スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院中、一番つらかったことーー;

筋トレを最後にしてから半月…

もういい加減ツライです><
そろそろお尻の傷も癒えてきている頃だし、
なんとかならないものか(・◇・;)

とはいっても、未だにウォシュレットが傷口にあたると痛むーー;
ガーゼを当ててもすぐ傷口からでる体液で汚れる。

はあ…orz

TS3V09440001.jpgTS3V09470001.jpg


なんか小さくなってきたというか、
普通の人? うん、それに近づきつつあるようなーー;

太っていた頃より全然マシだけど、
日に日に普通化していく自分のカラダを見ているのはなんか切ないです…
筋トレ再開すればすぐ休養前の状態に戻れるとはわかっているんですけどね^^;

TS3V09490001.jpg

お腹に脂がのってきました。
腹筋に厚みがあるから引き締まった感じでお腹が出てますけど、

TS3V09500001.jpg

わき腹が残念!

シェイプアップしたところでございます(笑)

腕に力を入れても…

TS3V09510001.jpg

迫力ねえええ!orz

ま、仕方ない。
もうちょっとの我慢です。

体重は現在75~76kg。
ここらへんは相変わらずですが、体組成がが大きく変わっていないか心配です。

人間何が起きるかわからないから、
こういうことが原因で挫折しないようにしないとです^^
頑張ります。


さて、

今回は再び入院していたときのお話です。
管理人の恥ずかしかった話を聞かせましょう^^;

何の手術でもそうだと思いますが、手術をするとしばらくは絶対安静にしなければならず、
私も例外ではありませんでした。ご飯も食べられないから、

TS3V08200001.jpgTS3V08230001.jpg

こうして点滴で栄養や抗生物質を体の中にいれている状態。
動けません。

入院前に心配だったことは、

こういう動けない状態のとき便意を感じたらどうすればいいのか?

ということでした^^;

結果的に手術する前に浣腸をしたので、大便をしたくなるということはなかったです。
しかし、浣腸はヤバイですね。
看護士さんに「お浣腸しますね^^」といわれて「5分くらい我慢してからだしてください」と
言われたのですが、5分待たずに限界がきました。時計で時間を見ていたのですが、
2分30秒で限界@@;

勢いよく便が出るイメージを入院前はもっていたのですが、
そんなことはなかったです。普通にでる感じでした。下痢でしたけどね^^;

それを流さず看護士さんに見せるわけです。
恥ずかしかったです(T^T)

手術後は万が一のためにオムツをはかされました。
もう下半身はスッポンポンで看護士さんにいじられ放題。
こうなると恥ずかしいとかそういう感情はわかなくなります。

もう好きにしてorz

と観念の心になりましたわw

で、

大便は心配なかったんですが、小便は普通にしたくなります。
でもベッドから動けない。

それで選択として、

①尿瓶にする
②尿管(カテーテル)を膀胱に入れる

この2つになります。
最初の問診のときに管理人は尿瓶を希望したのですが、
その時はOKもらったものの、手術前になんだかんだで説得されて、
尿管を通すことになりました。

術後、麻酔がきいているうちに入れられたので、それに伴う痛みはありませんでした。
もし、尿瓶を選んでうまく自分でできない場合、強制的に尿管を通すことになります。
この場合、麻酔がきれかかっている頃になるので、入れる時かなり痛みを伴うそうです。
痛みにチキンな管理人はそれを聞いてビビり、尿管に同意したというわけ(笑)

尿管は男性の場合、おち○ちんに入れるので、麻酔がきれてくると違和感というか、
やや痛みが発生します。そこまで気になるものではないんですけど、自分の大事な部分に
そんなものが通っていると思うと気分はブルーになりましたorz

TS3V08240001.jpg

↑は尿管を通って出ている私の尿がたまった袋です。
18時間で600mlくらいたまった次第です。
尿管を通すと直接膀胱から管を通して尿が排泄されるので、尿意を感じることがありません。
ちょろちょろと出ていましたね。


そして、問題は麻酔が切れたあと発生します。

普通、健康な男性ならば何も意識していなくても日に何度か勃起現象が起こります。
これは男性特有の血流をよくする自然現象なので特別変なことではないです。

しかし、勃起は射精のための準備状態でもあるので、血液がたまる結果、
男性固有物自体に力が入ります。
まあ、あれです。皆さん、想像つくでしょ^^;

そこらへんは管理人も年齢以上に元気な部類ですから心配になり、
お医者さんに相談したところ「大丈夫ですよ^^」ということでした。
実際、麻酔がきれてから何度か元気になっちゃいましたが管を通してるから特別痛むという
わけではなかったです。ただ、ちょっとズキズキしたのでいつもよりすぐおさまりました(笑)

で、

手術翌日の朝。
尿管を看護士さんが抜く作業がありました。
尿管つけたままだと立てませんからねーー;

そして、恐れていたことがw

尿管を外すということは管理人の男性固有物に直接触るということです。
男性ならお分かりいただけるかと思いますが、自分の手ならともかく、
他者が自分のものに触れるというのは危険行為です。

案の定、

勃起しちゃいましたorz

ひいいいいいw

とメチャクチャあせった自分がいました@@;
でも、看護士さんは普通に作業していました。

これは私だけではなく、他の皆さんも普通にそういう状態になったりする場合もあるので、
看護士さんにとっては別になんてことのないことなのだと思います^^;

さすがはプロです(笑)

イメクラだとこの後、抜く…(ry)

…コホンッ

エッチな発言はダメですにゃ! ビシッ(^^;)\(--)

でも、

元気な下半身もすぐ萎えました。
だって、

超痛かったから!@@;

入院中、一番痛かった思いをしたのはこの時です。
とにかく痛い><

抜いてからも痛いorz

しばらくして、尿意を感じたのでトイレにいってお○っこしたら、

激痛が^^;

尿道が焼けるように痛いんです。
この状態が2日くらい続きました。
原因は、尿管を通した結果できた尿道内の小さな傷だそうです。

そして尿管を外して初めてした尿には、微妙に

血尿が@@;

うっすら程度でしたけど、初めての経験だったのでビックリしました。
おまけに最後は尿ではなく、泡が「ぶしゅううう」っと出てくるw

これは、膀胱に尿管を通した結果、膀胱内に空気がたまったために起こる現象だそうです。

それで、凄く痛かったので、お○っこを我慢しようかと思ったら、
我慢すると膀胱炎になるから水をたくさん飲んでどんどん出してくれということでした。

鬼か!w

おかげで痛い思いをしながら2~3日お○っこに耐えていました。
術後の大便するときよりも痛かったんだから(T^T)

もう2度と男性固有物にカテーテルは通したくないと思った管理人でした^^;

皆さんも、これから先、入院手術ということもあるでしょう。
その時はある種の覚悟をもって生理現象と戦ってください。

管理人はなんとか生き残りましたぞ!
大丈夫、なんとかなるから^^

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
スポンサーサイト

痔の入院と費用

焼肉食べてきましたよ~^^
美味しかったです(T^T)

退院後の初めてのご馳走。
給料日前だけど、いいよね^^;
…付き合ってくれた同僚に感謝><b


さて、

今日の午前中は病院へ。
手術の経過チェックです。

結果は良好。
順調に回復しております。
あと1週間もすれば運動しても大丈夫だろうというお話でした。
また、1週間後に病院にいって、そこでも問題なければ筋トレ再開です^^

これ、肉体改造実践ブログですから、
管理人がそこは頑張らないといけません。
結局、あーだこーだ言ったところで、言ってる本人に説得力がなければ
見ている側には響かないと思うんです。
それは結果を出せた者にしかできないこと。
だから、頑張る。それだけです^^

それでですね、

痔の手術に伴い6泊7日で入院した費用の精算を今日行ってきました。
退院日が休日だったため会計処理が今日になった次第です。

結論からいうと、

1週間の入院でかかった医療費(食費込)は、

58230円でした。

最初に入院保証金として10万円納めましたが、その中で収まった次第です。

管理人が行った手術は、

TS3V09320001.jpgTS3V09330001.jpg

裂肛(切れ痔)と、それに伴う痔ろうの根治手術。
状態によって手術方法はいろいろあるそうで、切ってみないとわからないと最初に説明されました。
結局、裂肛切除と切開開放術という一番合併症、再発率が低い手術ですみました。

TS3V09360001.jpg

↑こんな感じね^^
小さすぎてわかりづらいと思いますがーー;

費用の内訳をみると一番かかったものはなんといっても手術代。
37500円でした。

その次にかかった費用は麻酔代。
脊椎麻酔という方法の下半身麻酔だったんですが、それが10930円。
…この中にはおチ○チンに入れた尿管(カテーテル)の費用も含みますーー;

1週間の病院食の費用は9260円。
栄養管理がしっかりしていて1日3食でこの費用ですから安いほうじゃないかな(・へ・)

あとは細々とした費用が積もり積もって、
合計の金額です。

もちろん薬代も退院後の分としてもらったものも含みます。

TS3V09340001.jpgTS3V09350001.jpg

う~ん、

痔はデリケートな病気です。
一生懸命努力して、生活改善をして、痛みに耐えつつお薬で治そうとしても
治らないときは治りません。3ヶ月を目安に治療に励んで改善の傾向が見られないなら
おとなしく手術に頼ったほうがいいと思います。
薬で治らないのに通院して、頑張ってもお金の無駄遣いです。

これは痔の痛みと1年以上戦ってきた管理人の経験談^^;
3ヶ月過ぎた時点で手術をしていれば医者代と薬代で1万円以上抑えられましたorz
昨年末に行った応急手術も必要なかったろうしーー;

結果として、なんかものすごく損した気分。

痔にも種類がありますし、進行度によて手術方法も違うので、
入院手術代の全てがこの金額になるわけではないでしょうけど、
思ったほど高い金額になるようなものではないようです。

日帰り手術でOKな病院でも、3万円前後はかかるのが相場らしいですから、
普段ゆっくりできないお疲れ、不摂生生活の方には入院手術のほうが体調を整える上で
いいかもしれません。

痛みに我慢することが偉いわけじゃない。
痛いとき、苦しいときは素直に病院の先生の診察を受け、言うことをききましょう。

最後に、

痔は専門の病院で必ず診てもらうこと。
大きな病院でも外科で診てもらえますけど、外科の先生は痔の専門家ではありませんので、
誤診することも十分考えられます。管理人も最初切れ痔でなく、外痔と診断され、
次に内痔が悪化したものといわれ、病院を変えて今のところになって初めて裂肛診断されました。
そこらへんは注意したほうが無難です。

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

理性と本能

痩せたいならば食事管理をすることが大前提ですが、
皆さんは上手に自分をコントロールできていますか(??)

ムリは精神衛生上よくありませんし、逆に食欲を刺激する結果になるので、
つらくなるだけです。
食欲を上手にコントロールすることが理想体型の近道といえます。

簡単に言うと

食べたいものは食べるべき」ということです。

それができないとどうなるか?

今回はそんなお話。

TS3V08510001.jpg

↑入院先の病院で外出する際に書くものです。
私にとってこれは、

プラチナチケットでした(笑)

手術を伴う入院の場合、傷口への影響からなかなか外出許可をもらえません。
外出許可をだして、その患者さんに何かあったら病院側はシャレになりませんから、
とても慎重なのです。

私も痔の手術とはいえ、大きくとらえると大腸手術に入るわけですから、
外出したいとお願いしても「ダメ!」といわれることが多かったことーー;

患者さんの義務として治療に専念するというのもありますけど、
お尻以外は健康体である管理人にとっては、病院の中だけでは退屈でしょうがない。
ずっとベッドの上で特にすることなくジーっとしているのは苦痛です。

お願いしまくってたら入院4日目と5日目だけ短時間の条件付で外出許可をもらえました。
2~3時間程度でしたけど、外に出られるというのはそれだけで幸せでした。

外出理由は「散歩と買い物」。
理由なき外出は認められませんから、いかにそれらしく理由をつくるかも大切ですw

4日目は食事制限があるので、病院食以外は口にできません。
そんな中、駅近くのショッピングモールに出かけたら美味しそうなものがいっぱい@@;

食べたい!

でも食べられないorz

お金がないわけでもないし、手を伸ばせば買えるのに食べられない。
これってある種の、

拷問ですorz

病院食は栄養満点で美味しいとはいえ、献立は決まっていますから、
自分が好きな食べ物が出るというわけではありません。
満腹感は別問題でもあるし。

また、1日目はうどんと飲み物だけ。2日目は何も食べられず。
3日目と4日目は消化のいいお粥とおかずだけ。
テレビを見ていると美味しそうな料理がいっぱい。

食べたいと思う気持ちがつのるばかり。

悔しい思いで、病院に戻りました(T^T)

そして5日目。

ついに食事制限解除。
病院食以外でも食べたいものを食べてよしということになりました。
ただし、胃腸が弱っていることと、傷口への影響を考慮してたくさん食べちゃダメと
いわれました。
おやつに饅頭1個とか、アイス1個とか、パン1個とか、その程度にしておけという感じ。

頭では理解できるんですけど、それまでの食にたいするストレスが本能に蓄積されている状態。



……

………やっちゃいました。

フードファイトです!@@;

5日目の外出可能時間は2時間。
これをフルに活用して食べて食べて食べまくりーー;

最初に、たこ焼きを8個食べた後、パン屋さんの試食コーナーにあるものを
バクバクと鷲づかみ。お一人様1つにしてくださいなんて知ったことかという勢いw

その後、ロッテリアにいって、ハンバーガーとシェイクとチキンスティック。
TS3V08700001.jpgTS3V08710001.jpg

それでも満足できず、近くの喫茶店を通りかかると40周年記念なる看板が。
TS3V08720001.jpg

そして、スパゲティーとカレーライスを注文する暴挙にでました(==)

TS3V08740001.jpgTS3V08750001.jpg

これでようやく食欲が落ち着き、病院へ。
もちろん、

自分土産持参です^^

TS3V08970001.jpgTS3V08980001.jpg

それでもあきたらず、病院の喫茶店で、

TS3V08640001.jpg

ゲットだぜ!

ナースステーションで外出証明を渡して病室に戻ろうとすると

「今日はどこまで散歩にいかれましたか?^^」

と聞かれたので

「駅前ですう~」

とシラっといって病室へ。
そしてすぐ夕飯を食べました。

単純に考えて約2時間で、たこやき、ハンバーガーセット、スパゲティ、カレーライス、お菓子、
ジュースを平らげた上に夕飯も残さず食べるという偉業を成し遂げたわけです(笑)

そして翌日…

お腹が痛い!orz

排便も硬いし量も多いorz

ひいいいいいいw

という結果にorz

でも、フードファイトして腹が痛いなんてバレたら絶対叱られるし、
ヘタしたら入院生活が延長になりかねない><

お医者さんの意見は正しかった。

看護士さんの巡回でも笑顔をつくり痛みもなく問題ないと返答し、
お医者さんの診察でも体調は普通と偽る羽目に^^;

食事も残すとなんか言われそうなので、完食。

結局、夕飯の時間まで腹痛に耐えておりましたorz
残っていた自分へのお土産は友人に食べてもらいましたーー;

そして予定通りの退院となった次第です。


管理人は特別意思が弱いというわけではありません。
意思が弱かったら今の体型になんてなってませんからね^^;

そんな鉄壁の意思を持つ管理人でさえ、衝動的本能には勝てないこともあるのです。

食は生きる基本行動。
食べ過ぎても食べな過ぎても最終的に自分へとかえってきます。

だからこそ、自分が手に負えなくなるような本能が表にでないよう、
対処行動が大事なのです。
減量中でも我慢せず食べたいものはミニマムに食べ、性欲の処理も適当にする。
自然体ダイエットというべきでしょうか。

管理人はそういうことがストレスのない生活がダイエット成功の鍵だと思います。

どんなに効果的なダイエット方法でも、それがその人の本能に反することが強いなら
殆どの場合、失敗するリスクが高くなります。
それじゃ、体型を変えるために頑張っている自分がかわいそうです。

皆さんは上手に自分をコントロールしてくださいませ^^

なお、入院中痩せなかったのはこの暴食が原因じゃないかと思う方もいるでしょうけど、
管理人は入院生活中でもストレッチや軽めの運動、院内歩行、入浴による代謝の底上げなど、
できる範囲のことをしていました。
…ホントはダメなんですけどねーー;

また基礎代謝も年齢、性別、身長、体重を考慮したものより
普段トレーニングしている分、普通の人より高めです。

それらを積み重ねて考えるとフードファイトで摂取したカロリー程度
なら問題ないといえるんじゃないかなと勝手に思っております^^

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

入院中の病院食

それでは、具体的に管理人が病院でどんな食事をしていたのかを紹介します。
1週間の献立表ももらったのですが、私の場合常食が5日目からだったため、
殆ど載っていませんでした><

それでも、ある程度ならダイエットしている方にも参考になるかと思います^^

病院食は3大栄養素とビタミン、ミネラルをバランスよく1日トータルの食事の中で
コーディネートしていました。
食事の時間は

朝食:8時
昼食:12時
夕食:18時

でした。なお、管理人の入院先は入院患者は午後1:30から診察のため、
外出許可をもらえても、外に出られるのは2~3時間程度。
それに加えて、外出許可もなかなかもらえません(理由がないと外に出られない)。
管理人は1週間の入院生活で外出許可をもらえたのは2回。しかも短時間。
元気な人にとっては、退屈で仕方ない入院生活ですーー;

1日のトータルカロリーは1700~1800kcalが基本で、これに性別、年齢、体格などを
考慮して主食の量がきまります。ですから私の場合、もう少し摂取カロリーは多めだったみたいです。

病院食は基礎代謝分+病院での生活代謝分

と思っておくといいかもしれませんね^^

1日目/

昼食:素うどん
夕食:流動食

TS3V08100001.jpgTS3V08180001.jpg

入院は11時からだったので、昼食からです。
マジでうどんだけw 足りんorz
夕食も翌日が手術だったので、飲みものだけ。
ちなみに、コンソメスープ、りんごジュース、微糖の温かい紅茶でした。
なお、こちらは手術前の特別食なので、献立表には記載されていません。
だからカロリーとかわからんけど、大体想像つくでしょ^^;


2日目/

手術後のため絶食orz


3日目/

朝食:×
昼食:5分粥、ねぎと豆腐の味噌汁、ニンジンと大根の煮物、さわらの唐揚げ、桃(缶詰)
夕食:5分粥、澄まし汁、ササミのねぎ醤油タレ、ニンジンとジャガイモのサラダ、
   加糖ヨーグルト、みかん(缶詰)

TS3V08310001.jpgTS3V08350001.jpg

朝食は点滴のためありませんでした。
昼食から5分粥と一緒に消化にいいもの中心におかずもでました。
入院の流れではただ「お粥」としか書いてなかったので、期待していませんでしたから、
超幸せでしたw
夕食も5分粥です。1週間を通して振り返るとメインのおかずはお魚中心で、お肉はあまり
でませんでした。でても、鶏肉が多いですね。脂質がほとんどない部位のものです。
脂質は植物性のものが中心でした。

TS3V08320001.jpg

これ5分粥ですけど、ご覧の通り、お米の原型が崩れています。
胃腸には優しいですよね^^


4日目/

朝食:全粥、油揚げの味噌汁、厚揚げ、ジャガイモとニンジンの炒め物、たいみそ、加糖ヨーグルト
昼食:全粥、たまねぎの味噌汁、鶏団子の野菜あんかけ、サラダ、ヨーグルト
夕食:全粥、金目鯛の煮付け、煮物、カリフラワー、りんご煮、たいみそ

TS3V08370001.jpgTS3V08470001.jpg
TS3V08520001.jpgTS3V08380001.jpg

ご飯が5分粥から全粥になりました。
ご覧の通りおコメの原型がそのままです。
そして「たいみそ」ですが、

TS3V08390001.jpgTS3V08500001.jpg

私は最初に「漬物が食べられません」といっていたので、
漬物の分をこれで代用していたみたいです。他の方の食事を覗いてみると、
たいみそではなく、梅干やたくあんなどがトレーに並んでました。

昼食の鶏団子は全て鶏のひき肉に豆腐をまぜてありますね。
たんぱく源で考えると肉だけではなく、植物性もあわせてとれるので
非常にバランスがよいといえます。ダイエットしている方にはこういう
ハイブリッドなカタチでのタンパク質補給がおススメです^^


5日目/

朝食:米飯、味噌汁、炒り卵、ニンジンとじゃがいもの煮物、ほうれん草のおひたし、牛乳
(524kcal、タンパク質20.7g、脂質14.3g、総繊4.3g、食塩2.3g)
昼食:米飯、中華スープ、ナスのはさみ揚げ、サラダ、中華風あえ、みかん
(641kcal、タンパク質21.7g、脂質22.6g、総繊6.2g、食塩3.3g)
夕食:米飯、魚の生姜煮、たいみそ、青菜と厚揚げの炒め煮、バナナ
(520kcal、タンパク質27.8g、脂質9.4g、総繊5.4g、食塩2.1g)

トータル:1684kcal、タンパク質70.26g、脂質46.21g、総繊15.95g
     食塩7.91g

TS3V08560001.jpgTS3V08650001.jpg
TS3V08760001.jpg

ご飯が普通に炊いたものになりました。
5日目から食事制限解除です。病院食以外でも食べてOK^^
病院食のご飯はちょっとかために炊いている印象です。
てっきり、お年寄りもいるからベチャって感じを予想していたので、意外。

TS3V08690001.jpgTS3V08770001.jpg

お昼に食べたナスのはさみ揚げですが、ソースの子袋が添付してあったのでかけたものの、
ナスが大きすぎて(なぜに丸ごと1本×2@@;)味が薄いーー;
ひき肉の量も少なめだったので、もの足りず。 

…これが引き金になりまさかの事態になるとはこのときは想像してませんでしたorz

そして、夕飯の魚の生姜煮ですが、これは鰆かなあ~(??)
けっこう歯ごたえがありました。そして、つけあわせにしっかりえのきなどの野菜も添えられています。
病院食は1つ1つは少量ですが、いろんな野菜がたくさん使われています。
健康的ですから、ダイエットをしている方もこれくらい少量ずつ毎食で野菜をとれるといいですね^^
一度に野菜を摂ろうと思うと量も多くなり食べるのが大変です@@;
ミニマムにわけていけば1食の野菜の量は少なくなるので苦労しません^^b

全体的にいえることですが、お魚は全て骨が取り除いてある状態で
調理されています。やっぱりそこは病院食です。


6日目/

朝食:米飯、味噌汁、厚焼き卵、煮物、みかん、牛乳
(558kcal、タンパク質22.1g、脂質14.5g、総繊2.8g、食塩3.6g)
昼食:とんこつラーメン、南瓜のサラダ、加糖ヨーグルト
(686kcal、たんぱく質27.5g、脂質20.7g、総繊7.2g、食塩6.6g)
夕食:米飯、魚のマヨネーズ焼き、付け合せ野菜、かぶの海老あんかけ、わかめとキュウリ酢の物
(449kcal、タンパク質25.3g、脂質10.5g、総繊2.8g、食塩1.4g)

トータル:1692.68kcal、タンパク質74.94g、脂質25.75g、総繊12.74g
    食塩11.57g

TS3V08790001.jpgTS3V08920001.jpg


すいません。
友人が夜にお見舞いに来てくれて、夕飯の画像撮り忘れましたorz

TS3V08810001.jpg

朝食の厚焼き卵は大根おろしがついてきたので、それを乗せて、添付で醤油の小袋があったのを
かけて食べました。

う~ん…

私は卵焼きには醤油はかけなくてもいいような気がしますけど^^;
でも、病院食ですからお手本どおりに食べてます。

TS3V08930001.jpgTS3V08960001.jpg

お昼にまさかの「ラーメン」です(笑)
病院食でも出るんですね@@;
栄養価を見ればわかりますけど、塩分が多いです。
私は汁は飲みませんでした^^;
しかし、とんこつラーメンなのに太麺だったんですよ。
そこが病院って感じ^^

そしてカボチャサラダ。
これが一番病院食の中で美味しく感じました。
自分でもつくってみたくなったくらいです。
材料をみると、カボチャ、たまねぎ、そしてレーズン。
機会があれば挑戦してみます><b


7日目/

朝食:チョコマーブル食パン、ミルクパン、オムレツ、野菜炒め、キウイ、牛乳
(609kcal、タンパク質22.1g、脂質24g、総繊5.1g、食塩2,2g)

TS3V09030001.jpgTS3V09080001.jpg

退院なので朝食のみです。
入院してから初めてのパン食です。
持つと温かいので出す前にレンジアップしたみたいですね。
ミルクパンとチョコパンの2つがでましたが、マーガリンとマーマレードジャムの小袋が添付して
あったので、それをつけて食べました。チョコパンはちょっとかたかったかな^^;

オムレツは卵だけかと思ったら中にちゃんとひき肉が入ってました。
小さいながらもそこは抑えています(笑)


以上、管理人の入院中の病院食でした。
こうしてみると、いろんな食材をバランスよく食べ、1度の食事内容で完璧を目指さず、
1日の食事の中でトータルの栄養を考えていることがよくわかります。

ここから学ぶに、減量ダイエット中、お昼ご飯を食べすぎたというなら、夕食を控えめにして
1日の栄養バランスを整えるなどの工夫が大切ということがわかりますね^^

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ


入院すると体重は落ちるものなの(??)

では、まずタイトルの答えですが、

結論、

人による!

というのが正解でしょう。

点滴での生活を余儀なくされる方や大柄体型の方はこの限りではありませんが、
標準体型内に収まっている方はまず殆ど痩せられません。
それは、

病院食は栄養管理がしっかりしているからです。
栄養管理とはカロリーも含めます。

入院前にはいろいろ測定があります。
体重、身長、年齢、性別などなど事前に病院側が個人情報を把握した状態で入院生活となるわけ。
結果、病院での食事は大方の献立は決まっているものの、
その患者さんごとに量や内容が若干異なったものになります。
おかずは食べられないものを除いて共通なんだけど、ご飯の量や状態がやや違う。

ちなみに管理人のご飯の量は1食あたり230gでした。

病院の栄養士さんて大変なお仕事だと思います^^;
個人個人に健康状態を考慮した内容で用意していくわけですからね~ーー;

尊敬できるお仕事ですよね、栄養士さん^^

ちょっと調べてみたら、栄養士さんは栄養士課程がある学校に入って、
最低でも2年間勉強しないと資格をもらえないそうです。
通信教育では栄養士さんにはなれません。
その後、数年間実際の職場で経験を積むと管理栄養士資格をとるための受験が
できるそうです。

私ももっと若くて今のように健康志向なら栄養士さんのお仕事についていたかもしれません^^

十分、若いだろうって?  

あっざーす!!(笑)

でも、私の夢はそこにはないので、今の方向で頑張ります。
将来、お金と時間に余裕ができたら、また学校に通って、
そういう資格がとれるといいなあ(・へ・)

何かを始めるのに遅すぎることなんてありません。

だから年齢制限がないのに、歳だからとあきらめるのはもったいないことですから、
皆さんも新しいことにはチャレンジする心を持ってくださいませ。
人間、あきらめた数だけシワが増えていくと思えばやる気にもなるはずw

60歳をすぎてようが、好きな人がいるなら恋愛を頑張ればよし!

…なんか例えがちょっと違うような気もしますが、
まあそんなことですよということで^^;

そしたらここで管理人の入院前後の体型比較↓

TS3V07800001.jpg ⇒ TS3V09020001.jpg

入院直前と退院前の今朝とった画像の比較。

痩せはしませんでした。
かわりに、

ちょっと太ったかな^^;

肉付きがよくなったというべきかーー;

病院食は栄養満点ですから、ろくにカラダも動かせなかった部分も含め、
細胞さんが日頃の疲れを一気に解消してくれちゃった感じ。
浮腫んでいるような気も若干しますね~@@;
体重自体は入院前後で差は殆どないんですよ@@;

ね?

病院食では痩せられない
というのがわかるでしょ?w


筋肉も動かなければ、しぼみますから尚更です。
メリハリなんて出せません。
これで体重が落ちたとしても見た目はイケテない感じになることが予想できるってもんです。
いい経験でした。

もう! またウエストがパワーアップだよ(T^T)
まだ運動禁止期間だし、ストレッチと入浴で誤魔化すしかないかなーー;

↓クリックしていただけると励みになります。
このブログのネット検索がしやすくなるそうです><b

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。