スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サボったり、サボらなかったり

さっき体重を量ったら83kg。

減っては増えての繰り返し。
旅行から帰ったときは「やばい@@;」と思ったんですけど、
短期間で体重が増えても節制心がければ落ちるのも早いですね。

途中で焼き肉食べ放題したりしましたが、
焼き肉じゃ沢山食べても太りません。
むしろお腹こわす(笑)

米や麺類多いのがやっぱり太る原因第一位なんでしょうな。

今はせっかくついた体脂肪を無駄にしたくないので、
このエネルギータンクを活用すべく、低炭水化物で高タンパクの食事管理を
しております。そして筋トレ。

その筋トレも以前ほどガッチリ毎日ってわけじゃないく、
週2程度になっています。もう1日増やしたいんですけど、
サボっちゃうんです。

体型管理以外にも考えることがたくさん増えたし、
仕事も期待に応えるためあれこれと動いてます。
それに整骨院もあるし。

仕事の日のプライベートタイムが、
もっと余裕あればいいんですけど…。
ない分、睡眠時間削ったりして捻出しています。

仕事、恋、体型管理。

どれが最優先かといえば、今は仕事です。
今月の予算達成は上司のチームでは一番最初にクリアしました。
頑張ればできてしまう。
…というより、負けたくないんですよ、ほかの同僚たちに。
男として。

男は仕事があってなんぼ。
特に私はそれに生きがいを感じています。
恋も体型管理も大事なんですけど、自分の力がどこまで通じて、
また、成長できるのか挑戦していきたいんです。

でも、それだけじゃ疲れてしまう、
それの癒しを求めるのが恋であり、体型管理でありと。

全部同時進行で頑張ろうって思っているんですけど、
私、器用じゃないんでどれかに集中するとダメっすな^^;

そんなこと言っても人生はすすんでいくので、
もっと強くならないと。

と、

カラダはブヨブヨしていたのが、痩せるにつれて
また引き締まっていっています。
ここで拍車をかけるべく、今日は個人輸入、つまり海外サプリメントを
久しぶりに利用することにしました。

グルタミンとクレアチン。

特に今回はグルタミンに期待しております。
きっつい運動後にはグルタミンが疲労回復や見た目の筋肉の成長に
貢献してくれるはず。

クレアチンはまだストックあるんですけど、
そろそろクレアチンも取り入れての筋トレに復帰してもいいウエイトになって
きたものですから、念のため注文。

個人輸入は円高だった頃と比べ、落ち着いた価格となっています。
費用削減のうま味もなくなってきました。
でも、サプリメント系の充実度は海外のほうが未だ先を行っています。
私は筋トレにおける定番アイテムしか注文しませんが、
コアなトレーニーはいろんなもの注文していますからな^^

筋トレ貧乏にならない程度に今後も利用しようと思っています。

もっと体型もかっこよくなりたいんだ~^^
おっさんだけど見た目にかっこいいジェントルマン。
そんなふうになりたいなあ。

そのためにも

体重×2のタンパク質、
低炭水化物、低脂質。

プロテイン、グルタミン、クレアチン、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの
サプリメント。

今は痩せつつ筋肉質キープが課題なので、
こんな感じの食生活を意識しております。

タンパク質を体重の2倍とるのはなかなかに大変です。
私の場合、約80kgですから160g程度の摂取。

これが難しい。
忙しい中、ローカーボ意識するとプロテインが欠かせません。
20~30gの摂取量になるように1日3回以上摂取しています。
早朝、出勤前、寝る前。
これに筋トレする日は前後にも。

MAXで1日5回くらいかな^^;

プロテイン消費量が1月あたり3kg。
価格にして1万円程度。
プラスして各種サプリメント。

今はジム行ってない、自宅筋トレだからなんとかなってますが、
ジム通いともなれば相当ですよね。
理想体型追求、趣味とはいえ、3万円も捻出するには、
一般サラリーマンは大変です^^;
お小遣い制をとっていたら、殆どが消える(笑)

現実考えると、働く男が理想体型を追求するのは、
ハードルが高い方が殆どなんじゃないかなあ。

筋トレを本格的な趣味とする人は生活にゆとりがないと
充実したものにはならない。
時間、お金、家族理解…

だから私は適当くらいがちょうどいい(笑)
身の丈にあったカラダづくりで十分です^^

あと8kgくらい体脂肪中心に落としたいので、
引き続き頑張ります^^


↓他の体重3桁ブログを見たい方、クリックどうぞ。
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

筋トレ+有酸素=最強?

パーソナルトレーニング。
直訳すると「個人鍛錬」。

日本では特定の個人に対して専門につくトレーナーを
パーソナルトレーナーといいますね。

最近は個人単位にスポットをあてた
トレーニングジムが普及しました。

有名どころだと急成長のライザップなんて完全個室制とって
マンツーマンでその人の理想とする体型になるための
ティーチングを行っています。

ただし利用料金も高い。
事実メインターゲットは富裕層。

塾でもそうですよね。
集合形式の授業よりも個別指導塾のほうが割高です。

体型や体質は人それぞれにあるし、生活習慣や性格も個人個人で
違ってきます。もちろん収入も(笑)

だから個人にスポットをあててトレーニングをする考えは
適切だと思います。

が、人間である限り、微妙な個体差はあれど、
痩せ方、太り方のメカニズムは変わりません。

で、あるなら、

高いお金を払ってパーソナルに挑戦するより前に
自分で自分を管理することを試みるのもいいと思います。

そもそも始めから他力本願というのは…ねーー;
頑張ったけどなかなか結果がでず困ってしまうというなら、
わかるんですけど…。

そもそも体型は自己管理の象徴であります。
まずは自分でカラダの基礎知識を学ぶのも悪くない。

プロに頼るのはそれからでも遅くないべ^^

さて、

パーソナルトレーニングで学ぶ基本は筋トレと食事管理です。
特に食事管理はスパルタみたいですね~。

実は私、過去に趣味の延長からパーソナルトレーナー職の採用説明会に複数
参加したりしています。
トレーナーの現実を知ってなるのは辞めました^^;
半端ないっすよ、トレーナーで生計たてるのって@@;
成功者なんて一握りです。あとは消えていく…
そんな世界。

それは置いといて、
その中で、仕事内容を通してお客様へどういうアプローチになるか教えてもらえました。

一番重きを置いていたのは「筋肉」です。
筋肉を活性化させること。これが理想体型へ近づく第一歩。

とある会社では被験者の希望が「体脂肪を減らしたい」だったとしたら、
始めの2~3週間は絶対に体重を落とさせません。
体重を落とさないようにしながら筋トレをしっかり行い、食事管理を
タンパク質メインにして徹底した糖質制限を実践させます。

体重は変化せずとも、2週間で体型が変わります。
同じ体重でも前後で体組成が違うんです。
筋肉量アップで体脂肪ダウン。

運動慣れしていないカラダだからこその劇的変化。

やっぱり体重を減らしつつ筋トレでは、
筋肉に十分な栄養素がいきわたらない分、
発達も難しいのです…

筋トレしながら痩せたのに思ったように筋肉質にならないっていう場合、
食事管理で失敗している可能性が高いといえます。

運動と食事と睡眠。
この3つのバランスが大切。
特に食事。これが一番重要。

同じ運動量、睡眠時間だとしても食事内容で
カラダに差がでます。

カッコいいカラダを目指すなら、筋肉を育てる意識をもつ。
これ基本^^

運動初心者だとどうしても体重気にしがちで、
減らいないと痩せていないと思う方も多いけど、
そうじゃないんですよ~。

筋肉量が多いほど、減量には優位です。
だから筋肉を育ててから痩せるというのは理にかなっているといえます。

私は中途半端だから参考にならないけど、
筋トレしながらある程度太って痩せるというのは、
効果的なダイエットといえます。
筋トレを趣味にしているような人はこの作業が定例行事となっていますから、
ダイエットを苦しいと思う方は少ないかもしれません。
筋肉を活性化させている分、痩せやすいですし。

今号のターザンにもそこら辺詳しくのってます。
ターザン流だと2か月しっかり筋トレした後、1か月有酸素を取り入れたものにする
3か月スパンの肉体改造レクチャーになってます。

これ、目を通しましたが初心者でもやりやすいかなと。
どこまで追い込むかは自分次第ですが、これ実践できたら
絶対痩せますよ^^

そもそも運動しなければ、肉体は老化の一途をたどり、
遅くなれば遅くなるほど不利にしかなりません。
10年運動から遠ざかれば2.5kgの筋肉の喪失。
これは(>_<)

でも大丈夫。

筋トレを鬼のようにしっかり行う習慣を身につければ、
理屈として失った10年の筋肉量を復元するのは1年程度で可能。

あくまで鬼のようにですからね(笑)
中途半端な筋トレでは2.5kgの筋肉量アップなんて
1年じゃできませんし、現状維持程度のものになるかと思われます。

ん~(´・ω・`)

とりあえず初期ビリーを1年週3日で負荷を限界まで行ってみれば
鬼レベルといえるでしょうか。

多分、1年ホントに継続できれば、
自分のカラダを自慢したくなるくらいには
男性ならなれるんじゃないでしょうか。

現にここに(-ω-)/

最近はお腹周りがみっともないのでとてもお見せできません(笑)

これやめないと↓
TS3V15500001.jpg

でもマイブーム><
なんでこんなに美味いんだ( ;∀;)
お取り寄せつけ麺が、冷凍庫からおいでおいでと手招きしておるw

しかし、

こういうのもダイエットしているからと遠慮してまったく食べないのは
よろしくない。食べたいときは食べちゃいな!( ゚Д゚)

その代わり、頭を使おう。

麺類は糖質→筋トレのエネルギー源は糖質

筋トレ=糖質相殺

食ったときはヘロヘロになるまで筋トレすれば言い訳です^^
もしくはその逆に筋トレ頑張って全身筋肉痛って時にでも(笑)
十分なタンパク質と合わせて摂取すれば疲労回復、筋量アップ間違いなし。

食べ物から得られる栄養素を知っていると
案外役立つんですよね~。

一度身についてしまえば一生ものですから、
時間あるときにでも料理本を読むのも
料理上手にもなるかもしれないし、いいかもしれない^^

今号のターザン1冊540円。
この価格でかっこよく、美しく痩せる知恵がいっぱいです。

筋肉って本当に面白いですね!
では皆さん(^.^)/~~~


↓他の体重3桁ブログを見たい方、クリックどうぞ。
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

筋トレとダイエット

皆さんは筋トレをどれくらいの頻度で行っていますか(??)

私は試行錯誤の末、自分にもっとも適した頻度は週2回の全身の筋トレと判断しました。
部位別に日をわけてトレーニングをして、筋トレを毎日の習慣にするというのもありです。

が、

疲労がたまる仕事である現在は、短時間になるとはいえ、
毎日筋トレを行う余裕はありません。

それでも仕事になれてきた今は、週2回の全身筋トレは行うと決めました。
時間は1時間30分程度かかってしまいますが、頑張って早起きして行っています。
すっかり腹回りがオッサン化してしまったので、痩せるためには一日の始まりである朝に
筋トレをして代謝を底上げした状態で日中を過ごすというのがベストだと判断した次第です。

筋トレダイエットで痩せたいならば、朝トレがお勧めですよ^^
筋肥大を最優先にしたいならば夕方が理想ですけど、社会人がそれを実現するには
ハードルが高いかもしれません。

いずれにせよ、

同じ筋肉への刺激は休養期間を設け、週2回は行わないと
なかなか体型へ影響しません。


それ以上でもそれ以下でも適切な休養期間になる場合は少ないです。
よっぽどハードに筋トレをして1週間くらいの休養をしないと
リカバリーできないくらいの状態に追い込めるトレーニーなら別ですが、
そんなストイックな方はなかなかいないものです。

全身筋トレ⇒3日間休養⇒全身筋トレ⇒…

くらいのペースで管理人は鍛えています。
ただし、休養期間でも軽めの有酸素や腹筋運動は筋肉に疲労を感じなければしています。

筋疲労中の有酸素運動は疲労回復を早める効果もあるし、
超回復中は基礎代謝が100kcal以上あがっているので、
このとき行えば痩せやすいのです。


腹筋は効かせにくく、回復の早い部位ですから、
腹がつりそうになっていなければ行っても問題なしという認識でいます。
ビリーの腹筋プログラムはどちらかといえば有酸素運動ですし^^

体力のない人にはお勧めできませんが、
管理人は朝のプロテイン摂取後に筋トレを行って、
再びプロテインを摂取して朝食はそれでおしまいにしております。

今はカラダにたまった糖質を使い切ることを優先しています。

お昼と夕食は糖質を含め普通に食べてます^^
だからこそ、朝からトレをしても糖質不足にならなくてすんでいるわけです。
夕食に糖質摂取控えている方は、朝トレするならプロテインとあわせて、
糖質の補給をしてくださいませ。
じゃないと燃費の悪い体になっていきます。

人間のカラダは摂取エネルギーを少なくすると、
どんどん体脂肪を貯めやすい体質になっていきます。


短期間で結果を求める人はハードに節制した食事になりがちですけど、
3食みんな置き換えダイエットなんてしたら逆に体脂肪の合成率があがっていきますよ@@;

人間には最低でも摂らなきゃならないエネルギー量と栄養があるわけです。
それを忘れた食事をしていたらダイエットは失敗します。

たんぱく質だけとっていれば、体が筋肉質になるなんてことはないのです。

たんぱく質を多くとれば、細胞組織の合成する力はあがりますが、ホルモン分泌が
たんぱく質だけだと促されないので、運動しても筋肉量の維持程度になり、
肥大発達は望めません。


とあるパーソナルジムではたんぱく質をメインとした食事にして、
徹底して糖質をカットした食事を顧客に強いて痩せさせます。

確かに見た目に筋肉質に痩せていくようにビフォアアフターをみると
思えるかもしれませんが、あれはダイエット前に糖質貯金があって、
それを使ってたんぱく質の同化のエネルギーを作り出しているわけです。
それに加えて、太っている人はもともとの筋肉量も多いわけで、
たんぱく質をメインにするような食事をしていれば、その量を維持しやすい結果、
筋肉質になってキレイに痩せたようにみえるだけ。

実際は厳しい食事制限で体脂肪が多く減った結果、
筋肉のディフィニションがあらわれたにすぎません。

筋肉の発達には多くの時間を要します。
2ヶ月で見違えるほど筋肉が発達するなんてこと、
いくら初心者が筋肉発達しやすいからといっても限界があるってこと。

2ヶ月で数十万もはらって10kg痩せるというのは、
私からするとお金のもったいない使い方だと感じます。

それだけ必死なんでしょうけどね^^;
気持ちはわかります(--)(__)

自分でダイエット管理がどうしてもできないって方なら、
そういう選択もありだと思います。
が、そこで学んだことを今後もいかさないと、
永遠にカモになるだけです。

ダイエット市場は数兆円市場。
そこに自力で痩せられない方がいる限り、手をかえ、品をかえいろいろと仕掛けてきます。

痩せたいというなら、読書をしましょう^^
たくさんの筋トレ本を読むといいです。
ダイエット本よりも筋トレ本のほうが解説が豊富で理論的。
そこで学んだ知識があれば、ジムに通わなくても、流行のダイエット方法に頼らなくとも、
いくらでもキレイに痩せられるダイエットを自力で行えるようになります。

ダイエットが他力本願になっている人は
永遠に理想体型には届きません。

なぜって?

夢や理想を実現するのは自分の力であり、
それは他人が決めるべきものではないから。
ダイエットは自己管理の世界なんです。


甘い言葉に迷わされず、自意識を常にもったダイエット、肉体改造を目指しましょう><b

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

フィジカルとスキル

「私、運動オンチなの^^;」

なんか漫画やアニメでメガネかけた女の子の設定にありそうなものですが(笑)、
運動オンチってどういうものなんでしょうね(??)

私は小6の時から中3までサッカーをしていまして、4年間のサッカー経験があります。
万年ベンチメンバーでしたが、それでもサッカーをしたことがない人たちと比べると
できる範囲に入ると思います。

体育の授業でもサッカーってありますけど、
そこで差が見られるんですよね。
野球がとても上手な人がサッカーも上手かというとそうでもないし。

この差は後天的学習要因にあります。

人の筋肉の割合は生まれたときの遺伝子によって、その割合が決められているので、
筋肉を刺激し、その繊維を太くすることでカバーはできます。
が、もともとその筋種の多い人と少ない人が同じトレーニングをしたとしたら、
前者のほうが発達が著しいわけです。

だからスポーツ選手はもって生まれた筋肉の質によって、
その潜在的力量が決定する面もあります。

筋肉の発達に具合だけに着目すると、努力で超えられない壁もあるってこと。
筋肉の美しさを競うボディービルなんかでは、もって生まれたフィジカルが強く影響します。
人によって、発達しやすい部位も違います(・へ・)

トレをして短期間でマッチョにかっこよくなれるような方は特殊なんですよーー;
普通の人は2~3年かかるフィジカルの変化が1年程度でなれてしまう。
うらやましい話です。

トレーニングを一生懸命行っているのに、なかなか肥大せずトレの方法に自信がない方。
焦ることはないです。半年から1年程度で筋肉で劇的変化が体型に表れているとするなら
それは才能です。
そういう方がいたとしたら、その努力を見習うだけにして、
自分のペースで正しくトレを頑張っていきましょう。

人にはそれぞれ個性があるってことです^^

ちょっと、話がそれましたが、
筋肉の質で運動能力のポテンシャルに違いがあるとしても、
技術がなければその力を十分に活かせません。

逆をいえば、フィジカルが不利でもテクニックを磨けば
それをカバーできてしまうことも多々あるよってことです。

何をしても運動オンチなんていう人は、本来存在しないんです。
技術がないだけで、そのテクニックを身に着けていけばそれができるようになる。

だから冒頭で例に出したメガネキャラに言いたい。

「お前の努力が足りないだけだろ!!
 気合いれろや!!」


なんてね(笑)

一卵性双生児を対象とした研究では、
筋力や持久力などのフィジカルな能力は遺伝的影響が見られるものの、
スキルの能力は学習要因の影響が大きいとされています。

昔、双子の兄弟の弟が不慮の事故でなくなり、残された兄が弟の夢を果たすために
素人に近い状態から努力を重ね、甲子園を目指す野球漫画が流行りましたが、
あの主人公設定は実に科学的データに基づいているといえます。
普通ならば、無茶苦茶な設定だと思うんですけど、「双子」って設定だから
それが可能なんです。
一卵性双生児は遺伝子的にも同じなので、そのスポーツに才能があったのなら、
努力次第で同じポテンシャルを発揮することもできるってわけです。
作者の方が当時から、そこまで知識があったかはわかりませんけどね^^

なお、スキルを伸ばすとするなら、小さい頃からその力を伸ばすことが理想です。
だから小6でサッカーを始めた私よりももっと早くからサッカーを始めた連中のほうが、
上手だったわけでw
フィジカルでは負けてませんでしたけどね^^

才能を伸ばすには英才教育をと考える人もいますが、それがスポーツにしろ、
カルチャーにせよ、スキルを伸ばすトレーニングという視点では、
間違いなさそうです。


なんて、自分で語ってきましたが、
自分に子どもができたらどうしようかな^^;

「この子にはこの才能がある」ってわかれば、それを磨かせたいのが親心。
でも、子どもがそれを好きになれない状態で続けさせるのはある種の虐待。
難しいですねーー;

やっぱり好きなことを思いっきりさせてあげるのが一番ですね。
テレビゲームはほどほどにw あと勉強はイヤでもしてもらわねばw

才能なくてもスキル的に習わせたい事が「書道」と「水泳」です。
字が汚くて苦労している自分の経験と、泳ぐ力は必要だと思います。
水泳と小、中の学習指導要領の範囲の勉強なら教えられそうかな^^

でも、保護者同伴が多くなる習い事はキツイですよね@@;
将来、自営業を始めるとしたなら尚更かもーー;

家庭、経済、子ども…

親はホント大変だと思いますorz

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

肥大の仕組み

以前の記事にもちょっと書きましたが、
筋肉を刺激して肥大を目指す場合、2つの要素が絡みます。

①筋繊維を傷つける
②疲労物質を蓄積させ、ホルモン分泌を促す

どちらも正しくトレをすると自然と満たす条件です。

筋肉は伸縮させると筋繊維が損傷します。
日常生活で腕を曲げたり伸ばしたりするだけでも筋繊維は傷ついているものなのです。
このとき、負荷がかかっているほど繊維の損傷は大きくなります。
そして回数を増やせば、内部へ深くダメージを与えることになります。

肥大を目指す場合、内部の筋繊維にまで十分刺激をいきわたらせることが重要だから、
「ベンチプレス80%1RM○レップ」というように「○レップ」繰り返しその動作を行うことで、
それが可能になるってわけですね^^
(「RMとレップ」は以前の記事に書いたので、わからない方は筋トレ考察のカテゴリ記事をみてね)

大きな筋肉ほど厚みがあるものなので、深部への刺激を考慮すると、
セット数を多くとる必要がでてきます。
だから、太く厚い脚の筋肉を肥大させるとするなら負荷がある重量でセット数を多くとる必要があり、
それがキツイと感じる人も多い。
私もそうなんですが、そういう理由で脚トレは苦手です^^;

デカい筋肉ほど念入りにトレをする

これが大切(--)(__)
「念入り」とはセット数もそうですけど、動作を工夫することも必要です。
例えば「胸」といっても上部、中部、下部というように筋肉をわけて考えることができます。
自重でトレをするなら胸を鍛える種目は「腕立て伏せ」が一般的かと思いますが、
これらを考慮して腕の幅をかえて行うほうが形の整った大胸筋への近道です。

チューブがあるとトレーニング種目にバリエーションが増えるので、
更に効果的です。

TS3V15080001.jpgTS3V15060001.jpg

管理人の大胸筋の土台は自重+チューブでの筋トレです。
ジムにいかなくとも工夫次第で見た目カッコよく筋肉に厚みを出すこともできます。
ある程度筋トレになれたら1つの種目だけでなく、他の種目にも挑戦して鍛えたい部位を
刺激できるといいですね^^


肥大を目指すなら、筋繊維を傷つけることも大切ですけど、
それを修復する作業を促すホルモンを分泌させることが必要です。

ホルモンが多く分泌すれば、負荷の軽い重量でのトレでも、
肥大が期待できます。

そのためにも刺激を与える部位を酸欠状態にさせることが重要です。
つまり血流を調整するってこと。
加圧トレーニングはこの代表ですよね^^
バンドをまいて血流をさえぎることにより疲労物質の分泌を促します。
疲労物質がでると成長ホルモンの分泌が加速されるので、肥大に効果的なのです。

ただし、加圧トレは肥大を目的とするトレであるように、酸欠状態を促すことが
筋力アップにつながると考えるのはやめときましょう。あくまで肥大。見た目のためのトレ。
筋力と肥大はわけて考えたほうがいいよってことです^^

自重だとスロートレーニングがホルモン分泌には効果的ですね^^
ゆっくりとした動作は血流をさえぎりますから、自然とホルモン分泌量も増えます。
スロートレーニングは筋肥大に主眼を置いたトレーニングでもあるわけです。

…ところで「スロートレーニング」って方法は知っていても、その意義をわかってるかな(??)
そのうち記事にまとめてみましょうかね^^;

トレで出た疲労物質は有酸素運動をすることにより血流がよくなり、
エネルギーとして消費されます。
成長ホルモン分泌後は疲労物質にはお役御免ということでなくなってもらいましょう。
貯めた状態で終って翌日以降に「疲労感が出てるからいい感じ^^」と思うのはよろしくないってこと。

トレ後はクールダウンとストレッチ。そして出来るなら軽めの有酸素運動。
疲労を翌日になるべくまわさないこと。
でないと、日常生活がキツイですよ@@;
必要最低限の疲労にとどめられるといいですね^^

そして、男性は筋肉を肥大させる成長ホルモンの95%は睾丸でつくられますから、
肥大効果を増やしたいならばトレと平行してそちらへの刺激も忘れないように(笑)

ただし、「成長ホルモンの分泌=疲労物質の分泌」と脳では理解しているので、
運動していなくとも射精後は疲労を感じるのが普通です。
だから、行為後の疲労感から男性はあっさり寝てしまうことも多いわけですね。
女性は理解しにくいかもしれませんが、男ってそういう生き物なんですーー;
怒らないであげてくださいね^^;

以上のことから、トレ前の射精行為は控えたほうが無難です。
やってもいいですけど、多分それまでの「今日は頑張るぞ~><」って気持ちが
一気になくなると思いますよ^^;
未経験の方は試してみるといいです(笑)
トレーニーにとってスキンシップとジョーク行為は夜寝る前が基本ということです^^

でも、運動していると性欲が強くなりますから、そのコントロールも大変ですよね^^;
中には「俺って変態なのかなorz」って悩む純粋な方もいるかもしれませんが、
それ、運動習慣がある人は普通ですし、自然界でもそれが当たり前。

発情的になることは自身のトレーニングがカラダに効いている、筋肉が育っているって
ことのあらわれなので、そんな自分の一面を感じたら歓迎してあげてください^^
あとは本能を理性でコントロールできればOK!

↓押していただけると、
うれしいボタン2つ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
プロフィール

旅人とむ

Author:旅人とむ
3×歳♂只今肉体改造挑戦中!
-40kg達成できました♪
次はマッチョ体型目指します><b
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。