スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレ器具の歴史

1年というと、人によっては長くもあり、短くもありという感じでしょう。

経験上、基本にのっとりトレーニングに励めば体型への反映を誰でも目視で
実感できる期間でもあります。
大胸筋が発達し、腕が太くなり、腹筋の割れ目が見えてきて、
カラダがしまってくるようなイメージ。
男性ならば、30~40kgくらいは体脂肪を落としつつ体重を減らせます。

KC380054かい_convert_20120326144027 ⇒ TS3V00340001.jpg実証済^^


普通に生活していれば、歳を重ねるにつれて刺激も固定的となり、
日々の生活時間を早く感じるようになります。

つまり、「歳をとるのはあっという間」という表現は、
刺激に対して鈍感である現代人の感覚そのものなのです。

脳も同じことが言えますね。
何も考えないのは楽ですけど、おバカさんになっていきます。
頭のいいとか悪いとかの問題ではなく、社会人基礎力のほう。

「どうせ、私なんて…><」なんていう方、近くにいたら
お説教させていただきます(笑)
開き直りや考えることを放棄した発言は脳の退化ですから、カッコよくなりたいと思っているなら
そんな発言許しませんw

老いのスピードを緩める方法は、神経を鍛え、筋肉を鍛えること。
「脳に適度なストレスを与え、体を動かせ!」ってことです。

文武両道!

できる男はカラダも心もかっこいいものなのです^^
どちらか片方に秀でているなんてないと思います。
頭よくないと、カラダを効果的に鍛えることを自己分析できませんから。

狩りが上手にできるオスを目指してくださいね^^


さて、

今はジムでトレーニング、ダンベルやバーベルなどの器具を使ったトレーニングが
当たり前のように行われていますが、器具を使った筋力トレーニングの習慣は
いつ頃からあったと思います(??)

紀元前2500年のエジプトでは既に筋力トレーニングが行われていたと
記録にあるそうです。
どんなことをしていたんでしょうね?
ちょっと気になるところですが、道具をつかった筋力トレーニングの歴史をみると
古代ギリシアで「ハルテレス」っていうものだそうです。

このハルテレスは握り部分に少し窪みがあるおもりで、石や金属でできていたそうです。
重さ自体は5kg程度とそんな重いものではありませんけど、ダンベルのご先祖様という
存在です。

古代ギリシアの劇作家アリストファネスは、その著書「雲」の中で、
若者の理想的肉体像を筋肉質でまとめており、腹の出た体型を嘆いている一説が
あります。
ちなみに筋肉で発達したカラダには、小さなお○んちんのほうが似合うともいっています(笑)
カラダが大きくなれば、そこも相対的に小さく見えるからそういうのかなと以前の記事で
まとめた記憶がありますが、体を鍛えることにより精神も鍛え、本能ですぐ反応するなという
律する気持ちを述べたということも考えられますね(・へ・)

見解は人それぞれですが、もって生まれた個性ですから、
相手を妊娠させうる力があるなら、大きさ形なんて気にしないことです^^

5kgのおもりでも体型を見た目筋肉質に変えるには、
十分な重さといえます。
管理人の家トレもそれくらいのウエイトでしかトレしてません。

そう考えると、彫刻や絵などでしか記録に残っていない古代ギリシア人の筋肉質な体型の程度が
予想できてきますね。
細マッチョ的体型が古代ギリシアでは流行だったと考えられます。

で、そこから月日がながれ、ダンベルが登場したのは1840年こと。
フランスのトリエさんという方が重さ84kg固定のダンベルをつくったそうな。
重さ84kgのダンベルなんて実用的じゃないと思うかもしれませんけど、
需要があるからそれをつくったわけです。
本人、片手でこの重さのダンベルを扱っていたそうですよ@@;
すごいですね^^;
私なんかでは、一生ムリと思える片手ダンベルの重さでございます。

そして、ディスクチェンジ式のダンベルやバーベルが登場したのは1890年頃。
120年前くらいにようやく現在の方式が誕生したわけです。
歴史からすると浅いものですね。

ところで、

ダンベルと鉄アレイの違いって知ってます(??)

あらためて言われるとわからないって人多いかもしれませんね。
その違いは…

あ、


そうだ。

私、なんでも親切を心がけて、いろいろサービスサービスしておりますが、
ご自身で調べてみるという習慣は必要ですよね^^

私がブログで語っていることはあくまで参考程度。
これを自分の中に落とし込んで、自分なりにアレンジしてトレと向き合い
方法論をつくっていく。
それができないと、筋肉質に自分の体型をかえるなんて、
なかなか難しいと思われます。

ということで、今回は答えを述べません。
是非、ご自身で調べてみてください^^

知っていようと知っていまいと日常のトレには困らない豆知識程度のこと
なんで、気にならない方はそのままスルーで大丈夫ですw

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

生活とお金

今日は給料日でした。

給与明細は会社から送られてきたので、
事前に振り込まれる金額を確認していたのですが、
なんか額が多いような^^;

と思って、残業代のところみると、
私が思っていたより総支給額が多かったという@@;

時間外手当の計算て、所定内労働時間の1.○○倍って感じで、
あがることすっかり忘れてました。

そして、自分の給与明細をみて「社会保険料高!@@;」っと
感じておりましたw
給与の20%くらいもってかれてます。
収入の多い人はもっともっていかれているんでしょうねーー;
累進課税制度って、なんだかんだで税金面で平等に近づくいい制度だと感じます。

会社で働くのは久しぶりで、
「あ~、こんな感じだったなあ」と給与明細を見て思い出しました。

親友は手取りで月30万とかもらっているといっていたので、
それを基準にしたら差はありますけど、人は人、自分は自分だもんね^^

私は貧乏かもしれないけど、生活で困っているってこともありませんし、
今はこれで十分です^^
ちょっとづつ、貯金をためて独立の資金にまわせればと思っています。

ん~、といっても、

カードのリボの支払いがありますし、税金も給与から引かれるものとは別に
納めなきゃならんものもあります。

総合的に考えると、手取りの給与から月で5万くらいそっちの支払いに
当てていくので、貯金は相変わらずのペースになりそうです^^;

今年の貯金目標はあと半年で60万。
月でいうと10万円ペース。ちょっときついかな^^;
今の仕事は給与は悪くないのですが、契約社員という立場上、ボーナスはないのです。

月のお小遣いを昼食代込みで5万円と設定して、それを守っていけば、
10万円以上貯められる計算になりすが、そう上手くいかないのが私のダメなところですーー;

ストレス発散行動で外食のハシゴってのが、お金かかる原因の1つ。
美味しいものを食べるときが1番幸せと感じるのはもと○ブだから仕方ないかもしれないw

あとはちょろちょろ行っているパーラーかーー;
0.5円とか1円のレートでしか遊んでないけど、月で1~2万円くらい遊興費で
使っている計算になるな(・へ・)

でも、風俗通いやキャバ通いでストレス発散するよりマシでしょ(笑)

彼女ができれば、もっとお金かかるだろうしーー;
貯金て難しいものですよね。

結婚できたら、家計の手綱は嫁に譲ることにします。
私に任せたら一家が路頭に迷うでしょうw

毎月10万円ずつ貯金していけば、年間で120万円。
3年で360万円。独立支援制度を使わなくともフランチャイズ契約できる。

一番いいのはフランチャイズではなくて、自身の力で会社を興すことなんでしょうけど、
私はそっちの才能はないような気がします^^;
社長って柄でもないですし。嫁にその才能があれば、また考えます。

20代の頃は貯金て概念がなかったんですよ。
あればあったでみんな使っちゃうのw
もともとすずめの涙ほどの給与だったから、その表現が適切かはわかりませんけど(笑)

参考までに昔の給与明細を思い出すと、

月給22万円。
手取りで18万円。

そこから

家賃:57000円
通信費:12000円
光熱費:8000円
水道代:3000円
食費+遊興費:10万円

計18万円。

ってとこですか(・へ・)
家で自炊なんて殆どしないで、デリバリーか外食がメインでしたから、
食費がとんでもない金額になっとります。
あとは、アルバイトの子に日常的にご馳走したりもしてましたから、
遊興費はかかってましたね^^;

こんなダメダメな1人暮らしをしてました(笑)

そんな人間が今度は真面目に貯金に励もうとしているわけです。
ダイエットより厳しいかと@@;
脳内改造していかないと。自分は貧乏だって自覚をしっかりもたないとw

幸い、現在の収入はこの頃より期待がもてるものだし、
実家にいるため家賃も浮くし、外食が減るため食費も抑えられます。

よし! いける!!

…いけてほしいw

お金があるとこういうことで悩むことが少ないかもしれませんが、
一定の収入しかないと「あれをして、これをして…」って感じで
これはこれで楽しいものですね^^

う~む、それにしても、
あの労働環境で手取り18万ていうのはーー;
この中に、家賃補助も入っているんですよ@@;
更に転勤で地方に異動になったときなんて、手取り下がりましたーー;
地方は物価が違うとかなんとか。
確かに家賃は下がったけど、物価はむしろ東京より高かったわいw

うん、やめてよかった(笑)
上司、パワハラだったし。
毎日、腹をくだしてました。
異動した2ヶ月で心労と過労で、体重10kgくらい落ちました。
痔になったのもこの頃だったなーー;

今の会社が本当に天国に思えます。
この頃の労働環境に比べればどこでも天国かもしれませんけど(笑)

でも、この頃は「ここでしか生きていけないんだ」って強く思っていて、
それが当たり前だったから、他に選択肢なんて考えることがなかったんですよね。
一種のマインドコントロール状態にあったのかもしれません。
そこから開放してくれたのは当時の部長でした。
それがきっかけになり退職する決意をもてたのです。
結果として、今の自分があるので今でもとても感謝しております。

皆さんも、当時の私のように自分の置かれている立場や状況が続くものだと思って、
それを当たり前に感じているところはありませんか(??)

きっかけがなければ、それに気がつくことは難しいかもしれませんけど、
自分の選択で自分の将来がつくられていきます。

だからね、

今が絶対だと思わないでください。

変わろうと思えば変われますし、
そこから動こうとしなければ現状維持になるだけの話です。
そこがつらい環境だとしたら、ずっとつらいと感じないまま、
少しずつ体調や精神に影響が出てしまいます。

私のように転機があればいいのですけど…。

肉体改造を行う大前提は、

日々の充実です。

安定的収入があり、毎日が充実していて、
初めてできることなのです。

仕事や家庭環境が恵まれていないと、
成功するものも成功しません。

カッコよくなりたいと願うなら、
まずは自分の置かれている環境をもう一度見つめてみましょう。
仕事がきつい、家計が安定しないという日々なら、
そこからの脱却を最初に目指す。
その後にカラダをかえる努力をしても遅くはありません。

その条件で転職が必要というなら、それは私はしたほうがいいと感じます。
長生きしたいもんね^^

自分が思っているより、世界はとても広いものです。
小さくまとまらず、見る角度を変えてみましょう。
同じものでも、また違ってみえてくるものですよ。

それがいいものか、悪いものかは別ですけどね。

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

カルシウム摂ってる(??)

「筋トレをすると筋肉が大きくなって見た目にカッコよくなる」

上記は殆どの人が知っていることですね^^

だから腕立て伏せをしたり、腹筋をしたり、見よう見まねで筋トレを
多くの人が挑戦するわけです。

誰だって、1度や2度くらいモデルさんの体型にあこがれたり、
運動選手の引き締まった体型と自分のカラダを比較して「こうなりたい!」と
思ったりするでしょ。

でも、多くの人がそうなる前に挫折する。
それはメンドクサイ、キツイ、時間がない…など、
人それぞれありますが、いずれにしても全部、

言い訳です。

苦しい経験を1度でも体験したことある人、
例えば、学校にマラソン大会があって強制参加で、長距離を走らされたたりしていれば、
それが脳内に「走ることはイヤなこと」と強くインプットされて、呼吸があがって
息苦しくなることに強い抵抗を覚えることになります。
その延長に筋トレもあるわけです。

行ったことがある人はわかるとおり、筋トレは筋肉を酸欠状態にするから、
効果を実感するものであり、重たい、痛いという感覚以上に、苦しいということのほうが
強いのではないでしょうか。
それを何度も何度も繰り返していかないとあこがれる体型には届かない。
マラソン嫌いで運動習慣のない人はまず、筋トレしてもすぐ根をあげる部類に入るでしょう。
頑張って続けても大して見た目で変化がでないものなので尚更ですねーー;

何の運動もそうですけど、
それが習慣になるまでは相当の努力と苦労を必要とします。
それは、単純に脳の問題です。いやなことに対する意識改革は相当の時間がかかります。

カラダが慣れていないから運動が苦手というものではないのです。
脳がそう思っているから苦手なのです。

逆をいえば、下品な例えですけど、
初めてジョーク行為を行ったとき、その不思議でなんともいえない、気持ちいい感覚を知ったとき、
アホみたいに毎日のように時間を見つけてはそれを繰り返したりしませんでしたか^^;
私はそんな元気な子でしたw

苦しみも、快楽も脳によるもの。
紙一重なのです。

どちらも努力と期間を適切に設ければ克服できます。

だから、トレの導入期は肉体改造とあわせて脳内改造を目指してくださいね^^


さて、

突然ですが、

カルシウムとってますか(??)

筋トレするとたんぱく質は大事ってことはよく言われますけど、
カルシウムも大事なんですよ^^

筋トレをすればその種目で刺激がいく部位の筋肉は発達します。
胸の筋肉を鍛えれば平らな胸も…

TS3V07000001.jpgTS3V15880001.jpg

上の管理人の胸のように全体的に膨らんでいくわけです。
1年も鍛えれば、けっこういい感じに発達しますよ^^

ただし、筋肉を肥大させていく過程では、刺激のエネルギー量を次第に増やしていく必要があります。
簡単にいえば、扱うウエイトをあげることや反復回数(刺激の頻度)を増やすことです。

そのエネルギーはどこで発生するか。

それはいわずもがな筋肉です。
筋肉が大きくなるほど、一度に発揮できるエネルギーは理論上大きくなっていきます。
わかりやすくいうなら、腕が太い人はすごい力があるけど、腕の細い人はたいして力がなさそうって
ことです^^

ここまでは多くの人が理解して、筋肉の重要性を考え、たんぱく質を積極的に
摂取していることでしょう。
それとあわせて、糖質もとっているのかな^^
何度もブログで述べてますけど、大きく体脂肪がカラダに乗っかっていない方なら、
たんぱく質を筋肉に同化させるには糖質が必要となりますから、
体脂肪率が19%未満ならば、たとえダイエット中といえど筋トレ前後のエネルギー補給として
糖質はとるべきだというのが私の経験上の見解。
たんぱく質だけだと、すぐへばっちゃうもんね^^;

しかし、筋トレで傷つくのは何も筋肉だけではないんですよ。

もダメージをうけます。

ここポイントです。
普段の食事でカルシウムを意識して摂ってトレーニングしている方ってどれくらい
いらっしゃるんだろう(??)

筋トレすると骨も成長します。
成長するというよりしっかりするというべきか。
頑丈になるってことです。

いくら筋肉があっても、
骨がその筋肉のパワーに耐えうる骨密度がないと、大げさですけど、

「ボキッ」といきます。

筋トレで使っているのは筋肉だけではなく、
骨も酷使していると覚えておいてください。

ちょっとスポーツを例にして考えてみましょうか。

Q.以下のスポーツで1番骨密度が高くなっていくスポーツはどれでしょう?

1.ウエイトリフティング
2.水泳
3.マラソン

って、答えをもういっているようなものですが(笑)


正解は、


























1のウエイトリフティングです。

重いものを扱うスポーツは筋肉とあわせて、骨にも刺激がいきます。
適切な栄養摂取を心がけることにより、筋肉の肥大と平行して骨の骨密度も上がる結果、
筋肉にみあったパフォーマンスが発揮されるということです。

格闘技をしている人がサンドバッグを蹴ってキックの練習している風景みますけど、
あれは、神経系の発達のほか、硬いものに骨をぶつけることにより骨の内部を刺激。
骨密度をあげて、筋肉本来の力を発揮するって側面もあるんです。
格闘技する人は骨密度がとても高いのですよ^^

筋肉と骨の発達はセットで考える。


では、水泳とマラソン、どちらが骨密度があがるスポーツだと思います?^^
水泳選手をみると引き締まった体に割れた腹筋、あこがれてしまうような体型ですけど、
骨の発達を考えるとマラソンのほうが期待値が高いのです。

水泳選手の筋肉は確かに発達してますけど、
地上では筋肉量にみあった力が陸トレもしっかり行っていないと発揮できないと思います。
水には浮力があり、関節や骨へのダメージが小さくなります。
結果、筋肉は発達しますけど、骨密度はそれに伴わないのです。

マラソンは「走る」動作で脚の骨に刺激がいきます。

筋肉と骨はセットですから、両方が発達して本来の力が発揮されます。

ボディービル選手の筋肉を「見た目だけ」とかいう人も未だにいますけど、
それは競技で動かすことを前提とする話です。
単純に筋肉本来のパワーを発揮すると考えるなら、ボディービル選手の筋肉は
骨密度も高くパフォーマンスは非常に優秀といえます。
この観点からいえば、水泳選手の筋肉こそ「見た目だけ」ということになりますね@@;

ということで、

筋肉を大きくして、カッコよくなりたい、痩せた体になりたいと願う皆さん。
たんぱく質とあわせて、しっかりカルシウム、それと吸収をサポートするビタミンDを
とってください。

私が皮余り目立つことなく筋肉質なカラダに仕上がっていったのは、
毎日のように、

TS3V0008縺九>_convert_20120327195501

ヨーグルトたくさん食べてたのも要因と思われます^^
食事はとても大事なのです(--)(__)

カルシウムしっかりとって、毎日を健康的に過ごしましょう><b

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

筋トレ再開!!

週末も元気に半日労働しておりました(笑)

シフト上では18~19時まで7~8時間労働なんですけど、
締め作業していてもお客様がいらっしゃったらそっち優先になるので、
時間通りにあがれるなんて稀でございますorz

今月の残業時間は既に20時間以上。
以前の会社は残業にたいして、緩和な姿勢(無給だったしw)でしたが、
今の会社は残業をなるべくならしないというスタンスをとっています。

うちの会社では月残業30時間未満が理想とされています。
リーチかかってきたよ@@;
これを超えると上司に迷惑かかるので、超えないよう努力します^^;

しかし、大きな会社って労働基準を守る姿勢が強いです。
今まで働いてきた会社とは全然違う。

いろいろ勉強になってますφ(・・)

筋トレして肉体的カッコよさを求めるのもいいですけど、
仕事で自分の成長を見つけるのも1つのカッコよさの基準だと思います^^


さて、

仕事もだいぶ慣れてきたし、ボチボチと筋トレ再開することにしました。
3週間ぶりにビリーしたら、だいぶカラダがなまってました^^;
今は軽めの負荷で徐々にカラダをならしていってます。
負荷軽いから3日連続ビリーしてたりしますw

ダイエットの再開はもうちょっと先になりそうです。
仕事で立ちっぱなしなのと、精神的疲れも多くでているので、
今はしっかり食わせてくださいw

参考までに昨日のスケジュールは、

6:30  起床+プロテイン20g
7:00  筋トレ+プロテイン20g
8:30  風呂+余力があったからジョーク行為(笑)
10:00 仕事開始
14:00 昼食(800kcal~1200kcal)
22:00 終業
23:00 夕食(1500kcal~)
25:00 就寝


いろいろとツッコミどころが満載ですw
仕事の段取りが悪くて、定時にあがれないところがイタイですーー;
平日はお客様の数も少ないので、20時~21時で仕事を終らせることができます。
それでも残業時間に食い込んでますorz

朝食はプロテインで済ませてますねーー;
本来ならば、ここをしっかり食べたいところですが、
今は朝のトレーニングとなっているので、ゆっくり食べてる余裕ないし、
昼食との間が少ないので、ここで食べちゃうと夕方あたりでお腹が減っちゃう@@;

ジョーク行為は寝る前が理想ですけど、
疲れきって、やる気ナシw 
筋トレ後はカラダが活性しているので、余力があればここでしています^^
この後、仕事なのにねーー;

定期的射精は健康面でプラスに作用しますし、
将来の明るい家族計画のためにも頑張り続けます(笑)
 
夕食はもう仕方ないっス。
遅い時間だからといって食べないで、プロテインなどの栄養補助食品で代替してしまうと
栄養失調で倒れちゃいます。
太る覚悟でしっかり食べてます^^
運動再開したからこれ以上体脂肪が増えるってことはないとは思うんですけどねw



生活リズムは人それぞれです。
いい面もあれば、悪い面もあることでしょう。
それを大きく変えることは、社会で働く人には難しいものです。

だから、悪い面をどこかでカバーできるような生活習慣にするよう心がけることが
肉体改造の真実だと思います。
これがいい、あれがいいって言われても、全部そうするなんてムリなのが普通。
「それでも頑張る」って人だけ頑張ればいい。

理想に少しでも近づくって行動だけでも十分だと思う管理人です^^
現実、私はそうしてきたし、できる範囲でムリをしなかったから、継続して
体重を減らしつつ、筋肉質になれたんだと思います。

しかし、あれです。
体型の変化は日進月歩ですよね^^;

TS3V02760001.jpg

これ、去年の9月の私のカラダ。
体重は74kg程度で、画像からみる実際の体脂肪率は12%程度でしょうか。

今の体重は78kg程度なので、腹筋は埋没気味になってます。
落ち着いたらこれくらいまでとりあえず絞ろうかなと思います。
体重の変動は激しいですけど、筋肉量は去年より多くなっているはずですから、
私の場合、75kg程度を維持できると健康的かもしれませんね^^

もと○ブって、どんな体型になろうと、周りが認めてくれようと
なかなか自分の体型を肯定できない人が多いのかなと思います。
私なんかもコメントで「太ってないよ、大丈夫だよ」と言っていただいてますけど、
未だに体型に自信がもてません。

自分のことを好きになってほしいと思える相手から「大丈夫だよ^^」って
言ってもらえれば変わってくるのかな(??)
嫁がいる男性って体型気にしてない人多いのは、巣を確保できているという理由が
大きいんだろうなと感じる管理人です。きっと幸せと感じる環境にいるからなんでしょう。

私、孤独ですかね、そこらへん(T^T)
男として未熟というべきなんでしょう。

こんな私を好いてくれる女性との出会いってホントにあるのかな。
貯金なんて今殆ど使い果たしてしまったし、怖がりで臆病だし、言葉足らずで誤解されることもあるし、
オッサンになっていく年齢だし、スケベだしorz
家族を支えて守っていける自信を未だに持てないし。

そういうところを変えたくて、ダイエットしたり、夢をもって前向きに生きていこうと
思って今があるけど、こういう生き方だからこれから先つきあう人には負担をかけるでしょうーー;
傍で支えてくれる人がほしい、家庭をもちたいとは思うけど、もしかしたら、
私は仕事の遍歴と同じで、1人で生きる運命なのかもしれませんね。

あははorz

そんなことを考えていると凹むので、あまり考えないようにします(笑)
今日と明日は天気に恵まれませんが、休日です^^
何しようかな~♪

って、

疲れてるので、ゴロゴロしていたいというのが正直なところw
ダメですね、オッサンの考え方になっております^^;

明日が初の給料日なんですけど、転職で必要になったものの支払いが
あったりするのでけっこう飛びますorz
貯金すすまないなあーー;

ま、頑張るしかないか!

ポジティブにいこう、うん^^

とりあえず、美味しいものでも食べにいくことにします><b
…毎度、このパターンだなorz
痩せても太っても行動パターンはそうそうかわらないってことですね(笑)

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

非常に厳しい~!!@@;

え~と、

最近ブログが滞り気味ですが、
毎日仕事と戦っております^^;

常駐が1人店舗に配属になっているので、
実地研修でお世話になっていた店舗とは勝手が違い、
報告業務の分担もできません。

うちの会社は、レポートや定時報告、日報、就業の報告など、
作成するタスクがとても多いのですーー;

おかげで、19時あがりとなっていても20時過ぎるなんてザラ。
まだ入力や作成に慣れなくて21時過ぎに帰ってます@@;

残業代でるけど、あんまり残業しすぎると目をつけられるのよねーー;
なるべく残業はしないって方向になっているんですが、
だったら報告業務の数減らしてくれw

タスクも上司への報告なので大切なんですけど、
それ以上に目標の数値を結果として残すことが求められます。

契約数が低いとどんなに頑張っていても、頑張ってないとみなされる。
それが営業の世界。

そんな感じで、日々、営業マンとして勉強しております(笑)

でもね^^;

私の月の就業日数は19日~20日。
休みは月で10日くらいとれます。
1人店舗では社員が休むと契約数に影響します@@;
契約手続きができて、手伝ってくれる方は休みの日でもいるんですけど、
この方たちは私の会社の人間ではないので、受身の姿勢。
お客様がいらっしゃって、何かあれば接客する。
私の月間の店舗契約目標数値は関係ないところの仕事です。

…手伝っていただけるだけで、うれしいんですけど、
欲をいえばもう少し契約を勝ち取るスタンスで接客をしてもらえると
ありがたいorz

研修も月に3日くらいあるので、実質店舗で働く日は半月程度なんです。
その条件下で結果をださないといかん。

そう考えると、休日でもモヤモヤしちゃうーー;
休んでる余裕なんてないのになあと感じてしまう。
休日だろうと連絡のメールがわんさか来ます。

入社して間もない新人のペーペーが高難易度の店舗に配属になってしまった現実。
生きるって大変です^^;

自信なんてありません。
わからないこともまだまだ多い。

でも、


頑張る!!


これが私の生き様ってヤツです。
どんなに大変だろうと、あきらめないでできることを積み重ねていく。
こんなことで挫けていたら家族を守っていけるような大黒柱になんて
なれないもんね^^

お客様に満足していただくことを最優先に考えて
更なる精進を目指します><b

楽しくね♪^^

私の上司、仕事にストイックな人なので、
その方のもとで修行つめば一人前になるのも早い…はず(笑)

獅子はわが子を崖に突き落として、這い上がってきたものだけを
育てるといいますが、そんなタイプの方です@@;

という感じで、笑顔で明るくはきはきと、
「やってられるか、こんちきしょー(T^T)」って愚痴りながら
仕事しています^^



そんな私の環境の話はおいといて(笑)


今の職場はクールビズです。
ネクタイ不要で上はワイシャツ。
薄着です。


筋トレはお休み中だし、運動も通勤のためチャリで山越え往復1時間程度。
それなのに飯はガツガツ食べている。

結果、巨大化進行中。
今朝体重を量ったら、

体重:78.3kg
体脂肪率:19%

って数値でした。
数値上では標準範囲ギリギリです。
肉付きよくなりました(笑)

__.jpg

先日、アップした通り、今脱ぐとこんな感じになっています。
こんな体型がクールビズするとですね…

マッチョに見られます(笑)

「趣味はプロレスとか柔道?」「ごついですよね」とか言われるように
なってしまいました@@;

クールビズってワイシャツだとズボンの中にいれるでしょ。
そうなるとカラダのシルエットがシャツの下からくっきりでるわけでして。
カラダに厚みがあるのに顔は浮腫んでいなくて普通の大きさだと
そのギャップからそう思われるみたいです。

「腹がやばいなあーー;」とは思っていたんですけど^^;

筋トレを長期間にわたって継続していると、
やめたとしても筋肉の縮小スピードはゆっくりかつ、
筋トレ始める前の大きさに戻るなんてことは早々ありません。


つまり一度マッチョの域まで筋肉を発達させると、
運動やめてもマッチョ体型が土台となり、それがその人の標準的体型となります。

そこに体脂肪がのっかるわけですから、
ちょっと太っただけでも見た目と服への影響は大きいものになります。

予定では体重70kgくらいの細マッチョ系になっているはずだったんですけど、
転職で予定が大幅にくるいましたーー;
気がつけば、逆体型一直線とw

ま、しゃーないですw
腹の脂肪は鷲づかみできるくらいありますけど、
これはこれで男らしい体型ともいえます。

昨年はプールデビューしたので、今年は海デビューと考えていたのですが、
この体型で海いくとちょっと恥ずかしいかな^^;

家族がいれば、全然問題ないパパさん体型だと思うんですけどね^^

嫁も子どももいない片足オッサンの私にはまだこの体型に落ち着くには早いような気がしますw

男性体脂肪率20%程度になるとそれなりにご立派なお腹になるのは、
私のカラダみればわかるでしょ(笑)
まだ体幹を意識できているので、この程度のお腹の出方ですんでますけど、
運動もまともにしていない男性の体脂肪率20%はそうとうヤバイお腹の出方に
なっていると思われます^^;
腹筋の力もなく、猫背になっている男性ばかりですからな@@;

独身男性で嫁がほしいと思っている男性は、姿勢だけでも意識して、
腹を凹ましてみせることをお勧めします(笑)

あからさまに腹が出て見える30代男性が女性から好感をもたれるなんて
想像できませんからねーー;

そんな感じで日々老化とも戦っております^^

ま~た、とりとめない話になってしまいましたが、
夏場はこのまま見た目マッチョでいくか、減量して普通体型に戻るか。
なるようにしかならない現状でもありますが、体型は意識していきたいと思います。
春に買ったスーツたちを無駄にしたくないです(笑)

では、日ごろのストレス解消のため焼肉食べ放題でもいってきます><b
それでもって今日こそ筋トレをするのだ~!!
…もう3週間もしてませんw 

いい加減やらないと、やる気なくなっちゃう@@;
仕事を言い訳にして逃げるのは反則技だもんなあ。
忙しいのはみんな同じ、生きるのに一生懸命なのは誰だってそう。
かっこよくありたい、美しくなりたいと思うのは共通のもの。

だったら言い訳考えてないで、やるしかないでしょ!^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

フィジカルとスキル

「私、運動オンチなの^^;」

なんか漫画やアニメでメガネかけた女の子の設定にありそうなものですが(笑)、
運動オンチってどういうものなんでしょうね(??)

私は小6の時から中3までサッカーをしていまして、4年間のサッカー経験があります。
万年ベンチメンバーでしたが、それでもサッカーをしたことがない人たちと比べると
できる範囲に入ると思います。

体育の授業でもサッカーってありますけど、
そこで差が見られるんですよね。
野球がとても上手な人がサッカーも上手かというとそうでもないし。

この差は後天的学習要因にあります。

人の筋肉の割合は生まれたときの遺伝子によって、その割合が決められているので、
筋肉を刺激し、その繊維を太くすることでカバーはできます。
が、もともとその筋種の多い人と少ない人が同じトレーニングをしたとしたら、
前者のほうが発達が著しいわけです。

だからスポーツ選手はもって生まれた筋肉の質によって、
その潜在的力量が決定する面もあります。

筋肉の発達に具合だけに着目すると、努力で超えられない壁もあるってこと。
筋肉の美しさを競うボディービルなんかでは、もって生まれたフィジカルが強く影響します。
人によって、発達しやすい部位も違います(・へ・)

トレをして短期間でマッチョにかっこよくなれるような方は特殊なんですよーー;
普通の人は2~3年かかるフィジカルの変化が1年程度でなれてしまう。
うらやましい話です。

トレーニングを一生懸命行っているのに、なかなか肥大せずトレの方法に自信がない方。
焦ることはないです。半年から1年程度で筋肉で劇的変化が体型に表れているとするなら
それは才能です。
そういう方がいたとしたら、その努力を見習うだけにして、
自分のペースで正しくトレを頑張っていきましょう。

人にはそれぞれ個性があるってことです^^

ちょっと、話がそれましたが、
筋肉の質で運動能力のポテンシャルに違いがあるとしても、
技術がなければその力を十分に活かせません。

逆をいえば、フィジカルが不利でもテクニックを磨けば
それをカバーできてしまうことも多々あるよってことです。

何をしても運動オンチなんていう人は、本来存在しないんです。
技術がないだけで、そのテクニックを身に着けていけばそれができるようになる。

だから冒頭で例に出したメガネキャラに言いたい。

「お前の努力が足りないだけだろ!!
 気合いれろや!!」


なんてね(笑)

一卵性双生児を対象とした研究では、
筋力や持久力などのフィジカルな能力は遺伝的影響が見られるものの、
スキルの能力は学習要因の影響が大きいとされています。

昔、双子の兄弟の弟が不慮の事故でなくなり、残された兄が弟の夢を果たすために
素人に近い状態から努力を重ね、甲子園を目指す野球漫画が流行りましたが、
あの主人公設定は実に科学的データに基づいているといえます。
普通ならば、無茶苦茶な設定だと思うんですけど、「双子」って設定だから
それが可能なんです。
一卵性双生児は遺伝子的にも同じなので、そのスポーツに才能があったのなら、
努力次第で同じポテンシャルを発揮することもできるってわけです。
作者の方が当時から、そこまで知識があったかはわかりませんけどね^^

なお、スキルを伸ばすとするなら、小さい頃からその力を伸ばすことが理想です。
だから小6でサッカーを始めた私よりももっと早くからサッカーを始めた連中のほうが、
上手だったわけでw
フィジカルでは負けてませんでしたけどね^^

才能を伸ばすには英才教育をと考える人もいますが、それがスポーツにしろ、
カルチャーにせよ、スキルを伸ばすトレーニングという視点では、
間違いなさそうです。


なんて、自分で語ってきましたが、
自分に子どもができたらどうしようかな^^;

「この子にはこの才能がある」ってわかれば、それを磨かせたいのが親心。
でも、子どもがそれを好きになれない状態で続けさせるのはある種の虐待。
難しいですねーー;

やっぱり好きなことを思いっきりさせてあげるのが一番ですね。
テレビゲームはほどほどにw あと勉強はイヤでもしてもらわねばw

才能なくてもスキル的に習わせたい事が「書道」と「水泳」です。
字が汚くて苦労している自分の経験と、泳ぐ力は必要だと思います。
水泳と小、中の学習指導要領の範囲の勉強なら教えられそうかな^^

でも、保護者同伴が多くなる習い事はキツイですよね@@;
将来、自営業を始めるとしたなら尚更かもーー;

家庭、経済、子ども…

親はホント大変だと思いますorz

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

大人の都合

仕事をしていて、一番多い悩みは誰でも同じ。
「人間関係」です^^;

特に私なんかはスタンドアローンの経験のほうが多く、
同僚や上司との接し方がよくわからないこともあります。

昨日も先輩に教えを乞うたのですが、返ってきた返事がシンプルすぎて理解できないものだったので、
首をかしげていると「それは失礼な態度だ」とお叱りをうけました。
こちらが理解できないことだったとしても、相手は真面目にレスを返してくれているので、
その気持ちをくみ上げられなかったことは社会人として不勉強ということ。

…そんなのわからんし(T^T)
知りたかったのはそこじゃないしorz

こういうとき、自分の社会人基礎力の低さを感じます。
頭ではわかっているんですけど、それが相手が納得するように上手く表現できないんですよね。

私の場合、気持ちが表情に出やすいとも指摘されました。
自覚はなかったんですけど、そう思われるのならきっとそうなんでしょうーー;
納得できないこと、腑に落ちないこと、苦手なことがあると顔にでるらしい。
「素直だよね」といわれましたね^^;

社会で生きていくため、良好な人間関係を維持するには、そういうのは障害でしかない。
面従腹背とはいいませんが、この業界の人間は表は笑顔でも心の中は人を影でバカにするような考えを
普通にもって生きている連中も多いとのこと。

そんな中、生きていくには一生懸命頑張る姿勢も大切だけど、
そういう方々と上手く付き合っていく処世術をみにつけないと、
これから先、上を目指すとき苦労するよとアドバイスを受けました。

「汚れろ」ってことなんでしょうねーー;

私は人を信じる立場、いわば性善説の考えで他者を信用し、つきあい、生きています。
これは教育者の考え独特のものかもしれません。
子どもは大人ほど考え方が深くないというか、態度はそれぞれだけど素直な部分が多いから、
そういう環境にながくいると自然と自分も素直に育つものです。

まっとうな先生って裏表がないいい人ばかりなんですよ^^
…騙されやすいともいえますがーー;

教育世界と一般社会でこうも隔たりがあるものなのか。
と、最近その違いに戸惑いを多く感じます。
世間知らずなお坊ちゃんっというのが現状の私。

保身的で、徒党を組みたがる連中も多く、派閥みたいなものも発生する。
上司の様子を見ているとそれらが垣間見えます。
それが社会で生きる大人の世界。
この荒波の中で生き抜くのは大変です。
そんな中、家族を支えるため頑張っている皆さんは本当にすごいと思います。

1年後、2年後、この先も自分がここにいたとしたら、
どういう自分になっているのかな。

イヤだと思うことも笑顔で行える人間になっているんだろうか(--)
ジイさんに「社会でもっと経験を積め」といわれた意味わかってきました。

素直さや謙虚さ、優しさだけでは生きていけない。

強くなるしかないです、いろいろと。

今の弱さが逆にお客様と接しているとき、強い武器になっているようなんですけどね^^;
好意的心象をお客様に自然と与えていると先輩に言われました。

30歳すぎてからこんなことで今更悩んでいるという人は少ないかもしれません。
20代のとき、もっとしっかりとした会社で経験つんでいれば今感じるような苦労は少なかったかも。

まだしばらくは日々悶々としそうです。

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

「脂肪」の考え方

突然ですが、問題です。


体重80kg体脂肪率20%の人のカラダにある
脂肪組織は約何kgでしょうか?^^


A.16kg
B.20kg
C.12.8kg


3…








2…










1…







正解は…
























B.20kgです。


16kgと考えた人も多いかと思います。
でも生理学上の正しい定義は「体脂肪=脂肪組織」ではなく、
「体脂肪=中性脂肪(脂肪組織中の中性脂肪)」となっております。

わかりやすくいうと今回の例でいうと、

体重80kg×0.2(20%)=16kg(体脂肪)

脂肪組織には20%の水分が含まれ、残り80%が体脂肪ですので、
脂肪組織量は体脂肪量16kg80%で20kgとなります。

16kg÷0.8(80%)=20kg(脂肪組織量)

つまり、筋肉と同じく体脂肪も水分が結びついてカラダの中に存在しているので、
カラダについている脂肪1kg減らすには体脂肪0.8kg分のカロリー消費をすれば
いいってことです。


脂肪で体重1kg落としたかったら約7200kcal消費すればいいよって話。
9000kcal消費しないとカラダについている脂肪組織1kg落ちないって思っている人も
多いようです。

ちなみに脳細胞や神経細胞も多くは脂質でできていますが、
この場合の脂質は中性脂肪とはことなるものなので、体脂肪には入りません。
体脂肪とはあくまで脂肪組織内にある中性脂肪ということです^^


あと、もうひとつ。
体脂肪1g=9kcalっていうのは正確じゃないってご存知ですか(??)

この「9kcal」っていうのは約95%の胃の消化吸収率が考慮された数字なんです。
だから食べ物を摂取する場合は9kcalって考えていいんですけど、体についた体脂肪で
考えると9.5kcal分を実際は脂肪1g燃焼させるために消費しないといけないんです。

ちょっと難しいですかね^^;

①脂肪1g=9.5kcal

②そのうち吸収されるのは95%(5%は便として出る)

③9.5kcal×95%=9kcal

④だから食べ物を食べた際の脂質は本当は1g9.5kcalあるんだけど、9kcalになる

⑤しかし、カラダにある体脂肪は1gあたり9.5kcalである。

⑥だから体脂肪で1kg体重を落とすとするなら9500kcal,
脂肪組織で体重1kg落とすなら7600kcalの消費が必要。

ってことです。

どう? いくらかわかったかな^^;

私なんかはそこらへん知っているので、誤解や勘違いを防ぐためブログなんかでは
9kcalとか9000kcalって表現でまとめてますけど、厳密にいうと上記になります。


これで皆さんのダイエット知識も深まった…はずw

今回のポイントは

①体脂肪と脂肪組織の違いを理解できたか
②食べる脂質と体についている脂質ではカロリーを別に考えてカウントするのが正しい

この2つ。

でもね、ことわっておきますが、いくら知識があっても、
その知識を活かさないと意味がないですからね^^;

世の中には知っただけで「できる」と思ってしまう人もいますから
そういう人にはならんでください。
知識よりも痩せるっていう実践と結果が重要なんです。
知識が深くなれば痩せるなんてことはありませんからご注意ください。

能書きはいい。
筋トレしろ! 歩け、走れ、泳げ!


それを続ければ引き締まったカラダになっていきます^^
「筋トレのことよくわからないけど、ビリーしてたら痩せてかっこよくなった」という人が
いるのと同じ。

あーだ、こーだ言ったって始まらんのです。
考え方も大切ですけど、行うほうが重要。
いちいち自分のメンタルなんて見つめなおして「なぜ太ったか」なんて考えなくても
いいです。太った理由は運動不足と食べすぎ。殆どの人はそれが全てでしょ。

「そうだよね~」って共感もいいですけど、それで終らせないように。
カラダを動かす努力をし続けてください。

頑張る人は応援しますけど、やる気のない人には厳しくいく。
泣こうか、逃げ出そうがとっ捕まえて結果を出すまでやらせる。
つらいかもしれませんが、自分を変えたくても変えられない自己管理能力が低い人には
そういう態度になるしかないものです。
うらまれるかもしれませんけど、それが本人の目標をかなえるために必要なら
私ならそうします。

だから口が悪いって言われたりするんでしょうけどねーー;
私は気にしません。だてに教育の世界にかかわっていたわけではないです。

「愛」ってそういうものだと思いませんか?^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

ダイエット&筋トレ休養中

最近はすっかりダイエットから離れています^^;
私の肉体改造実践を楽しみにしてくださる数少ない読者様には申し訳ない。

現在は俗に言う「改善すべきライフスタイル」となっております。
帰ってきてから夕食を食べるので、23時~24時くらいにバクバクがっついてます。

おかげで…

__.jpg

お腹に貫禄でてきたね^^;
結婚できたらこれくらいのお腹の出方がいいかな(笑)
それまではおちついたら運動習慣を入れていかないとやばいっす@@;

今朝の測定結果は、

体重:77.2kg
体脂肪率18.2%

まだ許容範囲ですけど、80kg越えしたら取り戻すのきつくなるので、
なんとかここらへんで落ち着けるよう頑張ってみます。

正直、スーツのズボンちょっときつく感じるようになってきたんですよね^^;
あははw


最近はコメントを利用してくださる読者様が増えてまいりました。
レスが遅くなったりすることもありますが、目を通したら内容にそったコメ返しを
心がけておりますので、何かありましたらお気軽にコメントどうぞ^^

気がついたら1日の訪問者様も200人を越える日も出てきて私もちょっとビックリで
ございます@@;

それだけ体型を変えたいと願う人が多いってことなんでしょうね^^
素晴らしいと思います。

先日も研修先で知り合った栃木からいらっしゃった方と筋トレや体型の話をする機会が
ありました。
この方の場合、身長170cm程度で体重が47kgと非常に細身の男性でした。

…「うらやましい」とか思っちゃダメですよ^^;
彼は彼なりに体型に悩みを抱えているんです。

それは、

食べても太らないし、筋肉もつかないorz

というものでした。

…なんかブーイングが出てきそうな話ですね^^;
でも忘れないでください。

かっこいいカラダは体重がけっこうあるものです。
筋肉でね^^

彼は細すぎる自分の体型が本当にイヤだといってました。
身長170ちょいあって47kgだと「骨皮くん」ですから。
夏にそなえてたくましくなりたいといってましたね。

ヒアリングしていてわかったことは、

1.食事は基本1日1食。ドカ食いの日もあれば、栄養補助食品ですますなんてことも。
  お腹すかないらしいです。
2.夕飯を食べずに寝てしまうこともしばしばある。
3.筋トレ初めて2ヶ月程度。ジムに通っている。
4.社員1人体制の店舗で勤務。立ち仕事メイン。仕事内容は精神的エネルギーが必要。
  …ここは私も一緒でございます(笑)

って具合。

う~ん、ツッコミどころ満載ですね^^
事実ツッコミまくってましたw

太るための理想的食生活、筋トレの心構えなど簡単なアドバイスしました。
本人、ほんとに何も知識ない状態だったんでちょっとビックリというか、
やる気あるのか、ないのやら^^;

普通の人ってこんな感じで人体やトレーニングのこと知らないものなんですかねーー;
私が特殊なだけ?

とてもいい子でした。
栃木から東京まで新幹線で日帰りというハードスケジュールがちょっとかわいそうでしたね^^;
切符の買い方がわからないらしく、買い方を教えるついでに上野の新幹線の改札口まで見送りました。

私のこと親切で優しい人っていってましたけど、
好きでしたことだし、自分で特別そういうふうには思いません。
「情けは人のためあらず」って言葉を実践しているだけ。

貯金しておけば、何かあったとき引き出せるでしょ。
私は腹黒いだけなのですw

ただ悔しいのはですね…
24歳の子だったんですが、既にバツ1というw

なんでその若さで結婚経験あるんじゃああorz

いいなあ。
うらやましいなあ。

離婚はしたくないけどw

そっちの面で敗北した気分(笑)
勝ち負けの話じゃないですけどね^^

あとは最近だと前職のお店が、やはり気がかりでたまにお買い物ついでに様子を見に行ってます。
行ったところで特別何かするわけではありませんけど、コーヒーくらいは居合わせた方に
ご馳走しております^^

一応、こっちが私の目指している独立の方向なので、
商品情報や店舗レイアウトの他店比較などは休日を利用してチェックしております。
…今の仕事に専念したほうがいいかもしれませんけど、やりがいは感じますけど、
まだ楽しいとまでは感じられないんですよねーー;

こういう慣れ親しんだものに接することによって心のリフレッシュをはかっている自分。
落ち着くんですよね、心のふるさとって感じ。

もっとも古巣で私が育ったお店はもうありませんけどね^^;


またダイエットとは関係ない話ばかりになっちゃいました。
でもブログですから。好きなこと、感じたことを書きます。
それでいいのです^^

明日は再び本社。午前中に上司とのカウンセリングです。
なんでもそれを実験的に行った地区の新人スタッフの作業能率が30パーセント増くらいに
なったそうで、全国的に行うことにしたそう。

研修などで本社にいくことが多いですね^^;
給料まだでてないから、交通費もばかにならんです。
財布の中をみたら2万6千円。これであと2週間飯代込で過ごさないと。
2週間前に8万入れてたんですけどorz

日々の交通費や昼食代、遊行費であっというまに消えてきます@@;
実地研修の終了目処がたたず、定期券を購入していなかったのもイタイ。
このひと月で交通費で4万円くらいとんでます。

散財の嵐です。
貧乏街道まっしぐらですね@@;

自分のお店がもてるまでは夫婦共働きじゃないと私の月給じゃ家族養うのキツイかもorz
いっそ正社員を目指すべきかーー; 
でも転勤イヤだし、辞めるにやめられない状況になるのは避けたい。
何より、社員の仕事のキツさを目の当たりにしているので遠慮したいw
営業の世界は厳しいんですよーー;

あー、なんかダラダラ書いてたらまとまりませんね。
何がいいたいかというと、

落ち込むこともあるけれど、私は元気です^^

はい、パクリですw
でも真実。

元気だして楽しくいきましょうか!

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

肥満と生活

「たいして食べてないのに太る」

これ、けっこう言う人いますね。

女性と一緒に食事をすると私だけバクバクと食べて相手があまり食べないことがあります。
私、飯をよく食べます。遠慮なくガツガツ食べます。
食べることが好きだから^^

飲み会いっても酒は殆ど飲まず、飯やおかずを食べる人間です。
見事なまでの食いっぷりなので「よく食うなあ^^;」と相手に言われることも多いです。

いいじゃん!
飲みに行くと飲めるヤツはいいけど、普段酒を飲まない私のような人間は
食わないと割に合わんのです。酒はウーロン茶の2~3倍以上の価格だしorz

だから食う!(笑)

そんなアホな管理人の発想は置いといて、

「私、太りやすい体質だから^^;」

と女性はいいます。
確かに女性は筋肉量からすると男性よりは太りやすいといえます。
私と同じ量を食べていたらまず太るでしょうw

でも、太りやすい体質っていうけど、
本当に体質の問題なのかな(??)


ここ30年の食事による摂取カロリーは現代と過去どちらが高いかご存知でしょうか。
以前の記事にも書きましたけど、30年前と比べると女性は平均体重に変化はありませんが、
男性は8kg程度プラスになっています。

ということは過去と現在を比較すると現在のほうが平均カロリー摂取量は多いように思って
しまいますが、実は現代のほうが30年前の平均摂取カロリーと比較すると摂取カロリーは
低いのです。

国民栄養・健康調査(平均摂取エネルギー)

1977年 2164kcal
2007年 1913kcal

って具合で、250kcal/day程度低いのです。

摂取カロリーが低いのに現代のほうが肥満人口は多いということは、
単純に運動不足なんじゃないのかなと。

ようは筋肉使わない連中が多いだけなんですよーー;
なんでもかんでも体質や遺伝子のせいにしないでください。

運動習慣があって、普通量の食事を摂取して太ってしまうとういなら「太りやすい体質」と
いえますけど、運動もまともにしていない連中が太ることを体質のせいにするのは
いかがなものかと^^;

太る理由がほしいだけでしょ。
その現実を肯定したいだけでしょ。
そういうの情けなくない?

「私、たくさん食べるけど太りにくい体質だから^^」

っていうほうがカッコいいと思う私です。
一緒に食事を楽しめない人とは私は仲良くはできないでしょうね^^;
たとえ太っていたとしても一緒に食事をするなら遠慮なく食ってくれる相手のほうが
管理人は好感がもてます^^

休日ネットを楽しむのもいいです。
ドライブもいいでしょう。
だけど、せっかく脚があるんですから、その脚を使う趣味ももってほしい。

歩け! 散歩しろ! チャリに乗れ!

それで飯を食べて食欲を満たし、自慰なりセックスなりして性欲を満たす。
昔の人はこれができていただけじゃない?
だから肥満人口も少なかったし、性生活の悩みも少なかった。

動物的で自然でしょ? そっちのほうが。

私は少なくともそんな人間です^^

30年前なら既に食の欧米化が始まっています。
現在と変わりません。
食生活が大きく違うなんてことはないのです。
違うのは便利さの違い。
ネットなんてなかったもんね。

カラダを動かさないと筋肉は減っていきます。
体脂肪は増えていき姿勢は悪くなり、見た目にかなりみっともない容姿になります。
アゴが弛んで、シワも増えます。
当たり前のことで、誰でもわかっていることなのに
楽に生きることだけを重視したライフスタイルを多くの人が送っています。
オッサン、オバサンになることを嫌がる割にはそれに抵抗しない人たちばかりですーー;

以前の記事に書きましたが、持久力が高い人は成人病のリスクが減ります。
心肺機能がしっかりしていることにこしたことはありません。

だからジョギング習慣ある人はカラダの中身が健康的なんです。
たとえ太っていたとしてもです。
筋トレ習慣だけの人だとこうはいきません。
見た目にかっこよく見えても中身ぼろぼろで内臓ダメージが深刻なんてこと
ザラですから@@;

走るのがきついというなら歩くだけでもいいです。
1日1万歩くらい歩く習慣があるのが理想らしいです。

残念ながら現代社会人の1日の歩数は7000歩ちょっと。
1万歩には及びません。これは都会に住む人の話で、
地方で車を移動手段にしている方は更に低いものになるでしょう。

日常で歩数が稼げていない部分は、自分で運動することでカバーするしかありません。

運動って大事な習慣なんです。
こういうと必ず「運動はイヤだ」っていう人がいます。
「ジョギングしない?」と誘ってもほぼ全員「ヤダ」といいます。
それが私の周りにいる人たちーー;

それで「痩せなきゃ」「運動しなきゃ」とかいっているんですよ。
笑える話でしょ^^

本心から痩せたいと思っていない人間が痩せられるわきゃないだろw
こっちは血がにじむ努力して痩せたっちゅうのにーー;

温度差っていうんでしょうか。
必死のレベルが違うんでしょうね^^;

なんか管理人の説教になっちゃいましたけど、まとめると

1.運動しろ。食事を楽しめ。性生活をエンジョイしろ。
2.太っている自覚を持ち続けろ。人事で終らすな。
3.遺伝子や体質のせいになんでもかんでもするな。

って具合です^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

人生観

今週末から研修も終わり、予定通り配属店舗へ異動予定です。

たくさんのことを学びましたが、
それも氷山の一角。
まだまだ勉強不足というのが正直な感想でございます^^;

研修を受けていて思ったことは、
「当たり前のレベル」の違いでしょうか。

私はこの仕事が未経験からのスタートで知識もないところから始まりました。

「スマホ? タブレット? そんなの必要(??)」

そんな状態。
インターネットの知識も皆無。
Wi-Fiって何? 

つきつめていくときりがありません。
そんな状態から始まったわけですから、毎日が刺激の連続。
パニック祭りでしたw

リクナビや企業ページには未経験の方でも安心して働ける職場とあったのですが…

う~ん(--)

捉え方の違いか、ここまで知識0の人間を想定していなかったのか。
知識研修が3日+実地研修が17日。更に別の研修が今週2日間あります。

休日が週で2~3日あったのはいいのですが、疲れが正直とれないです。

実地研修は仕事しながら先輩方に作業の確認をお願いするような感じでしたが、
私の知識のなさにちょっと引いていたかも^^;

誰でも未経験から仕事は始まるわけで、それは未知との遭遇でもあります。
これまでいた世界とは別次元になるわけで、イライラもするし、疲れは当然。

塾やコンビニの世界なら慣れている分、気楽なんですけどねーー;
30歳すぎてのフロンティアスピリッツ(開拓精神)はチャレンジャーとなります(笑)

実地研修では皆さん親切にしてくれて感謝しております。
が、今回お邪魔した店舗での研修を担当してくださった方々は私が初めての研修生ということになり、
指導工程をもっと工夫したほうがいいとも感じました。

少なくとも私ならそうするかな^^;

タスク管理というか「いつまでに何を教える」って作業ルーチンができていなかったので、
こちらも全体を把握しきれていないため内容の関連性がイマイチだったんですよねーー;
だから腑に落ちないことも多くなってしまい、混乱する。
最後のほうになってようやく全体像が理解できてきたので、なんとかなりそうかなという
イメージはもてました。

こっちが質問しなければ、必要なのに教えてもらえなかった業務もあります@@;
このことをやんわりと先輩には伝えたのですが、理解するのが難しいかもしれません。
「仕事ができない奴の言い訳」と思わられたら困っちゃいますけどw
若い子って勢いがあっていいんですけど、他者に対する配慮が不足しがちというかできていない面も
みられます。大人の配慮でこちらは理解しているのであえて何もツッコミませんでしたがーー;
そこがちょっと残念。


経験の差ってヤツです。
もっと経験をつんで、いろんな世界をみれば当たり前のレベルは個人で違うことの本当の意味を
理解してもらえるかもしれません。
私も30歳すぎてからここら辺に気がつきました(笑)

自分の経験フィルターにかけないで、相手の気持ちや立場になって考える。
これができるようになれば人間関係も円滑にいくものです^^

なんて偉そうなこといっていますが、うちの会社は成績がいい奴が偉くて、
成績悪い奴はつべこべ言う権利なしの世界なので、結果を出して発言の重みを
あげていければと思います。

すべては先にある自分の将来のため。

ここで培う社会人経験は今後の強い武器になるはず。
そこらへんを学ばせていただこうと思います^^

学べてお金ももらえるなんてラッキーですよね><b
学校で勉強してもお金もらえないけど、生きるために働くことは勉強しつつお金をもらえる
ことであります。

逆に言えば、何も学べること、自身の成長に結びつかない職場で、ただお金をもらっているだけというのは
人生損していると私は思ってしまうんですよね^^;

生きるためにはお金が必要ですが、それが全てじゃない。
たくわえがたまってとき、その人に何が残るのか。

子育てに情熱を燃やすこと、家庭を支えるのも素晴らしいことですが、
そこだけに自分の存在価値が集中するのは自分の可能性を狭めることにもなるんじゃなかなと。

父をみてそう思います。
家庭のことは母にまかせっきりで、働いて家族にお金で不自由させないくらい稼いでくれて
ていたことには感謝してます。

けど、老後の父の生活を見ているとこれという趣味もなく、テレビをみたり、
市が行っているボケの防止教室かよっていたりするだけ。あとは寝てるかな^^;

父に「今、幸せ?」ってきいたら苦笑いして「子どもを育て上げたから、いつ死んでもよし」
といってました。よくも悪くもいい人です(--)

そういう生き方もありでしょうけど…
私はイヤかな、それで終るのは^^;

だから、躓いてもいいから今を自分のために必死に生きようと思います。
そこに家族がくわわったら、それもあわせて背負っていこうと思います。

人間らしく、他者を大切に。
かかわることを恐れずに。

だから接客が好きなのかもしれません^^

深夜3時でこんなブログかいてますけど、明日は本社で研修で、
朝早起きとなっておりますw

ということで寝ます^^

ところで、いい出会いがまだないんですけど@@;
今年は絶対いいご縁があるという占いの結果を信じているのですが、
ほんとにあるのかな^^;
今年が終るまで後6ヶ月しかなけど、どこにいるんでしょうね、私の人生のパートナーさんはorz

風邪とか病気になってなければいいのですが。

って、

まだ見ぬ人の心配するより今の自分の立場に気をかけろって感じですね(笑)

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

体幹の意義

「足腰がなってない」

なんてこと聞いたりします。
これはその動作に安定感がないとき、例えばグラついたり、
よろめいたりするときに言われたりします。
ようはバランスがとれてないってことですね^^

足腰がなってない=動きがなってない

競技スポーツでは特定の動作を行うことが多く、
その動作パフォーマンスを十分発揮するためにもカラダがその動作を
安定して行う力が必要です。

筋トレするときでも「フォーム(姿勢)を意識して」って言われます。
正しい姿勢の中でトレーニングを行わなければそのパフォーマンスは十分にいかされず、
効果が半減してしまいます。

正しい姿勢で動作を行うためには、その部位の筋肉を適切に動かすことが大切。
それを実現するためには筋肉の神経系を発達させることとあわせて、
体がその動作を行ったとき固定できる力が必要です。

これが体幹の意義、考え方です。
体幹の筋肉は「コアマッスル」なんていわれたりしますね^^

では人の動作を安定させる体幹はどこを指す言葉か。

解剖学的定義では「腕、脚、頭部を除いた胴体部分」とされています。
つまり姿勢を司る背骨に付随する筋肉。
トレーニングにおいては腹筋と背筋群を主に指す言葉です。

運動習慣がなく歳を重ねると、これらの筋肉は次第に萎縮していきますから、
姿勢も悪くなるのが普通です。「腰が曲がる」なんて表現もありますけど。

見た目がどんなにマッチョな体型の人でも姿勢が悪ければ、筋肉量に対して運動能力は低いといえます。
逆に見た目が普通の人でも姿勢がよいほうが運動パフォーマンスはその筋肉量にみあった
動きで最善のものとなります。

せっかく筋トレを頑張っているのなら、姿勢を意識してほしいものです。

もっとも、筋肉が発達しているカラダになる過程で、当然体幹の筋肉も刺激されているはずですから、
マッチョな体型の人が姿勢が悪いというのは殆どないでしょうけどね^^
逆三角形、割れた腹筋になりたければ、姿勢を普段から意識してください。
姿勢が悪いと体脂肪が引き伸ばされず、腹が弛んで見えてしまいます^^;

TS3V12990001.jpg⇒コア×⇒TS3V12660001.jpg

イメージとしてはこんな感じです(笑)
上画像は同時期に撮影したものです。
体幹に力がなければ、腹の脂肪が前にでます。
これは誰でも同じ。
体脂肪がすくなければここまで出ませんけど、中年以降の男性は標準体型といえど、
私と同量程度の体脂肪はあるでしょう。
「ああ、納得w」と思われた方も多いかもしれませんね^^

30歳すぎて社会人しながら少ない時間で筋トレしているような方は姿勢をよくして、
腹を出っ張らせない技術が必要となってきます(笑)
筋トレや運動頑張っていても、飲み会とか食事が遅くなるなんてことが日常茶飯事です。
それが普通。筋トレ優先なんてしてたら飯くっていけませんw
「太ってきたな@@;」と感じたらお腹が大きくなりすぎる前に
適度な運動、食事管理を頑張りましょ^^
それが社会人に求められる体型管理です。

せっかく頑張って痩せてきたのに豚に戻りたくないでしょ。
私はそう感じる1人です。

「リバウンドしちゃった><」

というのは女性ならまだかわいげがありますが、
男はダメだw 言った時点で「情けないヤツ」と思われて終了。

男性は自己の体型を女性ほど意識できません。体型に甘いのが普通の男性。
開き直りが多くみられるのも男性。
そんな男性が多い社会で生きていれば、周囲に感化されるのが普通です。

「周りも太っているし。あいつよりマシだし。ま、いいか^^」

そういう風に思ってしまう。
目の前に美味しそうな唐揚げ定食があったら食ってしまう。
それ食べたらた気が緩んで、次はラーメンに餃子半ライスのセットとかーー;
頑張ろうと思っても次第に意識が薄れてしまう。

大きくリバウンドしたら再び痩せるのは難しいのが男性なんです。
女性のように周囲に体型を意識する人が多ければ違うんでしょうけどorz

リバウンド=再起不能

大げさに思われるかもしれませんが、男性の皆さんは、
これくらいの意識のもと痩せたあとの体型維持頑張ってください。


話を戻して、

体幹が固定できたとしてもそれだけで、運動パフォーマンスが向上するわけではありません。
どんなスポーツでも腕と脚の筋肉の力でパワーやエネルギーを発揮します。
体幹は腕と脚のつなぎ目。土台なんです。

素晴らしく美しい景色があってそれをカメラにおさめようとしても、カメラをとる技術が下手なら
それを上手に表現した撮影にはなりませんよね^^

体幹ってそういうものなんです。
腕、脚の筋肉が発達していても、それをいかすためにはコアとなる胴体の筋肉の発達が必要ってこと。

この場合の発達とは単純にサイズの問題ではなく、

しっかり動かせること

です。ボールを投げる場合、腕の筋肉の力だけで投げているわけではありません。
体幹である胴体をひねる動作も加わってます。
つまり、腕+胴体の力なんです。

筋トレは安定感(動作の固定)が求められることが多いですけど、
鍛えた筋肉を日常でよりよく活用するためにも
体幹を固定する動作+動かすトレーニングもあわせて行えるといいですね^^

この考え方にのっとたトレーニングが体幹トレーニングです。

って、すでに長文ですな@@;

体幹トレについてはまたの機会に触れることにします^^

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。