スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、どうなりたいの(??)

日々の体型管理お疲れ様です。

世の中には自己管理ができる人、できない人がいるといわれますが、
どうしてそれが発生すると思います(??)

私はだらしない(掃除や片付けが苦手^^;)面もありますが、
殊、体型の管理に関してはそれとは違います。

簡単にいえば、

自分がそれを好きか、好きじゃないか

そういうことだと思うんですよね。

食事管理が好きじゃない。
自分がその時思ったように食べる。

運動が好きじゃない。
だから適当に運動する。

そんな適当で好ましい成果が期待できるはずもありません。
ムリをしろというわけじゃないのです。

自分で決めたことは最後まで行う。
その過程を楽しむ。


人生を長く楽しく生きるコツと同じですね^^

楽をして痩せる、筋肉質になるなんてことは普通はできません。
少なからずのストレスと伴奏しながら結果をだしていく。
苦を楽と感じるまでに昇華する必要があります。

スポーツ選手の運動量をみると、
普通の人には大変にうつります。
事実、肉体を追い込むトレーニングを積み重ねることは
カラダにたくさんの負担をかけます。
だから、スポーツを長く続けていると身体の故障にもつながるわけです。
野球の投手が腕のこわしたり、サッカーしている人が膝をいためたり、
マラソンをする人が靭帯切ったり…

それでも願わくは続けていきたいと思うのがそういう人です。
苦を苦と感じないのです。楽とも感じないかもしれませんが、
目標意識がはっきりしている方はそれが当たり前となる生活を送ります。

私は私が行っていることを苦に感じることはありませんが、
普通の人から見るとストイックにうつる面もあるでしょう。
それを楽しむ自分がいるわけで、他者がどうたらこうたら言っても、
別にどうとも感じません。「あ、そう?^^」って答えます(笑)

いかにして楽をしようとするかではなく、
いかにして楽しむか。


こう考えるために必要なのが記録なのです。

皆さん、日々の活動記録をつけていますか?
プロで成功を収めているようなスポーツ選手は記録をつけているものです。
ダイエットのレコーディングも同じようなことがいえます。

その日に何を食べ、どれくらいの運動をし、体型、体重にどう影響したか。
これを短期的、長期的に振り返ることを楽しめると成功の近道です。

長く続けていれば、記録をつけなくとも、それまでの経験から
判断して行動することもできます。

が、

ダイエットを始める、肉体改造を始めるという人は経験なんてないでしょ?
成功者の方法をとりあえず真似るくらいしかないわけです。

でも、その人とあなたは別の人であり、
その人の成功方法があなたにピッタリとは限りません。
だからこそ、判断材料として記録付けが必要なんです。
自分の体型も画像で定期的に記録して食事管理とあわせて考えてました。

ダイエットで結果を出せるか、そうでないかは食事内容を覗けば大体予測できます。
どういう痩せ方になるかもね(笑)

闇雲にダイエット食をしたり、何も考えず筋トレやジョギングしても
効果的とはいえないんですーー;
根拠があって、実践をして結果をだす。
根拠の薄いマイペースの積み重ねではたどり着けません。
思いだけでも、考え方を改めるだけでも、そこに実践がなければ、
机の上のお話で終わります。

理由はそれぞれでしょうが、食べすぎで太ったんです。
過去の話なんて細かく考えなくていい。
今を見るべし。

現実と戦え!!

痩せる方法はシンプル。
摂取カロリーよりも消費カロリーを多くするだけ。
そのための運動であり、食事管理。

ダイエットなんて難しく考える必要ないッスよ^^;
自分が理想とする体型を手に入れた人の生活をマネしてりゃ
それに近づく。それだけです。

私自身も、ビリーでおっさん体型から筋肉質にカッコいいカラダになった方の
ブログを拝見して、

「自分もこういう筋肉質でカッコよくなれるかなあ? こうなりたいなあ^^;」

って思いでドラム缶体型から一念発起して、ビリーをチョイスして頑張りました。
結果を同じことをして出している人がいるのは励みになりますよね^^

TS3V15290001.jpgTS3V15990001.jpg
TS3V02410001.jpgTS3V17230001.jpg

体型を変えることは大変です。
思い通りにいかなくてイライラすることもあるでしょう。

でも、皆さんが感じているそれは、過去ダイエットに挑戦して
成功を収めてきた人が感じたものと同じで、誰だってそうなんですよ^^

そこであきらめるか、自分を強くもつか。
それでこれから先の皆さんの体型が決まっていきます。

自分に勝ってください。
中途半端で終わらせないでください。

なんのために管理人が自分の体型変化をアップしているのか。
それは皆さんがくじけそうになったときの励みになればという思いもあるからです。
人間ね、本気になれば結果は必ずついてくるんです。

自分の体型にコンプレックスやお悩みを抱えている皆さん。
100kg以上の汗っかきで、脂ぎった、過去に○ブと言われ蔑まれた過去を持つ、
超肥満体型からだって本気になれば自分の理想には近づくんですよ^^

体型を変えられなくて、言い訳している余裕があるなら、
そのエネルギーをもっと効率いいものに使ってください。
そして頭をもっと使って、どこがいけないのか自分を省みてください。

健全な肉体には健全な魂が宿る。

心とカラダは表裏一体。
言い訳の多い人生にはそれに見合った体型がついてきます。
それをやめない限り、いつまでも中途半端です。
なりたい自分に嘘をつかず、素直に前向きに生きていきましょう^^

私はそういう気持ちと行動で結果を出していきました。

是非、

将来に名前を残すような
偉人になりましょう^^v


…ちょっとオーバーかな^^;
でも夢はいくつになっても高く大きくいきたいものです。

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

カラダを絞るための運動方法

一般的な運動知識として、

①有酸素運動は、体脂肪は減るが、筋肉も減る。
②無酸素運動は、筋肉は増えるが、体脂肪も増える。
③有酸素+無酸素運動は、筋肉量を維持し、体脂肪を減らす。

これを前提として各個人の体型と目指したいカラダにあった食事内容を
考慮することにより体型は変わっていきます。

体脂肪が多い場合、すでにエネルギーは十分ある状態なので、
それを有効利用することが大切です。
具体的に言えば、体脂肪をエネルギーとするために体脂肪のもととなる
栄養素である糖質摂取量を控えることです。

これらは、プロの運動選手の間では当たり前に行われていることです。

オフシーズンは②を実践し、食事では体脂肪がつくくらい十分の糖質を摂取。
糖質が不足すれば②の効果がでません。とにかく競技に必要な筋肉を鍛えることが優先。

シーズン直前に①もしくは③を実践し、食事では体脂肪を減らすために糖質摂取を
極度に抑えます。順番的には③⇒①って感じで追い込む選手が多いですね^^
①だけにならないような減量を心がけている方が殆どです。
①は③だけではどうしても減量目標に届かない最終局面で行われます。
階級制度のある運動選手はこの流れでいきます。

「減量中はフラフラして大変です(笑)」なんてコメントしている選手もいますが、
これは脳のエネルギー源である糖質を抑えれば当たり前のことであり、
それでもプロであるから頑張れるのです。
生活かかってますからね^^

このように筋トレのような筋肉を肥大させる運動はアナボリック作用(細胞同化)を促し、
ジョギングのような筋肉を肥大させない運動はカタボリック作用(細胞分解)を促します。

どちらが優れているとかの話ではなく、
目的にそった運動を心がけることにより理想の体型をつくっていくのです。

たとえば、私が減量を行う場合なら、

理想体型…筋肉質でたくましいカラダつき
理想体型体組成…筋肉が肥大した状態で体脂肪がややついている状態。体脂肪率10~12%程度。

であるのに対し、

現在体型…筋肉質体脂肪標準。体脂肪率15%程度。

であるから理想的運動は③となり、食事内容は糖質量を抑えたものが理想となります。
ただし、体脂肪自体は標準内なので過剰な糖質制限をする必要はありません。
時間制限がないので、ゆっくり体脂肪を減らしていけば十分という結論です。


一方で、身長170cmで体重100kgの男性が私と同じように筋肉質体型を目指すというなら、

筋肉量、体脂肪ともに標準値を超えているので、
体脂肪を大きく減らすような方法が最初のステップです。

つまり最初は①を優先し、筋肉量を維持しようなどと考えず、運動する。
食事も糖質を大きくカット。たんぱく質と脂質、食物繊維、各種ビタミン、ミネラルを
必要十分とる食事にする。
80kgくらいになったら、③に移行って感じに私ならするかな^^
この流れでいけば、65~70kgくらいで経験から考えると仕上がりもいい感じにまとまるかと。
人前で脱ぎたくなるかもです(笑)

でも、言葉では説明できても、実際これを実践するするのはなかなかに大変です。
有酸素運動と無酸素運動を筋肉量を維持する前提であわせて行うと1時間以上かかる
なんてザラだからです。
人間の集中力は1時間もてばいいほうで、あとは気力と精神力がなければ、
ダラダラとしてしまう。
それに1時間以上の運動を連続して行うことが何よりきつい^^;

週2回筋トレをする場合、全身を鍛えることが理想です。
全身の筋肉を鍛えようとすればそれだけ時間がかかります。
それに有酸素運動ですからな@@;

休憩を適度に挟みつつ行えば、1時間半~2時間くらいはいくんじゃないかなーー;
管理人はいつもこんな感じになってしまってます。
あとは筋トレオフの日も1時間は有酸素運動としてサイクリングしてます。

筋トレを分割し、週4~5日の筋トレ+有酸素運動にしたとしても、
最低でも1時間。

どのみちなんだかんだで、毎日がほぼ運動となります。
それが筋肉量を維持させて、体脂肪を減らす運動なんです。

できますか(??)

ここでそれがムリと感じる、もしくはできていないというなら、
大きく太った体型から筋肉質で痩せたカラダになるなんて不可能です。
ダイエットに運動習慣を取り入れるってよくいうけど、
それなりに結果を出そうと思えばハードですよ^^;

学校いきながら、仕事しながら、家事をしながら…
その中で1~2時間の運動時間を確保。

どうしてもムリというなら、運動内容を更に工夫するしかありません。
筋トレと有酸素を間髪いれず行うサーキットトレーニングなんて時間短縮になりますし、
ジャイアントセットと呼ばれるような連続しての無酸素運動をすれば、それも負荷を軽くせざる得ないので
有酸素運動要素が強くなります。結果、筋トレ後の有酸素は省略するとか^^

ん~、

それでも30分。
しかも無酸素と有酸素をわけて行うより、休憩がない分ハード。
ヘタレた根性では難しい。
だからビリーズブートキャンプは脱走兵が続出したんですーー;
休憩なく更に上をいく55分間もの間しごかれます。
運動から長く離れていた一般人の感覚なら鬼レベルです。

結局ね、最終的に必要となるのは、知識でも技術でもなくて、
最後までやり抜くという精神力なんです。
大きく太っている人はメンタルが優しいので、そこまで自分を追い込めない方が多い。
筋トレしていれば精神力もつくという方もいますが、
それは追い込みができる前提での話です^^;

やってできないことはないんです。
ただ、本当に苦しくて険しい道のりなことは確実。

体脂肪の塊から筋肉の塊へ。
カッコいいですけど、言葉だけでは例え難いものがあります。
管理人もどんだけ挫折しかけたことかわかりませんーー;

でも、頑張ってほしいんです。
限界を設けず貫いてほしい。

そのためにいろいろと包み隠さず、ブログで公開しているんです。
励みの手助けになればいいなあって^^;

痩せるなら絶対にカッコよく痩せましょう。
1回そうなれば、維持は超がつくほど簡単です^^
運動でカラダができあがれば、リバウンドとは無縁の世界の住人になりますからね~(笑)

それまでは、息抜きしたりして、なんとか耐えぬいてください。

応援してます><b

↓管理人の日々の肉体改造成果画像はこちらから。
ジャンプ先の画像をクリックすると拡大して見やすいです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

筋トレしてても体型に自信がもてない方へ

運動習慣が身について2年になります。
当時と比べると見違えるほど体型は変わりました。

体脂肪の減少、筋肉の発達…

今ではカラダを鍛えることが趣味といえるまでになりました。
昔は書類などに趣味を記入する欄があると「読書」とか「音楽鑑賞」とか
当たり障りのないことを書いていました。

「趣味は?」「特技は?」って聞かれても困っちゃいますよね^^;
ここらへんは悩んだりして、いつも最後に記入していた記憶があります。

昔は趣味の欄に「トレーニング」って書く人は少なかったと感じます。
今は健康ブームもあり、それを書いてもへんな心象を与えません。
カラダを鍛えること、健康管理の大変さが広く認知されて「いいご趣味ですね^^」と
言われるくらいになりました。

当たり障りのない趣味として、読書と方を並べる日も近いかもしれません。
でも、運動していない人がそれを書いたとしたらモロバレですけどね^^;


さて、

ダイエット、肉体改造にあたり心構えの面でいろいろとブログを通して伝える機会は
多いものの、具体的カラダの変化については管理人の体型を見せる程度です。

ブログで筋トレの具体的実践をお見せするのはなかなかに難しい。
それはこのブログの画像全てが自身による撮影だからです。

自分でトレーニングしながら、それを自分で撮影するというのは、
かなり労力がいる作業だし、ジムでそれをするのは大体がNG。
盗撮と勘違いされちゃいます@@;

私が通っているジムではハッキリと張り紙で「撮影禁止」とありますから^^;
だから、テキストでそれを伝えるくらいしか管理人にはできません。

「ダイエットで筋トレ頑張ってるけど、
カラダがかわっていっている実感がわかない」

と相談されたりします。
「こうするんじゃい!」と画像つきのアドバイスみたいなものが
出来ると親切なんですが、それが出来ない管理人の技量の壁ーー;
そもそも静止画で伝えても上手く伝わるかさえ疑問です。

ということで、筋トレを続けて変化がなかなか感じられないという方に
私の痩せる過程で感じられた筋トレ効果の話でもしましょうか^^

私も最初は筋トレ取り入れたダイエットはしていたものの、
変化は感じられませんでした。

鏡を見てもカラダは次第に小さくなっていると思う機会はあるものの、
筋肉がついたってイメージの体型ではない。いつみても○ブな自分が鏡に映る。

筋トレ始めて半年ちょいの頃かなあ(・へ・)
体重数値でいうと30kg近く落ちた頃です。

TS3V0003かい_convert_20120326142620 ←この体型のとき。86kg。BMI26くらい。

腕を見たんですよね。
そしたら、

TS3V15450001.jpg

血管が浮いて見えたんですよ@@;

大きな体型の人はわかると思います。
太っていると体脂肪で腕の血管は見えません。

筋肉がついたかどうかは実感が持てなかったけど、
カラダにはトレーニングの成果が反映されていた事実にそれで気がつきました。
当時、まだ周りに「○ブ」って言われる体脂肪の量でしたから、血管が浮いて見えるということは
筋肉の大きさが体脂肪に拮抗しているということです。

当時の最初の感想、

「キモッ!@@」

でした(笑)
見慣れないものが自分のカラダに現れたとき、それが何であろうと
最初は誰でもそれに近い感情になると思います(笑)
特に血管なんて緑色のミミズみたいで気色悪かったです^^;

で、

あらためて腹をよく見ると腹筋がなんとなくだけど目視できたと^^
このときは、

感動(T^T)!

このときからもう自分を○ブと思うのはやめようと決めました。
自分でマッチョといい始めたのこの頃です(笑)

それで、更にダイエットと筋トレに励んで、

TS3V15460001.jpgTS3V15440001.jpg

腕の血管は更にくっきりと見え出し、
それと平行するかのように筋肉の形があちこちに見られるように
なっていきました。

そして、気がついたら、

TS3V04380001.jpg ←こんな腕になっていて、

TS3V02400001.jpg ←こんな脚になっていて、

TS3V02350001.jpg ←こんな腹になっていて、

TS3V01840001.jpg TS3V01820001.jpg

服を着るとヒョロいイメージをもたれるけど、脱ぐと…って体型に(笑)


ようはですね、

自分で自分を思い込んでいる面が強いってことなんです。
○ブって強く思い込んでしまうと、どんな体型でも自分が太って思えて仕方なくなる。
周りが「痩せているね」といっても信じない。

だから、筋トレしてれば変化は必ず体組成に出ていると思うんです。
そう思えるきっかけがないだけ。

それを見つけたとき、太っているという自覚からの卒業となります。
それができないと、いつまでたっても筋トレの効果を実感できる思考になりません。
素直になれないのです。

私は自分の血管が筋トレの効果を実感できるきっかけとなり、
より一層ダイエット、筋トレを頑張れるようになりました。

そうなると、体型は急速に変化していきます。
心と体はつながっているんです。

実感がどうしても持てないというなら、二の腕の血管が浮いてくるまで、
体脂肪を落としちゃいましょう^^

そしたら、あとは気の持ちようです。
筋肉質という自覚が持てたのなら、その気持ちに応える様に
体型もそうなっていくと思います。

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

マイペースとダイエット ~私の減量記録~

ふわぁ~(-o-)Zzz

まだ眠いなあーー;

食いだめと同じく、寝だめも人はできるものではないので、
前日たくさん寝たからといって今日は「24時間頑張るぞ」とは
いかないもの。

規則正しい生活が一番ということです^^

食欲と睡眠欲が強いということは、それだけカラダが疲れているということです。
いろいろ頑張っているのね、自分^^;

起きてからもなんか疲れた感じがします。
今日は昼すぎから半日労働なので、帰ってくるのは日付がかわってからですーー;

超回復もこれでは遅れるばかり。
こういうとき、デスクワークの方がうらやましいです(・へ・)

かといって、デスクワーク時代に太った経験の持ち主としては、
また1日座りっぱなしという環境にも戻りたくないと感じる微妙な心境(・◇・;)

学生の頃のように適度に座って、適度に運動するような環境が一番いいんですけどね~ーー;

大人はいろいろ大変ですorz


さて、


「マイペースにダイエット…」これよくブログの中で見かける言葉です。
私もムリは健康上よくないし、挫折の原因になるのでこの考えには賛成します。

が、

マイペースという言葉に逃げて頑張ることをしない方も多く見受けられるのもまた事実。

標準体重60kgの人で100kg状態にある人が1kg痩せるのと、
標準体重60kgの人で65kg状態にある人が1kg痩せることの労力が、

同じと考えてないかい?^^;

いくらマイペースといっても、その体重ごとに減らすべき目安というものもあると思うんです。

例えば、100kgの人が標準体重60kgになろうと決意して-40kgのダイエットを
始めたとします。
そして、急激に体重を落とすのはリバウンドや停滞期の原因になるからと1kgペースで
落とすことを考えたとします。

この考え方でダイエットを実践するとして、ゴールまでたどりつけるか?

私は

ムリだと思います(==)

なぜそう思うのか説明しましょう。

第一にダイエットにようする期間です。

1kgペースの減量幅で-40kgを達成するには最低40ヶ月かかるということ。
3年半かかることになります。
最低というのは途中で病気や怪我、仕事の都合でダイエットが出来ない期間が発生する
可能性があること、また、停滞期で体重が停滞することを考慮しての表現です。

ひと月の減量ペースが体重の5%内なら停滞期はこないと未だに思っている方もいらっしゃいますが、
答えはNO。遅かれ早かれペースに関係なくダイエットを継続すると必ず停滞期がきます

そんな長期間ずっとダイエットに意識を向けることができるのか?
常識的に考えて難しいと私なら判断します^^;


第二にダイエットに対する心構えです。

1kgの減量幅なら無理なくできそうと思っているかもしれませんが、
そういう自分に甘い考えだから太ってしまったと気がついてくださいーー;
ダイエットを始めても強い意思がないと、食事や運動面で手抜きを絶対します。
で、次第にダイエット活動からフェードアウトしていくと。

典型的な挫折しやすいダイエッターの思考ルーチンです。


第三に見た目の変化です。

標準体重に近い人が1kg痩せるならともかく、そこから遠く離れた人が1kg減らしても
見た目に変化はほぼないです。100kgから90kgに落としたとしても他者が気がつく
までにはなかなか至らないのです。

10ヶ月ダイエットを頑張って、体重も落としたのに見た目に大きく変化ない。
これは苦痛ですよーー;
なんでそうなるかというと、ダイエットの始めは体脂肪減少で体重が減るというより、
水分や他のエネルギー要素のグリコーゲンが枯渇していく結果体重が落ちるからです。
体脂肪がエネルギーとして燃焼されるまでにはカラダの中の様々なものをエンプティーに
近づける必要があるのです。1kg幅のダイエットではこのエンプティー状態まで、
なかなか近づけることができず体脂肪の燃焼が効率よくできません。



…という具合にですね、「マイペース」といっても許容範囲があるというのが私の考え。

仕事に例えると、「急いでないから、手があいたときこの書類をまとめてくれ」と上司に
仕事を頼まれ、「急いでいないならマイペースでいいか」という感じで殆ど手をつけないで
別の作業をする。そしてしばらくして、その上司に「頼んでいたものできたかい?」と尋ねられ
「急いでないということでしたから、まだ完了してません」と答えたとたとしたら

上司「……」

という感じになる可能性もあります@@;

ものには限度というものがある!w


上記のことを踏まえて、いろいろ考慮しますと、

ひと月で痩せるペースは

体重の3~5%程度を目標にするのが理想

という結論です。
100kgの方なら3~5kgはひと月で落とさないと期間、見た目の変化期待値ともに
モチベーションを下げる結果に終わるでしょう(==)

つまり、100kgから60kgまで体重をもっていくとするのなら、
1年~1年半程度の期間が理想ということです。

「私、男じゃないからそんなにひと月で落とせないよ」

なんて思う方もいるかもしれません。が、

甘ったれないでください^^

その根性を捨てない限りダイエットは成功しません。
そもそも女性のほうが男性より筋肉量が少ないから減量はしにくい
というのがちょっとおかしい考え方だと私は感じます。

女性も男性も同じ人間です。
性別の違いはあれど、筋肉量自体はいわれているほど大きく差はないのです。
同じ背格好の運動習慣のない標準的な体型の男女がいたとしたらその筋肉量の差は
多くても10kg内です。
基礎代謝で考えれば350kcal前後の違いでしかありません。

筋肉をつける、肥大させるという視点で考えれば、明確に差がでてくるものの、
減量ダイエット中は筋肉の肥大とまではいきませんから、筋肉量の差のひらきは
さほどでないんです。
…分泌されやすいホルモンの違いで、体重の減少幅に差はでますけど、
それでも男性の減量幅の3分の2~4分の3程度は努力でカバーできる減量幅です。

私は約1年で40kg体重を落とせましたから、女性でも25~30kgの減量は
無理のない範囲で十分可能といえます。

超肥満体型なのに1年で12kg目標なんて上記のことを考えると、
小さくまとまりすぎだと私は感じるのですが、皆さんはどう感じますでしょうか(??)

ダイエットを頑張るからには最後までモチベーションを維持することが大切です。

最後に私のダイエット記録から減量幅と体脂肪率のデータを載せます。

1ヶ月目:113.4kg⇒105.6kg(-7.8kg)/34.1%⇒31.2%
2ヶ月目:105.6kg⇒101.6kg(-4.0kg)/31.2%⇒29.3%
3ヶ月目:101.6kg⇒96.9kg(-4.7kg)/29.3%⇒28.6%
4ヶ月目:96.9kg⇒94.6kg(-1.3kg)/28.6%⇒27.0%
5ヶ月目:94.6kg⇒89.5kg(-5.1kg)/27.0%⇒25.8%
6ヶ月目:89.5kg⇒88.7kg(-0.8kg)/25.8%⇒25.7%
7ヶ月目:88.7kg⇒86.3kg(-2.4kg)/25.7%⇒24.3%
8ヶ月目:86.3kg⇒84.3kg(-2.0kg)/24.3%⇒23.8%
9ヶ月目:痔の治療のため休養&記録なし
10ヶ月目:84.3kg⇒81.9kg(-2.4kg)/23.8%⇒21.9%
11ヶ月目:81.9kg⇒79.0kg(-2.9kg)/21.9%⇒20.1%
12ヶ月目:79.0kg⇒76.9kg(-2.1kg)/20.1%⇒18.2%
13ヶ月目:76.9kg⇒76.4kg(-0.5kg)/18.2%⇒18.3%
14ヶ月目:76.4kg⇒74.2kg(-2.2kg)/18.3%⇒17.8%
15ヶ月目:74.2kg⇒70.3kg(-3.9kg)/17.8%⇒14.7%

全て朝の計測です。
15ヶ月目は半月たった時点でダイエット終了したのでその時のデータ。

自分でどれくらいのペースで痩せようか困っているという方は、
このデータを参考にしてください。
ムリのない範囲で、有酸素運動、無酸素運動、食事管理を行った王道ダイエットの記録です。
そこらのムチャ振りダイエットのデータに振り回されるよりいいでしょう^^

途中体重の推移があまりないところは停滞期です。
これみればわかるとおり、停滞期は体重の減り幅関係なくきます。
それでも継続してダイエット活動をつづければまた減ります。

マイペースでダイエットを続けるとはこういうことなのです。
毎月確実に体重が落ちています。プラスに転向した月はありません。

+に転向した時点でマイペースではなく、

いい加減な手抜きダイエットになっていると自覚してください。

マイペースを言い訳にしたらダメってことですね^^

以上、参考になりましたでしょうか?

引き続きダイエット、肉体改造を頑張ってくださいませ^^b

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

私のダイエットQ&A

今朝の体重で74kgまであと少しといったところまできました><b

客観的にみれば太っていくなんてアホみたいにうつるかもしれません。

でも、何度もいいますが、外見を決めるのは体重ではなく体組成です。

「体重が重くても健康的な体型ならばそれでいいじゃない^^」

って、方針が私のダイエット理論なので、まだ余裕の体重です。

もちろん葛藤もあります。

けど、皆さんからのコメントで私の体型に「かっこいい」とかって言葉をもらえていることが
とても励みになっています。
外見の良し悪しは、自分で決めるのではなく、他者が判断するもの。
この言葉をもらえるうちは、ぶれることなく自信をもって太っていけます^^
これで立派な太鼓腹になったら笑ってやってください(笑)

コメントくださる方、また応援ポチッとさりげなく押してくださっている方本当にありがとう(T^T)
このご恩はカラダで返します^^

あ、へんな意味じゃないですよ^^;
画像をアップして皆さんの参考になるように今後も頑張るという意味です(笑)


さて、


ダイエット中の私の経験を聞かれることがよくあるのですが、
よく聞かれることをQ&Aで今回書いてみます^^


Q1.運動嫌いです。それでも痩せられますか?

A1.痩せられます。
   でも、運動しないダイエットではキレイに痩せられないでしょう。

Q2.食べるものできをつけたほうがいい点はなんですか?

A2.たんぱく質が多く含まれるものを中心に食べ、脂質は控えめにしましょう。
   炭水化物も控え目がいいでしょう。
   茶碗1杯150gを1回の食事で摂取するご飯の目安に私はしていましたよ^^
   あとは、炭水化物+炭水化物の食事にしないこと。
   たとえば、ラーメン半チャーハンセットとか…。
   お好み焼き定食とか。
   主食はたんぱく質、炭水化物をメインにしてはダメです。

Q3.具体的にどんなものを食べていましたか?

TS3V0008縺九>_convert_20120327195501120328_2301~01かいかい

A3.朝食は低脂肪ヨーグルト450g、豆腐300g、もずく酢を中心に食べていました。
   昼食は麺類が多かったです。たとえば、ラーメン、パスタ、そば…野菜を多めにしてです。
   夕飯はご飯は茶碗1膳、あとはたんぱく質中心のおかず中心に。揚げ物はめったに食べません。
   上記のような感じで1日3食です^^
   それにマルチビタミンとミネラルを袋の目安を参考にして摂取しています。
   今もこれらは飲んでいます。

Q4.どれくらいのカロリー摂取をしていましたか?

A4.体重計に表示された基礎代謝のカロリー程度、もしくはちょっと下くらいです。
   体重が減るにつれてこの数値は低くなっていくので、それを基準にして食べる量、リズムを
   調整していきました。比較的うまくできたと思います^^

Q5.ダイエットで減らした体重と体脂肪率、期間を教えてください。

A5.体重は113.4-70.3=43.1kg、
   体脂肪率は34.1-12.8=21.3%
   期間は1年3ヶ月ほどです^^

Q6.行ったダイエット方法はなんですか?

4992119994_78fb402105_m[1]

A6.上の画像のような目指す体型を決めた後、
   その体型を実現するための手段を考慮した結果、
images[5]

ビリーズブートキャンプ(初代)を選び2日行ったら1日休むペースで
行っていました。はじめの3ヶ月は基本だけ。
バンドを使い始めたのは開始してから1ヶ月後。  
行う前は毎回ナーバスというか、やりたくない気持ちでしたね^^;
だって、きついし、ついていけないし、隊長鬼だしーー;
それでも痩せたい思いで必死になってサボらず続けました^^v

それと平行して、ウォーキングを日課にして、1日8kmを90分かけて
歩いてました。時間を作るを苦労しましたねーー;
早起きしたり、帰ってきてから頑張ってました。
こちらもサボらず週5日程度行っていました^^

TS3V0009かい
TS3V0010かい

あとは上記のような記録をPCのエクセルを使い毎日つけています。
それで、2週間ごとの体重、体脂肪の推移をグラフで表してます。
記録の最後にはその日感じたことや、気づき(体型の変化など)を必ず書いています。
減量が終わった今もこの記録はつけています^^

Q7.ダイエット中、体調を崩したり病気になったりしませんでしたか?

A7.痔になりました(T^T)
   食べる量が少なかったので、どうしても排便に力が入ってしまい、
   あるとき「ビリッ」て感じで肛門が切れました…
   それに拍車をかけてのビリーだったので、改善するどころかどんどん悪化しました。
   今もその後遺症で肛門が切れやすい体質になっていますーー;
   その時の程度はどうあれ、一生のお付き合いになるとお医者さんからは言われています。
   今も排便時はナーバスですorz
   ダイエットは痔になりやすいです。私のようにならないためにも気をつけてくださいね^^;

Q8.ダイエット中苦労したことはなんですか?

A8.栄養バランスです。
   理想はわかっているものの、思うとおりにいかない日も多く、
   その次の日とかに調整したりをしていたもののちょっと面倒でしたねーー;
   サプリメント摂取でだいぶ助けられた感じです^^;
   あとは運動していて股ズレ、靴ズレや汗疹でしょうか。
   かゆいし、痛いしで初期はホント苦痛でした。
   体重が減るにつれてこれが緩和されていき、ダイエット開始して4ヶ月くらいたって
   からはそれらの症状はなくなりました^^
   靴は3足、ズボンは2着ダメにしました。靴はゴムが磨り減り穴があき、
   ズボンは汗で股部分が劣化して穴があいてパンツ丸見え状態でしたw
   今は体重が軽くなっているので、同じ運動をしてもゴムの磨り減りも多くないし、
   ズボンも股がすれることが少ないので、穴はあいていません。

Q9.ダイエットが終わってやってよかったと感じることはありますか?

A9.ありまくりです(笑)
   両親の遺伝形質なのですが、うちは高血圧+糖尿の家系のようで、  
   この2つが同時に発動したら確実に死んでしまいますーー;
   実はダイエット始める前は弟と私の体重が同じくらいだったのですが、
   両者ともにダイエット開始。途中弟挫折。私は継続。
   結果、弟は体型変わらず、ついに糖尿と診断されてしまいましたーー;
   それなのに改善しようとせず、未だブクブクと太っていますーー;
   そのうち死ぬでしょうね…お気の毒に。言っても本人にやる気がないというか
   食べるものを制限するくらいなら死んだほうがマシとかぬかしておりますーー;
   見事なまでの○ブ根性。もう筋金入りですよ^^;
   家族全員お手上げ状態、勝手にしろという感じです。
   一応、本人は少しは気を使って食事をしているようにも見えますが、
   普通の人の食べる量より上なのでそれでも全然ですーー;
   私もダイエットを投げ出していたらと思うとちょっと怖いですね^^;
   ホント頑張って手遅れになる前に肥満から脱出できてよかったですよ><b
   健康ってホント大切です^^


以上、他にも聞かれたりする質問もありますが、
ながくなるからこの辺で^^;


9/15の食事

 9:30 プロテイン+低脂肪乳、バナナ
11:30 プロテイン+低脂肪乳、バナナ
14:30 グリルチキンバーガー
18:30 肉まん
21:00 たこ串、つぶ貝串、プロテイン+低脂肪乳
22:30 秋刀魚刺身、ステーキ(もも)、トマト、ひじき煮、ご飯4膳、梨
 2:00 プロテイン+低脂肪乳

合計:3600kcal
消費:3000kcal
たんぱく質:170g
運動:なし

↓クリックしていただけると励みになります。
また、このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村にほんブログ村 体重3桁(100キロ超)のダイエット
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。