタですけどね(笑)
まあ、管理人の場合、浮気をする以前に結婚もできていない情けない男なんで
あわれな男の戯言だと思っていただいてかまいませんw

大人な女性と大人な関係になる可能性を上げたい方、
是非筋トレで筋肉質なカラダをつくってください@@;

いいのか、これでw

ま、いいか^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

平和の使い方

今日は終戦の日でした。

あれから70年近く。

あの頃生きていた人がしたくてもできなかった生き方を
我々は選択する自由がある中で生きています。

昔のような生き方が決められた人生。
今のように個人の思うように生きれる人生。

どちらが幸せなんでしょうかね(??)

「こういう人生なんだから、この中で楽しく生きていこう」と思えれば、
昔の人も幸せだったかもしれません。

うちの母ちゃんに口ごたえすると「昔は親にそんなこと言えるような時代じゃなかった」と
言われたものですが、それが当たり前だと感じる世の中だったことだし、それと現代を
比較するのもどうかと思いますーー;

現代の人のように何でも自分で選択して
生きていかなければならない生き方のほうが私はツライことが多くなるような気がしてなりません。
自由にできるからこそ、他者と自分を比較して、そこからねたんだり、嫉妬したり、絶望したり。

成功者といわれる人は本当に一握りの世の中です。
選択の違いの積み重ねで人生が大きく違ってくる。

なまじ自分もそうなれたかもしれない、ただ運がなかっただけと思うことが許される世の中だから、
今のほうがツライ生き方を自分で選択する人が増えていっているのだと思います。

他人は他人、自分は自分。
他所は他所、うちはうち。

これって過去の人の生き方そのものを表している言葉です。
現代でも使う人は多くいますけど、あの時と比較すると
意味合いが違うと私は思います。

なんにせよ、

人の生活は豊かになったんでしょうかね^^;
あの頃を一生懸命生きて散っていった若者たちが、
現代に生きる人々をみたら嫌悪感を持つかもしれません。

「なんのために俺たちは命をかけて日本のために戦ったのか」

ご先祖様方が安心して眠れるよう
より多くの人が幸福と感じることができるような
世の中にしていきたいものです。

自分のためが人のためでもある仕事、生き方ができるといいですな^^

こういうこと言っていると偽善者という人が必ずいます。
けど、そもそも人の行動を善と悪から考えること自体がばかばかしい。
したいからする。それだけの話。

寄付をしたいから寄付をする。
人を助けたいからボランティアする。
筋トレしたいから筋トレする。
自慰したから自慰をする。

行動の違いはあれ、根本は一緒でしょう。
自分が後悔したくないから、そのとき思う最善をするだけなのです(--)(__)

死にたくないのに死ぬこと、戦争をして殺し合うというのは「命」にかかわること。
それで平和を訴えるって話はよくいうけど、じゃあ命が保障される世の中なら、
それはみんなが平和ってこと(??)

…考えていると頭が混乱しちゃいますね^^;

皆さんは平和をどう使いますか(??)

う~む、

どうでもいいか(笑)

そんなこと考える、こたえる余裕がないくらい、
筋肉のこと、体型のこと、運動のこと、健康のこと、食事のこと。
学習、実践してほしいと思う管理人です。

きっと、ご先祖様方も皆さんがなりたい自分に近づくことに対しては、
喜んでくれるでしょう^^
そういう時間が確保できることが一番です。


↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

営業の管理人です。

最近はブログ読者様から「更新楽しみにしてます」という内容の
コメントいただけるようになりました。

うれしいですね^^

ブログは自己満足という認識で書いています。
誰も見てくれないというのは寂しいことだけど、
それでも「ま、いいか^^」って。

そんな背景があるので、そういうコメントをもらえると
励みになります。

人は自分を肯定してくれる意見をもらえると嬉しいものです。
ですが、そんな気持ちを強く持つと人は過ちを起こしたりします。
だから、嬉しい反面、自分は律する心は持ち合わせたいと感じております。

簡単に言うと「調子に乗らないようにする」ってことです(笑)
お調子者は愛されるといいますが、お調子者はお調子者どまり。
他者に愛想を振りまいて、顔色うかがって…

そんな人生で楽しいわけがないーー;

他者にどう思われようと自分は自分。
嫌われたくないとかそういう理由で自分をいい子に見せる必要なんてどこにもない。
自分が必要だと思ってくれる方とはそんなことをしなくとも良い人間関係を築けます。

会話もまともにしようとせず、自分の好みだけで相手を選んで話をするような方もいますし、
その人がいない部分でよくないことをいう方もいます。

子どもみたいでしょ^^
実際、こういう成人も多い。
特に私の業界ではそういう傾向があるように感じます。

営業は数字が絡む仕事。
数字を出せばえらい。出せないヤツは使えない。
そう見られる世界です。

そういう世界だからこそ、
人を大切に思う気持ち、人間関係を軽視しない生き方が必要だと感じます。

数字ばかり、結果ばかりを追求するように
育てる上司や先輩方。その背中をみて育つ後輩。

結果、自分本位で動く、考える人が多い世界なんですーー;
だから営業同士の人間関係って薄いというか、表面上は笑顔で接していても、
信頼関係を築けるかは微妙なところだと思います。

まったくの畑違いのところから、今の仕事についた私には
そういう部分が垣間見えてしまい、この仕事には本質向いていないと感じて日々を
すごしています。

じゃあ、なんでこの仕事を今頑張っているか。
それは目的があるからです。

自分の先の人生を考えて、ライフプランに必要だと思う力を身につける。
そのための今。

私、社会人経験少ないほうですからね^^;
合う合わない関係なく、自分が苦手とする部分を磨けるような環境に
身をおくことも必要だと思って四苦八苦しているわけなのです。

逃げない姿勢。
こいういうのダイエット前は少なかったな(・へ・)
こういう部分で成長したなと思います^^

周りから愛される人間ってどういう人だと思います(??)

私はいたってシンプルで「他者の存在を否定しない人」だと思います。

人の悪口をいう分だけ、自分もどこかで悪口を言われていると思えば、
おのずと気持ちを律することもできましょう。
愛されたいと思うなら、愛することを知ることです。

でもこれがホント難しい。
一度先入観を持ってしまうと、「この人はこうだ」という認識が強くなってしまい、
いい部分、悪い部分含めてその人の本質を見抜けないなんてことも出てきます。

私もそういう面ありますからね^^;
そうならないよう心のメガネが曇らないような大きな器を目指してます。

なんにせよ、

営業の仕事を一生の仕事としないほうが、
私は人間性の部分でいいのではないかなと感じます。

特に社会人経験がない新卒の方には人を育てる仕事に携わってきた立場として、
お勧めしたくないです。
サービスの精神「お客様本位」の気持ちが育ちません。
その根本が抜けた営業マンって他業種でも多いーー;

営業にかかわる人がみんながみんなそんな人っていっているわけじゃないですよ^^;
プライドと信念を持ってお客様本位で仕事されている方もいます。
でも、そんな人、世の中の営業マンの絶対数からするとホント一握りです。

だから、営業の仕事って長続きせずやめていく人が多い。

契約をとりたいのはわかるけど、
それが本当にお客様のためになっているか。
お客様の生活スタイルに合致するものなのか。

それを無視して、押し売りのような形でアレもコレもなんて、
私にはできません。自分本位になった時点でサービス業はサービス業ではなくなる。

目標数値の日々の進捗管理で苦労はします。
上司にもツッコみうけます@@;

けど、1人くらいそういう風に思える人間が、
営業の職場にいてもいいと思いません?^^

同業種の方からすると変な人って見られるかもですが(笑)
私は、私らしく、壁をつくらず、同じように自分磨きを忘れない人と仲良くしていければ
いいかなと思います。自分の仕事に誇りと信念をもってぶつかる。

私ってそういうアホな人ですorz

力を抜こうと思えば、いくらでも手抜きができます。
けど、手を抜いて「こんなもんだろ」って思える仕事姿勢で、
お客様に接するなんて、貴重な時間を使って脚を運んでくれた
お客様に失礼です。


皆さんの仕事の姿勢、職場環境はどうでしょう?
アルバイトとか社会人とか関係なし。
雰囲気にのまれず、自分らしさを発揮できるような人間になれると
いいですね。

もちろん、そのための万全の準備として健康管理も忘れずに^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

今日は休日

さて、ブログを書こうと思ったものの、

ネタが思いつきません(笑)

というわけで今回はテーマなし@@;
逆に読者様で「ここを聞いてみたい」「今ダイエット頑張ってます」って
ことがあればお気軽にコメントどうぞ。

コメ返しをします^^

…ふう~、手抜き100%だな(笑)
でもテーマといえるようなものは殆ど書きつくしているんだよねーー;

あ、そうそう。

先日、新しいエクササイズDVD買いました^^
何を買ったって?

もちろん…

ビリーズブートブートキャンプです(笑)

昨年でたもので、グローブがついているやつ。
PTなんちゃらっていうものです。

旧ビリーでずっとエクササイズしてきたんですが、
どうもマンネリ気味になっていてたまには違う種類のブートキャンプで刺激を変えようと。
トレーニングにマンネリはよくありませんからね。
刺激をかえることで更なる進化が期待できます。

とはいっても、評判を聞く限り、1つのプログラムが30分と短いので、
初期版と比べるとキツイって感じは少ないそう。

初心者さんだったら、そんな評判関係なくキツイと思いますけどね^^;
なんでもプログラムよっては30分で500kcal以上の消費カロリーなんてことも
あるそうです。すごいですよね~。
…大幅に痩せなければならない体型の人が行った場合と考えられますけど(笑)

こいつの定価は14800円です。
ドンキホーテでも見かけたんですけど、たいして割引してない価格でした。
それがたまたま楽天で見かけた店でセール特価で
46%オフの7800円くらいで売ってました。
これは買い時でしょうということで、ポチッと購入。

届くのが楽しみです^^

100kg以上の体型の持ち主が初期ビリーを行った場合、
1時間のプログラムで期待できる消費カロリーは800kcal以上。
人によっては1000kcal以上消費できるかもですね^^

管理人が痩せられた理由がわかるでしょ(笑)
ビリーは細マッチョ体型になりたいけど自分じゃどうにもならない人向けの
究極のプログラムなのです。1年継続できればそれなりになることは
管理人の経験済みのこと。

KC380054かい_convert_20120326144027 ⇒ TS3V00340001.jpg

運動初心者が本気でかっこよく痩せたいというならビリー1択。

images[5]

入隊1年後、あなたは立派な戦うカラダとなっているでしょう(笑)
届いたら実践レポでも始めましょうかね^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

カラダと栄養

日々の節制、鍛錬なくして理想のカラダには近づきません。

特に1度でも標準を外れた太り方をした人間は、脂肪細胞の数も多く、
ちょっとの油断が体型にでてしまいがちです。

たとえば、BMI標準体重が65kgの男性がいたとします。
不摂生な生活を続けて大幅な増量で100kgを超えたとしましょう。
そこから頑張ってもとの体重までダイエットをしたとしても、
もう太る前の以前の細胞構成とは違うものになっています。

簡単にいうと太りやすい体質が強い体になってしまったということです。

おそらく上記のような例が当てはまる方、
自分で「以前の体重のときはこんなにブヨった腹じゃなかったようなーー;」
と感じるのではないかな(・へ・)

人の体は良くも悪くも日々進化を続けます。
その大元は加齢もそうですけど、長年の食生活や運動習慣によるもの。

だからこそ、意識して自分を律する心構えが大切なのです。
何かあったとき自分の代わりはいません。
オンリーワンの存在である以上、支え支えられの人間関係で世の中が成立しているという
自覚をもっていきましょう^^


さて、

TS3V17560001.jpgTS3V17590001.jpg

健康は日々の自己管理から。
痩せたり太ったりも人によっては必要なことです。

管理人も日々男らしさを追求しカラダを鍛え、心もそうであろうと鍛錬しております。

心は日々の生活でも鍛えられるものですが、
カラダは運動によってしか鍛えられません。

それがわかる皆さんは運動も自己管理の一環として行っています。

運動というと嫌悪感を強くもってしまう方もいます。
それは自分の健康に関心が少ないことの表れでもあります。
苦しい側面ばかりを想像して、何も行動に移せないのは、
ちょっと情けないと思ってしまう管理人です^^;
そういうのって、他の面でも通じるものがあるんですよねーー;
仕事とか、仕事とか、仕事とか(笑)

まあ、それは個人の自由でもあるのでいいですけど、
運動している方、飯ちゃんと食ってますか(??)

食事はカラダをつくる材料です。
目的や活動に応じて食べる量、内容を考えないと
理想のカラダにはなれませんぞ。

私だって、なんだかんだで飯を考えてしっかり食べてるからこそ、
体型を変えられたのです。
運動しているなら尚更ここをしっかり考えてもらいたいものです。

何かが不足していれば、それはカラダに表れますから、
日々のボディーチェックは怠らないこと。

肌がカサついたり残便感があるなら、脂質の抑えすぎかもしれませんし、
腕にブツブツができるようなら今の食事が栄養不足だったりと。
爪や髪の伸びが遅い、精液の量や粘度がイマイチならたんぱく質不足してるとか。

いろんなところで、活動の反映がでてくるものです。
体型だけ見ていればOKなんてことはないんですよ^^

運動しているなら人より多くの栄養素が必要と理解すること。
ダイエットをしているならたんぱく質量は人並み以上にとったほうがいいし、
ビタミン、ミネラルも食事ではまかないきれないのでサプリメントを利用したほうが
賢い選択でしょう。

それぞれの目指す体型に見合った食事内容なのか、
あらためて考えてみてくださいませ。

管理人は、なんだかんだで食事管理は徹底しています^^
せっかく頑張ってここまでカラダをつくってきたんだもの。
ドラム缶には戻りたくないです^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

オウマイガアアー@@;←心の叫び

何がオウマイガアアっていうと、

iPhone壊れちゃったorz

電源入れてもつかなくってもうた(T^T)
買ってからまだ2ヶ月ちょっと。

壊れるの早すぎでしょーー;

どうしてこうなったかは定かではありませんが、
何度か胸ポケットから落としているのも事実です。
でも、落とした直後に壊れたのではなく、しばらく使っていてポケットいれてたら
いつのまにか電源落ちてました。

充電しても反応なし。

初期不良の可能性もありますけど、自損の可能性もある。
微妙なとこです。

契約時に補償のオプション入っていますが、
こんなに早く昇天するとはーー;

今月はメガネが大破してしまい、
買いなおして2万円とんでいる…
それにスマホの修理代。いくらかかるかはわかりませんが、
基盤の交換とかになったら結構いきます。

うまくいかないものです。

でも、それ以上に困ってしまうのは職務遂行。
お客様とのやり取りの中で使い方などを実演する機会もありますし、
報告業務の全てを依存しておりました^^;

業務端末の折りたたみ式携帯を使って上司の壊れたことを報告。

「どうしましょ?」って確認すると

「お前専用の端末この前(本社で)見かけたから、そっち使うことになるから問題ない。
 週明けくらいには届くと思うよ。」

という内容のお返事がーー;

いやいやw

プライベートの携帯をスマホに渋々かえてこの顛末なんですから、
もう少しやさしい言葉があってもw

ま、いいです。
修理が終わったら今までのガラケーと同じで普段は眠ってもらいます(笑)


私の会社は社員にスマホとタブレットをくれます。
太っ腹@@;

それが目的で入社希望する若者もいらっしゃるとかーー;
そういうのがモチベーションになる方ならいいでしょうけど、
実力主義の風潮が強い会社なので、入ってからが大変です^^;

料理人の世界ではありませんが、それに準じるような厳しい環境、指導が
入社後に待っています(笑)

そんな話は置いといて、

自分で買ったら2つあわせて10万円以上しますから、
ありがたいといえばそうかもです。

でも、この会社にいるうちは仕事に使うことが前提になるので、
使い方は留意しないとです^^;

インターネットもそう。
プロバイダー料金含めて家で通信費無料で使えます。
プロバイダーや回線を変えたりしなきゃならんので、
めんどくさいのでこの制度は利用してませんw

無料で最新のスマホやタブレットを使いまくれる、
家のインターネットも使いたい放題っていうのは、
人によっては魅力的かもしれません。

けど、私のように仕事はそれに従事しているけど、普段そういうものに疎い人間には、
あんまり魅力的ではないです。
プロテイン無料支給とかのほうがよっぽどありがたいw

個人的にはスポーツ関連の会社の社員さんなんてうらやましいです。
自社商品を社割で購入できますから、運動が好きな人にはうれしい特典ですよね。

でも、そういう福利厚生の手段がある会社もあれば、
まったくないという中小企業のほうが圧倒的に多いです。

日本の9割の企業は中小企業といわれています。

30歳すぎて20代の苦労を考えて思うことは、
働くなら福利厚生はしっかりしたところが一番です。

若いときってどうにでもなると思って、福利厚生面をあまり深く考えないんですよねーー;
給与をメインで考えちゃうの。入ってみてから現実を知ります。

で、会社を去っていく。

①週休完全2日以上(年間休日120日以上)
②各種保険完備
③交通費支給

この3つがいかに重要か理解するのは、
社会人になってからでしょうね^^

休日の存在がどれほど大切か。
お金じゃ健康買えませんから。
太る原因だったり、過労の原因の殆どはここです。
休みがしっかりとれる会社じゃないと、長く続けられません。

面接いくと週休完全2日じゃない企業なんてザラです。
面接時に休日の少なさをいうところって、
組織体制が絶対ヤバイっす@@;
人材不足のため、残業が当たり前の世界が目に見えますーー;
多くの場合サービス残業なんですよね、それが^^;

社会保険完備ってのはそこそこの規模の企業なら問題ないかなと思います^^
ただし企業が加入している保険組合によっては福利厚生面で差がでます。

IT系はかなり優遇されているとききます。
昔からあるような食品、製造の保険は並。
公務員の福利厚生はいわずもがなのビップ待遇レベル。
一番つらいのは、会社の折半分が何もない国保のような社会保険ですーー;

交通費は全額支給が一番ありがたいことですけど、
地方に本社があるような会社だと地方基準で考えるところもあります。
地方基準とは車通勤。そのためのガソリン代基準。
都会だと電車通勤になる方が殆どです。その基準で考えられてしまうと
交通費に足が出る場合もあります。
以前の会社も交通費1つきあたり、上限2万円とかだったりしました。
隣県から都会にでてくる方だと絶対足りません。
そのあと、3万円までと改定されましたけど、私鉄とJRを両方利用する人には
それでも…。

たった3つの基準ですが、この3つがベースにないとキツイですよね^^;

他にも会社独自の福利厚生制度がそれぞれにあったりしますが、
たくさんあればあるほど長期雇用に真剣な会社だということは間違いないでしょう。

なんか話がまたそれちゃいましたけど、
スマホ壊れても頑張るしかないという管理人でございました(笑)

皆さんもスマホをもっているなら、大事に扱ってくださいね。
サラリーマンにとってもはや必須アイテム。
壊れたら苦労すること100%ですorz

特にiPhoneは壊れると修理受付がショップではできません。
アップルストアになります。
近くにあればいいですけど、そんなたくさんありません。
都心でもあまり見かけませんから、地方だと尚更大変。

気をつけましょう^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

ウオノメって経験あります(??)

今日は医者に行きました。

お尻のほうじゃないですよ(笑)
足裏です。

春にちょっとジョギングしたことがあったんですけど、
ランニングシューズだったのですが、イマイチあってなかったみたいーー;
ウオノメができてしまって、ずっと我慢してきたんですけど、
そろそろギブアップ。

というわけで行ったのは駅近くにある病院の皮膚科。
余談ですが、ど田舎だと都会のように医院があふれているわけではありません。
ですので、送迎の車が定期的に駅から出ている場合が多いです。

今回行った先は大きな病院というわけではないんですけど、
こちらも送迎の車がバスのように運行しております。
お年寄りには都会で通院するより便利かもしれません^^

で、

ウオノメの治療ってどういうことするのかなと思ったら、
いたってシンプル。
患部の皮膚を刃物で削りとるというもの。
ガッチリ削られました^^;

ウオノメの原因は足裏の骨の構造の問題らしく、
ならない人もいれば、なる人もいる。
なる人は一生のお付き合いになるそうで、
ひどい人になると1ヶ月に1度通院して上記の処置をするそうです。
通常は1度削れば3ヶ月以上は大丈夫と言われました。

処方箋は患部の皮膚をやわらかくするクリーム。
1日2回朝と夜の風呂上りに塗るように指導されております。

私、もともとサッカーをしていたことから、
足の裏の皮膚は人並み以上に厚いです。
ウオノメはその厚くなった皮膚が部分的に硬くなり小石を常に踏んでいるような状態になります。
それが尖ったものだと柔らかい肉に突き刺さり内部で出血が発生して血ダマリができます。

前回同じ部位でウオノメになったときがまさにそれで、
患部を削るとたまっていた血が「ブシュッ」とふきだしました@@;

10年ぶりのウオノメ治療でしたが、
なるべくならなりたくないものですーー;

ウオノメってできると痛いんですよ(T^T)
ここ最近だと仕事が終盤に差し掛かる頃には痛くて足引きずってました^^;

それでもビリーはしていたという。
気合と根性です。

…これが原因で病気がいつも悪化するんだってーー;
自覚はあるんですけどね。
どうもリカバリーしてしばらくたつと、それが原因になった苦しみを
忘れてしまう。反省のない管理人ですorz


そんでもって今日はトレ日。
2連休だったので退屈でした。

本当は今日映画を見に行こうと思っていたんです。
木曜日はメンズデーで男性は1000円で映画を楽しめます。

そんな理由からなんですが、
習慣でポップコーン山盛りとコーラを売店で購入する自分がいます。
今ちょっとプチ減量しているから「う~んーー;」って悩んだんですけど、
今日はやめときました。

75kgくらいになったらご褒美で見に行こうと思います^^
ちなみに今みたいのは『謎解きは~』です。
先月は『真夏の~』を見に行きましたが面白かったですね。
『タニタ~』も見たかったんですけど、7月までの上映だったみたい。
勤務先近くのイオンシネマではもう上映してません。

体重100kg以上の方は無料でタニタの映画を見られるという
面白い企画をしてましたね^^
実際それで無料で観覧した方って全国でどれくらいいるんだろうか(・へ・)
このブログ読者さんではいるかな(??)

でも、自己申告で100kg以上の体重があることを告げなければならないのは
人によっては難しいでしょうし、企画はあるけどそれを利用する人は少ないでしょうね^^;
私が100kg以上あったなら遠慮なく無料で見させていただきますが(笑)
そこは人それぞれの考え方です^^

しかし「よし! ちょいと体脂肪落とそう!」と思って始めた第3次(なのかな^^;)ダイエット。
78~79kgでスタートして、今76kg。
開始から1週間。初動としては順調。
体の中にたまっていた糖質を減らしたので、水分で結構落ちました。
本当に戦いはこれからですーー;

今日のビリーでは案の定前回までのような滝のような汗はでませんでした。
糖質使い切っちゃったみたい^^;
それでも行うたびに「ぜーぜーはーはー@@;」となるので、
食事管理を意識すれば再び少しずつ体脂肪は落ちていくでしょう。

きついですよね、炭水化物を抑えた状態での運動ってーー;
エネルギー量が少ないので満足に動けない部分も増え、休憩時間も増えてます。

救いは筋トレした日の夕飯は炭水化物制限なくしているとこかな。
運動する日は特に意識してたんぱく質とあわせて炭水化物をとっています。

今日は夕飯で

・そば1人前
・ご飯3膳
・酢豚
・ししゃもの唐揚げ
・かつおのたたき
・えんがわの刺身
・鯛の刺身
・ベーコンとアスパラのマヨソース和え
・サラダ
・梨1個

食べました。
朝、昼が出かけていたので、外食は控えた結果、全てプロテインというw
そうじて100g以上たんぱく質量分はプロテインをとっています。
普通のダイエットの考え方でいくとオーバーカロリー+オーバー糖質です。
今日の活動で消費したカロリーがパーです^^;

でも、いいの。
ムリして急いで痩せる必要が今はないから。
のんびりとじっくりと体脂肪を減らしていくほうが、筋肉には優しい痩せ方です。

仕事の日は、

早朝:プロテイン
朝:プロテイン+マルチビタミン・ミネラル
昼:サブウェイの野菜モリモリのサンドイッチ+プロテイン+ダイエットコーラ
間食:差し入れのお菓子やプロテイン
夕:プロテイン
夜:普通に飯をがっつく。ただし、炭水化物は控えめに意識。

これが定番化しつつある(笑)
私、職場のロッカーにプロテインを常備しているので昼から夜までの間に最低1回は
プロテインを摂取しています。
じゃないと昼と夜の間が8時間以上あいてしまう。

仕事しながらプロテインは難しいという人もいるけど、
私の経験上トイレにいくようなもの。たいして時間かからないし、
普通にとろうと思えばとれます。5分以内ですむ。
昼休憩以外にタバコを合間にたしなむ連中だって職場にいる人多いでしょ。
だったら、プロテインだってアリでしょ(笑)

1人店舗なので契約数さえ抑えておけば誰も文句いわない。
休憩もまとめてとろうが、分割してとろうが問題ない。
肉体改造には好都合の職場で助かってます^^

精神的にはしんどいけどねーー;

10日後には75kg台で安定いけると思うけど、
食いすぎには気をつけたいと思います(笑)

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

究極の間違ったダイエット

今日は暑かったですね~^^;
こういう日はタンニング(日焼け)日和と思うかもしれませんが、
強い紫外線は体に有害でしかありません。

私、ライフセーバーした経験がありますが、
夏の海辺は紫外線が強烈すぎて日焼けを通り過ぎて火傷のレベルまで達します。
背中が真っ赤にただれてお風呂に痛くて入れませんでしたよーー;

タンニングは1回で終わらせるものではなく、少しづつ色素を皮膚になじませて
行ったほうが安全です。
かんかん照りの中、何時間もパンツ一丁で外に寝転ぶのは危ないので
気をつけましょう。

引き締まった体型には色白よりもブロンズ肌のほうがよく似合います。
でも、日焼けせずとも筋肉質な時点でかっこいいカラダなわけですし、
美しさの追求もほどほどに。
歳を重ねた肌の色も黒ずんできますからその時を待ってもいいかもですね。
女性はイヤだろうでしょうけど(笑)

周りが歳をとれば、自分も歳をとる。
その中でできる範囲で若々しくいければ十分と思う管理人です^^

あ、そうそう。

この時期のつきものといえば「汗」ですね。
運動しなくとも外に出たらじんわり滲んできて、更に外にいれば、
滝のような汗になったりと。
外営業の人だと着替えがないと困ってしまう季節。

夏らしいといえば夏らしいですけど、
ダイエットと汗の関係を考えると注意しないといけません。

100kgの超肥満体型から脱出すべくダイエットをしているAさんがいるとします。

運動して汗をたくさんかきました。
朝の計測時よりも体重が2kgもおちて98kgになっています。
シメシメと思ったAさんはせっかく減った体重をキープしたいと思い、
翌日の朝の計測で99kgとなるくらいの食事と水分の摂取にとどめました。
そして翌日また汗をたくさんかいて2kgほどまた落ちて97kgに。

「ダイエットなんて楽勝だ^^」

と思ったAさんはこの方法が自分にあったダイエット方法だと認識して
続けることにしました。


さて、

このAさんのダイエット方法、思惑通りにことが運べば1日1kg。
10日で10kgも体重が落ちる計算になります。

これって可能だと思います(??)

結論、

可能です。

ただし、そう遠くない将来にこれが原因で死にます^^

そもそもAさんはダイエットの根本を間違って理解しています。
「体重減=体脂肪減」と思い込んでいるのです。

このブログ読者様は散々私がいっていることだし、
それは違うと即答できるでしょう。
…そうあってね^^;

なんで死ぬなんて私がいうか。
それは、これを続けることは栄養失調になるからです。

たとえば無駄なカロリーをとりたくないからと毎食プロテイン+ビタミン剤で
食事を繰り返したとします。
最近のダイエット理論では糖質と脂質がすっかり悪者扱いです。
それを真に受けた人ならやりかねない行為ですが、それはとても危ないです。
実際、そんな生活を続けて死んだ方もいらっしゃいます。
プロ、アマ問わず。

体脂肪はエネルギーの備蓄庫ですが、それを分解しても1日に必要な栄養素まで
まかなえるわけではありません。どんなに痩せたくても人は最低限毎日とらなければならない
栄養素とカロリーがあるのです。

栄養失調が続くと待っているのは餓死です。
いるんですよ、この飽食の時代の日本で餓死をするという人。
食べ物が買えないとかそういう理由じゃない。
ただ痩せたいと思ったことからくる我慢が原因。

先進国の餓死者の多くは痩せていません。
どちらかといえば太っています。
つまり、いくら体脂肪が多量にあってもそれで生きていけるという構造に
人体はなっていないのです。
冬眠習慣のある哺乳類と同様に考えるなんてもってのほか。
熊じゃないんですからねーー;

それに長く飢えが続くとカラダは余計に体脂肪燃焼を躊躇するようになります。
ここで使い切ったら死ぬと命の危機回避を考えるからです。
だから筋肉を真っ先に減らしていきます。

結果として体重は減ったにもかかわらず、筋肉ばかりを大量に失い、
体脂肪はさほど減らずなんてことになるんですよ。

これが究極の間違ったダイエット方法です。
実におろかな行為ですが、深く考えず体重のことばかりにとらわれる人は
平気で愚行を繰り返します。

ファスティングという断食することでダイエット、健康を考えるものがありますが、
この考えでいくならば、体重が減ったとしてもそれは体脂肪ではなく水分や老廃物と
いうことになります。
食べ過ぎてしまった翌日の胃を休める、節制として取り入れるのはアリでしょうけど、
ファスティングを繰り返したとしても絶対にきれいに痩せられないということは確実です。

つぎに水断ち。

競技選手が減量の追い込みで水分摂取を極端に控えるというのはよくある話。
しかし、日常で水断ちなんて絶対に彼らはしません。
危険な行為という認識があるからです。
それとあわせて、それで痩せても体脂肪が減るわけじゃないと理解しているから。

カラダは1%の水分を失うと喉の乾きに加えて運動能力が低下します。
3%を失うと体の機能障害が発生。
代謝が低下するとともに、血液がどろどろなり心不全の危機に@@;

冒頭でのべたAさんのダイエットはとても危険な行為なのです^^;
そして水断ち生活を続けると日に日に体重は落ちなくなります。
それも生命維持のため。

ボクサーが水断ちをして汗を出して体重を落とそうと努力しても
末期の減量期に突入すれば本当にすずめの涙程度の汗しかでません。
ボクサーの減量のつらいところです。

痩せようと思って、サウナで汗をかいても体脂肪燃焼効果は…。


というわけで、

汗をかいて痩せるというのも考えもの。
間違った認識で汗をかくのだけはやめましょうね^^;

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

ダイエットに向かない人

世の中にはダイエットに向かない人もいます。

どんな人かって?

あげたらきりがないですよ(笑)

ここでいう向かない人っていうのは性格に依存するものが大きいので、
身体的特徴によるものではありません。

ざっくりいえば、

①努力を感じられない人
②自分がかわいくて仕方ない人
③他人の存在を軽くみる人
④自己中な人
⑤無神経な人

私がざっと思いついたのはこの手のタイプ。
冷静に考えれば誰だって「ああ、そうだよね^^;」って納得する項目でしょ。

端的に言えば、

友達づくりには不向きな人です。

太っている人は繊細とかいいますけど、
ぜんぜんそんなことはない。むしろ逆です。
ちょっとしたことで傷ついたり、痛みを感じたりするのは誰だって一緒。
体型なんて関係ないんです。
太っている人はその理由が自分がかわいい、傷つきたくない思いが人一倍強くて
チキンなだけ。それが体型に出ています。
まわりのことなんてどうでもいいと思うから、そういう体型でもいても平気でこれたわけです。

努力をしない、苦労をしたくない。
他者を馬鹿にしたり、見下す内弁慶的性格。
それが体型にあらわれています。

ダイエット始める理由も自分がそう思ったからと素直に認めず、
まわりのせいにして始めようとします。
そのほうが、自分がかっこいい、正当性があると主張できるから。

「俺はダイエット必要ないと思ってんだけどさ~、医者からさ~」

とか私の身近にもいますよ、こういう風に平気でいえる人間。
他者の配慮や思いやりに気がつかないんですよねーー;
何かあると人のせいにしちゃうの。
そのくせ自分がまっとうな人間だと強く思い込んでいるから困ったものです。
視野が狭いというか世界が狭い。子どものまま大人になったというようなタイプ。
苦労を知らないお坊ちゃんというべきか。

ちょっとでも体重が減ろうならこれみよがしに周囲に頑張りをアピール、
そして自分はすごいというような話し方。

で、ちょっとでもうまくいかなくなるとすぐやめる。
もって2ヶ月程度。

「ダイエットは?」とたずねると「俺は好きなものを好きなだけ食べるんだ。」
と開き直って逆ギレと。

あ、

断っておきますが、このブログ読者さんがそういう人間だとはいっていないですよ。
そういう人間ならこんなブログ見たいと思わないでしょう(笑)

この手の方は短気な場合が多いのでカッとなってそういうコメント残すか、
すぐページかえるかどちらかだと思います。


では、こういうダイエットに不向きな方が痩せるにはどうすればいいか。

結論、

ムリです。

短命を運命とあきらめて人生を謳歌してくださいとしか言いようがありません。
本格的に病気になって苦しむとき、まわりをどうぞ呪って少しでも気分を楽にできるといいですね。

自分の人生です。
最後まで自己責任でいきましょう。

体型を変えられる人間というのは環境のほか、性格的要素も多分にあります。
ダイエットが難しいのではなく、性根を入れ替えるのが難しいから、うまくいかない。

「自分はそんな人間じゃない」と思ってしまう人が殆どだと思いますが、
そう思える時点で人間として未熟。
どんな人間だって上記ほどでないにせよ、負の部分を抱えて生きているのです。
そういう自分を認め、それを律する精神力を持ち続けることができる人だけが
キレイに痩せる素質があると私は感じます。

実は人間みんなダイエットには向かない
性格の持ち主なのです^^


苦しいこと、つらいこと好んでしたいと思う人なんていません。
でも頑張る人はそこでも頑張る。それだけの話。

女性が幸せな結婚生活を送りたいと願うなら、
マッチョといわれるような体型の持ち主と結婚するのが一番近道のような気がします。
ただし、20代後半以降の男性を選んでね^^;
若い年齢だと学生時代スポーツしていたらその影響が20代半ばでも影響して、
本物と見分けがつきにくいから。
20代後半にもなると過去にスポーツしていたとか関係なく、節制ができない人は情けない体型に
なっていきます。お勧めはアラサー男性で標準体重内筋肉質な体型を維持している人。

きっと幸せにしてくれると思います^^

あ、

ただし女性に興味がない男性の可能性も十分ありますので、あしからず(笑)

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

世の中には合う合わない以前の人もいる

今日は筋トレは休養。

そろそろお腹周りなんとかせねばということで、
ちょっと体重の調整をしています。

本気でビリーをすると滝のような汗がでます^^;
それだけ糖質や体脂肪を使っているってことです。

汗は体温の調整で出るものですけど、
糖質をエネルギーとして使うと
それに結びついた水分が汗として老廃物と一緒にでていきます。

だから筋トレを頑張る人は主なエネルギーを糖質に依存するので、
結果として短時間でも汗はかくものです^^

これだけ汗が出るってことは血中の糖質量は十分すぎるほどあったってことですね^^;
カラダの中の糖質が減るとガクンと体重は落ちます。
むくみの解消です。

水分摂取量を意識していない状態で運動して「いい汗かいたな~^^」って
毎回たくさんの汗をかいて喜んでいる方。
それって、ダイエットをしているなら毎回の食事から摂取する糖質量が十分ってことの裏返し。
いってしまえば、汗をかいても体脂肪は減りにくい状況になっているってことです。

摂取した糖質を消費⇒また糖質摂取⇒… = 体脂肪燃焼の非効率化

ダイエットを考えない筋トレならこの環境は肥大を目指す上で最高のコンディションです。
が、痩せたいというなら話は別。

糖質の量が不足すると今度は運動しても汗が出づらいくなる。
そうなると体温調整が難しくなってカラダに悪いですから、水分を多くとるようにする。
そこまでいくと体脂肪の燃焼から糖質を作り出そうとカラダは頑張るので、
体脂肪の減りがよくなります。
その状態での運動はキツイですけどねーー;

同じ汗の量でも、もとをたどるとカラダの状態によって、
だいぶその意味合いが違ってくるものです。
糖質分解によるものなのか、水分摂取量が多い結果の体温調整なのか。

人間のカラダってやつはホント面白い。
少なくとも運動して飯をガツガツ、酒をガブガブ飲んでいる輩は、
血中の糖質量が多い結果によるものでしょう。

そういう方って「運動して汗もたくさんかいているのに体重落ちないーー;」って
言ってたりしますが、それは当たり前なんですよ^^;

食の管理がだらしないと運動効果半減です。
ご飯は1食茶碗1膳(150g~180g)まで。お菓子はNG。
麺類は1人前以上の量をとらない。大盛り禁止。
食べ物が美味しそうな飲食店の前を通るのは避ける(笑)

そんだけ努力してもなかなか体脂肪は減りません。
日々の小さな積み重ねで体脂肪を減らしていく(--)(__)

100kg以上の体型から引き締まった痩せ方を目指すなら
1年くらいこういう生活をするのも仕方なし。
太った原因は自分の長年の不摂生が原因でしょ。
だったら不平不満をもらさず、やることしないとね。


そういう管理人の現在の体重は76kg。
2日間で糖質大量消費が原因で2kgくらい落ちました。
殆どが水分。むくみの解消にはなったので見た目はちょっとすっきりできたかな^^

あんまり太りすぎるとあとが大変だもんね><
そこは気をつけてます^^


さて、

前半は雑学的な内容でしたが、
後半は仕事のこと。

う~ん、やっぱりイライラしてしまうーー;
何にイライラするかって職務をまっとうしない姿勢で仕事されること。

出向元は会社が違うので、他人事といえば他人事です。
むしろ職務怠慢をしてくれるほうがこちらとしてはライバル会社にあたるので
喜ばしいことなのかもしれない。

けど、

お客様が近くにいるのにヘラヘラと笑って従業員同士でしゃべっている状況は
こちらのテンションも下がるし、お客様もいい気はしないでしょうーー;

自分の担当する売り場に立ち止まってくれているお客様に無駄話に夢中で
気がつくのが遅いなんて論外。小売店ならレジ前でお客様をお待たせしているのと同義。
サービス業をなめているとしか思えません。

別に終始臨戦態勢でいろって意味ではないんです。
「暇だから」って環境に甘んじて向上意識のない仕事姿勢でいることに同業者として
嫌悪感を持ってしまうということ。
それを近くでやられると、お客様は私も含め「この売り場の人たち」って認識になってしまう。
真面目に接客している人間にとって迷惑以外のなにものでもない。

あっちにいってはしゃべって、こっちにいってはまたしゃべって…
無駄話ばかり。それでヘラヘラと笑っている。

ないでしょーー;

それなりのお給料をいただいていると思うと、尚更…ね^^;
普通のサラリーマンがこの光景をみたら「は?」って思うでしょうねーー;
現に私がそうですし…

でもね、初めからこういう姿勢ではなかったと思うんです。
入社してしばらく新人と呼ばれる時期は私同様に熱意をもって仕事をしていたと思います。

今まで指導する立場の人間がよくなかったこと、環境に甘んじてきた結果の今なのでしょうーー;
私はこうなりたくはありません。初動教育っていうのは大切なんだとあらためて思います。

ミステリーショッパーっていう方たちが店舗を覆面顧客としてまわって、
従業員の仕事ぶりをチェックする制度があります。
雇用の見直し対象にならなければいいのですが…。

なったとしても自業自得であると感じるので私は知らん顔でいきますけどね(笑)

サービス業とはお客様との真剣勝負です。
そういう気持ちで働かない人間は淘汰されていきます。

幸いなことに私の直属の上司は厳しい方なので、そういう面では恵まれています。
人間は厳しい環境に身をおかないと成長はしません。

「ピンチはチャンスだ。ありがとう!」

って気持ちでいられるくらいの人間でありたいですね^^

皆さんの周りにも似たような職務怠慢タイプがいるかもしれませんが、
その方と自分を比較してしまいイライラしたりしても、あなたにとってマイナスです。

なるべくかかわらないこと。
必要以上に言葉を交わさないこと。

これに限ります。
向上心のないヤツとムリして付き合うこともありません。
できる範囲でほっときましょう。

私はそういう人間です^^
熱意のある方には、どんなにダメダメだとしてもできる範囲で応援しますが、
それがなくてダメダメなら手は差し伸べません。

私のそういうオーラを感じていらっしゃるのか、
私にだけは絶対に話しかけてこない不思議(笑)
ありがたいことです^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

筋肉と意識

不要な体脂肪をとりのぞき、筋肉質で引き締まった体になりたい。

そういうダイエット後の体型を目指している方がこのブログの読者様の大半でしょう。
同じ理想を求めて頑張る同志さん。類は友を呼ぶ。そういう感じなのかな^^

カラダは努力の積み重ねで作り上げていくものです。
私もそうですし、皆さんも筋肉質な体型を目指すならそういう生活になっていきます。
理想を追いかけて頑張ってれば、自然とそうなっていくもんです。

「頑張る」とは継続することもそうなんですけど、知識や意識もそうあるべきだと
私は思っています。これも自然とそうなっていくというべきか(・へ・)

私は筋トレや栄養学の参考書をダイエットを始めてから少しずつ買い始め、
今では20冊以上所持。
寝る前にそういうの読んだり、マッチョな体型モデルさんを目に焼き付けて
寝ております。脳内筋肉とマッチョでいっぱいです(笑)

人は好きなことには熱意をもってのぞめます。
筋肉のことを好きになれば、こういう生活になっていくかと。
自分自身が楽しく体型を変える気持ちをもてなければ、
厳しい運動や食事管理は乗り越えられません。
体型をかえること理由を外に結びつけず、自分の意思で行っているという
認識を持つこと。

これが大切。

「男としてかっこよくありたい」「女として美しくありたい」って気持ちを
持ち続けて、それが自然体になるようなライフワークになれるといいですね^^

管理人はそれが当たり前の生活になっております。
私の生活をストイックという方もいますが、そんなことはないッスよ^^;
好きでしていることだから、それが苦労と感じることはないです。

こういう例えが適切かどうかは微妙ですが、
管理人にとって運動や筋トレはジョーク行為と同じ。
適度にしないとウズウズするw

皆さんはどうでしょう。
運動を自慰レベルの位置までもってこれてます(??)

相変わらずのシモネタ表現ですが、それくらいの気構えで運動を行えるようになると
体型も劇的に変わっていくと思います^^


まあ、そんな話は置いといて、

筋肉は順調に育ってますでしょうか?^^
このブログの読者様は運動ダイエットを頑張っている方がメインだと思っているので、
勝手に筋トレしているものだと思ってます(笑)

ダイエット中は肥大はなかなかに難しいですけど、
筋トレをしていれば肥大はせずとも内部で質的変化は起こります。

ダイエット後の1ヶ月はプチリバウンドとともに今までの努力の積み重ねの結果、
増えた筋肉をつくる細胞核の影響で筋肉質なカラダへ変貌を遂げます。
これは私の経験からの話^^
栄養を十分与えることができるので、カラダのメンテナンスが進行するんです。
細マッチョ体型と自分で言えるくらいには到達します。
そこから更なるマッチョを目指すか、維持に努めるかはあなた次第です^^

で、

筋肉を育てるには筋トレしかないですが、
変化の実感は持てていますか?

人によっては頑張っているのに効果の実感が持てないという方もいます。
理由は人それぞれあるとして、栄養面がしっかりしてそれならば、
筋トレ方法に問題がある可能性が高い。

筋トレしているのに疲労を筋肉からあまり感じない。
追い込んだつもりなのに翌日になっても鍛えた部位が普通に筋トレできそうというのは、
筋肉への刺激が足りていないことと同義です。

大きくいえばフォームの問題。
細かくいうなら意識の問題です。

運動をすれば筋肉が働くのは誰もが知っていることですが、
骨や関節だって力を発揮しております。

筋肉を動かしている意識が欠ければ、同じ動作にもかかわらず、
刺激が分散してしまう。
ひとつひとつの部位に与えるダメージが小さくなるから、
筋肉が疲労しにくい。

で、回数こなしたらそれで満足しちゃうのよねーー;

それじゃマッチョになんてなれないッスよ@@;

筋トレは関節で行うものじゃない。
筋肉で行うものなんです。
骨の疲労を筋肉の疲労と勘違いしないでください。

遅くても回数こなせなくても重量が軽くてもいいから、
動かしている部分、刺激している部位を意識して「筋肉が動いている」って実感をもって
行ってみてください。

意識改革です。

これをはじめにマスターしておくとマッチョが加速します。

そういう管理人がこの意識が持てるようになったのは、
実は遅め^^;
筋トレはじめてからしばらくたってから。
それまでは見よう見まねでビリーしていた感じ。
だから筋トレってよりも有酸素運動要素が強くなっていましたーー;
筋トレの動きを真似た有酸素運動でしかなかった。

意識を持てるようになってからかな。
筋肉に効かせている実感が持てるようになったのは。

同じ内容プログラムなのに意識1つで運動効果が違ってくる。
不思議ですよね(--)

皆さんはどうですか。

筋肉に効かせるとは重たい重量や回数をこなすことじゃない。
しっかりと筋肉に刺激を与える意識をもって筋肉を追い込むこと。
これが肥大の極意です。
だから、低重量の負荷でしか筋トレをしていない管理人でも
マッチョに近づけた。


自分を実験台にして効果が出たことですから、
皆さんにも当てはまることだと思います。

筋トレの意識改革を目指しましょう。

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

草食系

筋肉を鍛える場合、刺激を定期的にかえる、つまり、
同じ種目のメニューで鍛えるよりも定期的に他の動作で
同部位を鍛えたほうが筋肉が刺激に敏感に反応し、
結果がカラダにあらわれやすいといわれています。

たとえば、胸の筋肉を鍛えるにしてもプレス系(腕立て伏せ)を毎回というわけではなく、
フライ系(両腕を広げて胸筋を伸縮)を取り入れてみるとか(・へ・)

TS3V15080001.jpgTS3V15060001.jpg

筋肉づくりは工夫の繰り返しです。
仮に毎回腕立て伏せだけなら管理人の胸はもっと歪だったと思います^^

均整とは全体のバランス。
一部が特化、発達していても見た目はイマイチです。

かっこいいカラダを目指すなら部位の理想もイメージできると更にいいです。
理想のパーツの組み合わせが理想のカラダをつくっていきますからね^^

女性の胸を見てアレコレ想像するのも自由ですが、
カラダをかっこよくしたいと思うならそれ以上に男性のたくましい胸を
目の保養としてみれるくらいになりましょう^^
女性の体型を理想とする男性なら話は違いますけど(笑)

というより、大きく太った経験のある男性は自分の胸が女性化しているような時期を
経験しているはずですから、ご自身で手ブラで谷間をつくって遊んだ経験はあるのでは^^;
…私だけとは言わせないでくださいw
自慢じゃありませんが、私はブラをつけたら相当の谷間の持ち主でしたぞ(笑)

そんな私も今では女性の乳房ごっこでは遊べない胸となりました。
すっかりオスの胸と化しております^^


さて、

こんな感じで刺激の変化を意識した生活を皆さんは送っていますでしょうか。
筋トレだけではなく日常の刺激の変化は体型や脳の若さを維持するエッセンスです。

性欲なんかいい例です。

新しいエッチな動画を見るほうが刺激が強いので、
ジョーク行為の快楽度がアップしますし、余韻も長くなります。
そういう時って、男性ならば、なかなか元気な状態がおさまらないんですよね^^;

いつもながら下品なたとえで申し訳ありませんw
でもカラダの若さは性欲と強く結びつくものなので元気なことはいいことです^^

それで負担が多くなるようでは困ってしまいますが、
適度なストレスというのも大切です。緊張感がもてます(--)(__)

太っていった時期のことを思い出してみると、
毎日が同じような生活の繰り返しでした。

よく食べ、運動はせず、ストレスばかりがたまる仕事をこなす。
生きているのに「いっそ死にたい…」ってつぶやくくらいでしたからな^^
うつ病を疑われ、精神科に強制連行されたくらいです@@;
結果はノープロブレムでお医者さんの説教だけで終わりました(笑)

そんな人生歩んでいる人って結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
私は仕事を離れたことやダイエットがターニングポイントとなって
今はそこそこ人生を楽しんでおります。

仕事を変えたり、目標をもったり、新しいことに挑戦したり…

まだまだ若い、何でもできるという気持ちをもてるようになりました^^
心も体も灰色の20代の頃より若返っているんじゃないかなと感じます。

女性から話しかけられる機会も増えましたぞ!@@;
うん、ただそれだけです。
そこから何かが生まれるわけではない(笑)

「彼女がほしいの(T^T)」

っていうと職場の人や友人からは共通のことを言われます。

「つくる気がないからつくらないだけだろ」



……

………たしかに^^;

自分からもっとアプローチすればチャンスはあるかもしれないけど、
いろいろと言い訳を考えちゃうんです。
契約社員で雇用が安定していないから家庭をもてないとか、
いい歳だし次に付き合う人は結婚前提じゃないととか。

こういうのが「つくる気がない」って言われる原因のようです。
収入は自分だけで考えなくとも相手もいるわけだし、
30歳過ぎた男だからといって結婚しなきゃいけないって義務もない。
同じ収入、立場の人が彼女がいない、結婚していないってこともない。

気がつけば、うわべだけ彼女ほしいというだけで、
行動をしていない草食系男子に@@;

「肉食系女子はちょっとなあ~^^;」って職場でいったら、
「肉食系女子の何が悪いの?」ってお姉さま方に諭された次第ですーー;

50歳前後のお姉さま方と一緒に仕事をしているのですが、
仕事のことを含めいろいろと教えてくれます。
この前は女性の加齢に伴う胸のタルミ過程を図説つきでレクチャー受けてました^^;
「バストの筋肉は大事なのよ!」っていうくらいに。
女性の皆さん、日々のバスト維持ご苦労様です(--)

私のような恋愛無頓着は肉食系に拾ってもらったほうが
幸せになれるんじゃないかと言われる結果でございます。

ベースは悪くないから拾われる努力をしなさいという話です。
広われる努力っていってもなあ(ー◇ー;)

それができないなら自分が肉食系になれってことですが、
「ムリムリw」って言われます。

むむむ…

カラダだって男らしくなったんだから、性格だって!><





………









皆さんがおっしゃるようにムリっぽいorz

認めますよ、ヘタレですよ(T^T)
「付き合ってください!」⇒「ごめんなさい!」を引きずるタイプですーー;

カラダのことをあれこれ語れる管理人ですが、
恋愛関係の話は苦手でございます^^;

ここも修行しないとですね(笑)

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

お腹の正しい認識

お腹周りをなんとかしたいという方、多いと思います^^;

でも「なんとか」って皆さんどれくらいのレベルをいっているのでしょう(??)

TS3V15390001.jpgTS3V15210001.jpg

たとえばこの記録写真。
このときで体重は71~72kg程度。
BMIでいうと男性標準22を若干下回っています。

正面画像をみるとわかりますが、
背中の無駄のない筋肉質な体つきにたいして、
お腹周りには体脂肪がのっています。

正面からみるとウエストがくびれているので、
お腹が出ていないと思う方もいらっしゃるかもですが、

TS3V14860001.jpgTS3V13600001.jpg


この通り。
まったくの平らというわけではありません。
筋トレを2年間それなりにこなしている管理人でも
お腹周りには体脂肪がのっています。

お腹周りは1日の活動で極端に変化する部位です。

TS3V15140001.jpg

胃が空の状態なら上のように腹筋の凸凹をクッキリとだすこともできますし、

TS3V13730001.jpg

胃に食べ物と水分が満ちれば、お腹周りは巨大化して太ってみえます。

体は1日で常に一定の状態を保っているわけではないのです。
その人の活動内容によって短期的にも大きく変化します。

パンプアップした筋トレ直後ならば、カラダは水分で膨らみマッチョ化しますし^^;

ちなみに私の71~72kg時は、
ご家庭にある体重計の体脂肪率で夜測定11~12%と表示されたりします。
いつもは朝の計測なのでそれより数値が多い15%前後です。

こんなもんなんですよ、人のお腹というのは^^
どんなにマッチョな人でも浮き沈みの激しい部位なのです。

それを理解していないと、
モデルさんの空腹時のお腹周りやパンプアップされた腹筋をみて、
自分と比較し「ぜんぜんダメだ~orz」と嘆くことに。

画像は、ポーズやその時の状態によって変化するもの。
一般的な筋トレ雑誌に出ているモデルさんだって、リアルではお腹は1日の中で
絶えず変化しています。

かっこいい状態だけをみて、自分のお腹を悲観しないこと。
人間多かれ少なかれお腹がでているのが普通なんですよ。

それがどうしてもイヤだというなら、
体脂肪率をインピーダンス方式に惑わされないもので、
カラダをマッチョ化して1桁の5%前後にすることです。

ようはシーズン期のボディービルダー体型になれってこと(笑)

彼らの生活を知って、それができますか。
私には遠い世界の方たちなので管理人は憧れはしますけど、
そうなりたいとは今のところ思ってないです^^;

どちらかといえば、筋肉質で体脂肪もあるレスラー体型のほうがあこがれます。
強さの象徴的体つきですからな^^

まずは標準体型に持っていって、
私のいう真実を体感することです(--)(__)

人間の体のことを知ると納得できることも増えます。
ダイエットの知識以外にも学べると幅が広がっていいと私は思います。

しかし、サービス精神本当に旺盛だな^^;
普通は負の部分は隠したがるのが人間心理というものです。
本当は私だって自分の体を実験台として見世物にするのはイヤなんです(笑)

そんな管理人の期待に応えてくれる思いのある人は、
ぜひダイエット成功させてください^^

1人でも多くの人が体型に向き合い、頑張って理想を追い求めるようになること。
それが私にとって一番ありがたいことです。

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

超回復の考え方

今日は全身筋トレしました。

月曜日にトレをしたから2日間の休養を挟んだことになります。
回復が早い部位といわれている腹筋が筋肉痛が抜けていない状態。
お腹のお肉なんとかしたくてちょいと頑張りすぎたかな^^;

トレーニングはサイクルで考えて行うと効率よく肥大が進むと広く認知されています。
たとえば、

①胸・背中の日⇒②脚の日⇒③腕の日⇒①胸・背中⇒…

というような感じですね^^
実際、このようにトレを組み立てている方も多くいらっしゃいます。
細かく部位を分けられるならば、1回のトレにかかる時間も短縮でき、
集中して鍛えられる分、追い込みも十分できるでしょう。

ですけど、

管理人のような立ち仕事、精神的負荷のかかるサービス業など
体力、メンタルの壁があり疲労レベルが日によって違うという方は、
いくら時間短縮ができるとはいえ、トレの日を週4日以上にするというのは
なかなかにハードルが高いものかと思います。

筋トレは体力もそうですけど、集中力を使います。
注意散漫な状態で筋トレをしても筋肉を十分刺激することはできません。

時間と労力の無駄遣いですーー;

無理をしないこと。

そのときの自分の状態を考え、できる範囲で行う。
これが継続のコツだと感じます。

1回のトレの時間は長くなりますが、管理人は全身の筋肉を刺激するトレを行っています。
それを週2回目標で。
疲労を感じるときは筋トレはしません。

筋トレを長く続けて思うことは、
筋肉の超回復は参考書通りにはいかないということ。

超回復には2~3日程度かかると多くの書籍には書かれています。

だけどね、

それは人それぞれだと思うーー;

今回の管理人の腹筋がいい例です。
教本には腹筋群は回復が早いので1日休養挟めばOKとか、毎日行っても問題なしとか
書かれたりしてますけど、しっかり追い込みをかければそんな短期間で疲労回復は
しませんよーー;

2日休養とっても、まだ腹筋に力をいれると痛いもの。

また、疲労がとれたとしても、超回復完了というわけではない。

たとえば転んで膝をすりむいて出血したとしましょう。
血小板の働きによってしばらくするとカサブタができて出血はとまりますよね。
じゃあ出血がとまったからといって、すぐにカサブタをとったらどうなるか。

筋肉の回復も同じことがいえます。
疲労が抜けたとしてすぐに筋トレをしても、行っていると短時間でへばってしまいます。
筋肉痛がとれたからOKってわけじゃない。

ここが初心者の方が陥りやすい落とし穴。

参考書をみると超回復終了後は前回よりも筋繊維が太くなっている状態だから、
その時に筋トレをしないと効果的ではないとグラフかなんかで解説されてたりします。

確かにその通りなんです。
けど、「痛みが引く=超回復完了ではない」ってことは理解しておかないと、
逆に筋肉のサイズダウンにつながりますよ^^;

短時間でへばるようなら超回復は終わってません。
すぐに筋トレをやめて、軽いストレッチ程度で終わらせましょう。

大丈夫です。

筋トレしてから1週間空いたとしても、パンプアップ状態までしっかり追い込んだ筋トレを
しているなら、前回よりも筋繊維は太くなっている状態になっています。
超回復の影響がでている範囲内です。

つまり、週1回の全身筋トレしかできなくとも、
継続できれば筋肉質に体は変化していきます^^

そう考えると月4回程度の筋トレでも十分カラダは変えられるということ。
むしろ同じ部位を週2回以上刺激したとしても、効果が劇的になるというものでもないのです。
週2回で若干プラス要素が強くなり、週3回以上でオーバーワーク。

こう理解できれば、間違った筋トレを行う方も減るかもですね^^

よくある話なんですけど、民間ジムで会費を支払って通っている方。
もとをとろうと思って足しげく通われる方も中にはいます。
頑張り屋さんですばらしいとは思いますが、そういう方はトレの部位を細分化して、
短時間で効率よく終わらせましょう。
間違っても、ダラダラと全身のワークアウトを行わないように^^;

時間があまったらプールでクールダウンがてらゆっくり泳ぐことをすると
筋肉には優しいと思います。

筋トレ直後にお風呂に入ってリラックスはやめましょう。
気持ちはわかるんですけどね^^;

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。